インディゴの気分1話ネタバレ感想!見逃し配信とフル動画を無料視聴ならFOD【ポルノグラファー】

インディゴの気分ネタバレポルノグラファー

ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」第1話のあらすじ!!

ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」第1話について書きます!!

ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」第1話
数年前、一時は作家として成功した木島とポルノ小説の編集者として働く城戸が大学のゼミの先生の葬儀で再会。
その帰り道、一人で歩いて帰る木島を発見した城戸は車で木島を家まで送ることに。
木島の家に到着すると、木島はこのお礼にと「うちに泊まっていかない?」と言うのだった・・。

Sponsored Links
Sponsored Links

ちなみに、「再放送はいつ?」
ということですが、現在のところ未定ですね。

ただ「見逃し配信」でしたら後半に記載しておりますので、
見ていただければと思います。

また、フル動画を無料視聴ならFODがオススメでその理由も書きたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」の全話の動画をフルで無料視聴する方法です。

その方法は、FOD「フジテレビオンデマンド」という
フジテレビ公式の動画配信サービスとなります。

フジテレビオンデマンドでしたら、
プレミアム登録しますとドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」が見放題となります。

そして、気になるのが、たぶん、、、

登録よりも解約方法かと思います!!

フジテレビ公式の
フジテレビオンデマンド(FOD)は
登録も解約もカンタンです!!

登録方法及び、
カンタン解約方法は以下となります!

もちろん、お得に31日間無料視聴できる
アマゾンからの登録方法も、以下に記載しております。

⇒【FOD登録方法】3分でできるプレミアムの登録方法!
⇒【FODの解約編】最短2クリックの解約方法!

実際、見てくだされば分かりますが、
登録及び解約手続きはカンタンです!

ハニワくん

思ったよりも登録がカンタンだったでゴワス!

解約は、なんとたったの2クリックだよ!!

エイトくん


コスパ最高でオススメ!!ブヒ~!!

ブタチョキンくん

お得に利用しよう!
一度登録して、その後1ヶ月以内に解約すれば無料ですし、
もちろん、試しに登録するのもありです。
そのためのお試しの無料期間ですから !(^^)!

ハニワくん

無料登録期間に解約できるの?

もちろん、無料期間なら費用が発生せずに解約できるよ!

エイトくん


それなら気軽に登録して試せるブヒー!

ブタチョキンくん

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
      ↓ ↓ ↓ 

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑    
   
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」のあらすじについて】

私からのひとこと
木島の過去や城戸との出会いなどが明らかに!!

第1話のあらすじです!!

#1 運命は青藍のように

都心のバーで二人の男が呑んでいる。官能小説家の木島と、その担当編集者の城戸だ。
「なんとも説明しづらい関係」を漂わせる2人。いったい2人はどんな関係なのか――。
数年前、既にポルノ小説の編集者であった城戸は、恩師の葬儀で大学の同級生だった純文学作家の木島と再会した。2年間同じゼミであったにもかかわらず城戸の事を全く覚えていなかった木島は、城戸や友人の通夜振る舞いへの誘いを断り、足早に1人式場を後にする。
通夜振る舞いに参加した城戸は、式場を出て社用車で都心へ向かうその途中、道を歩く木島に遭遇する。帰りの電車賃が無く、歩いて帰宅するつもりだと言う木島を車に乗せ、城戸の車は都心へ向かって行く。
同棲していた彼女に追い出され、会社に寝泊まりしていると言う城戸を、送ってくれた御礼にと今度は木島が自宅へ招く。「有り難い」と木島の自宅に泊まらせてもらう事にした城戸は、そこで未納の振込票や督促状の束を目にする。出版社の担当と喧嘩別れしたという木島は、今まったく仕事をしていないという。創作にも行き詰まり困窮している様子の木島に、城戸は自分が担当している官能小説のレーベルでの執筆を提案するが木島は「ポルノは文学ではなく道具だ」と吐き捨てる。それでも「木島のファンだ」「書き続けて欲しい」と訴える城戸に木島の心は動き始める―――

引用:FOD

 

Sponsored Links
Sponsored Links

そしてキャストです。

キャスト
【出演】
竹財輝之助/吉田宗洋/猪塚健太/大石吾朗 ほか
スタッフ
■監督・脚本:三木康一郎
■音楽:小山絵里奈
■主題歌:鬼束ちひろ「End of the world」(ビクターエンタテインメント)
■企画・プロデュース:清水一幸
■プロデューサー:栁川由起子/齋藤理恵子
■制作協力:共同テレビジョン
■制作著作:フジテレビジョン
(C)丸木戸マキ/祥伝社 フジテレビジョン

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
      ↓ ↓ ↓ 

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑    
   
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」第1話のネタバレ】

官能小説家の木島と、その担当編集者の城戸はバーで飲んでいた。

そこで木島は春彦と付き合うことになったと報告。

すると城戸は驚き咳き込む。

そして城戸は「久住くんみたいなもの好き二度と現れないから、大事にしろよ」と木島に言うのだった。

その後二人はタクシーで帰ることに。

その車中、木島は「ちょっと飲み過ぎたかなぁ〜」と眠り城戸の肩に頭を持たれさせる。

すると城戸は静かに理生にキスをしようとしたが、木島が目を覚まし「ごめん」と言い城戸から離れる。

城戸は「何やってんだ」と心の中で思うのだった。

時は遡り数年前、城戸は大学時代のゼミの先生の葬儀に来ていた。

そこで大学卒業以来一度も会っていなかった木島の姿を見かけた城戸は喫煙室で理生に声をかける。

しかし、木島は同じゼミの城戸のことを覚えていない様子だった。

その後、木島は通夜振る舞いへの誘いを断って1人葬儀会場から帰っていくのだった。

木島は大学在学中に『インディゴの気分』という本で賞を受賞していて、その噂を聞きつけた城戸は半ばその本を馬鹿にしてやろうという気持ちで読むことに。

するとその本の内容の素晴らしさや木島の才能に打ちのめされてしまい、それを機に本を書くことを辞めて作家の夢を諦めてしまったのだ。

城戸は通夜振る舞いで参加した後、仕事を理由に途中で抜けて帰ることに。

友人と別れた城戸が社用車でラジオの交通情報を聴きながら都内に向かっていると、一人で道を歩く木島に遭遇。

慌てて城戸は車を止め木島に声をかける。

城戸は、帰りの電車賃が無いため歩いて帰宅しようとしていた木島を車に乗せ、木島を家まで送ることに。

Sponsored Links
Sponsored Links

帰りの車中で、木島に仕事について尋ねられた城戸はポルノ小説の編集の仕事をしていると話す。

そして城戸は同棲していた彼女に追い出されたため今は会社に寝泊まりしていることを話す。

そして木島の家に到着。

すると木島は送ってくれたお礼にと城戸に「良かったらうち泊まれば?」と言う。

木島はありがたいと思いその日は木島の家に泊まることに。

城戸が家に入ると木島は「家賃くれるなら住んでもらっても構わないけど」と言い城戸はここなら会社へも通いやすいかもと少し考えるのだった。

その後、城戸は先にシャワーを浴びさせてもらうことに。

シャワーを浴びる城戸は突然「木島ー!木島ーちょっと!木島ー早く!」と木島の名を叫び呼ぶ。

木島は何事かと風呂場のドアを開けると、城戸がシャワーからお湯が出ないと震えながら言う。

すると木島は「給湯器壊れててお湯が出ない」と言い、城戸は仕方なく水で体を洗うのだった。

風呂から上がった城戸は木島の服に着替えていると、テーブルの上に未納の振込票や督促状の束を発見する。

すると木島は出版社の担当と喧嘩別れして今は全然仕事をしていないことを城戸に話す。

すると城戸は「良かったらうちで書いてみるか」と自分が担当している官能小説のレーベルで本を書いてみないかと提案。

しかし木島は「絶対嫌だね!」とポルノ小説を書くことを断固拒否し「ポルノは文学じゃ無いよ、道具だ、くだらない消費物を書くぐらいなら作家なんかやめた方がマシだ」と城戸に言い放つ。

それを聞いた城戸はその木島の気持ちも理解した上で木島には本を書き続けて欲しいと訴え、次の作品までの繋ぎで良いからと木島を説得。

そして城戸は金銭面でも面でも木島の助けになるはずだと説得すると、木島は「どうしたらいいのか分からないんだ…これからどうしたらいいのか…」と思い悩んでいる今の気持ちを城戸に漏らす。

すると城戸はた才能に溢れ高潔でプライドの高い憧れの男・木島をぐちゃぐちゃにしてやりたいといい気持ちが芽生え「木島くんなら大丈夫」と言いポルノ小説の執筆を勧め、木島に酒を継ぐ。

そして木島は複雑な表情を浮かべながら、城戸と乾杯をするのだった。

以上が、1話のあらすじ&ネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

【ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」の第1話の感想等(ネタバレ含む)】

30代男性

ストーリーは☆☆☆☆【5段階評価】
オススメ度は☆☆☆☆

ドラマ『ポルノグラファー』では木島がポルノ小説を書き始めたきっかけなど木島の過去ついては詳しく描かれていなかったが、今回のこの第1話では木島がなぜポルノ小説を書き始めたのか、編集者・城戸との出会いのキッカケなどが描かれていた。

木島と城戸が大学のゼミの先生の葬儀で再会を果たす場面では、大学の同窓生が多くいるなか木島が一人でいる様子や城戸のことを覚えていないことなどから大学時代の木島は友達と遊んだりすることなく本の執筆にのめり込み打ち込んでいたんだなということがうかがい知れた。

城戸からポルノ小説を書くよう提案される場面では、木島はすんなりポルノ小説を書き始めたのでは無く、ポルノ小説を書くぐらいなら作家をやめた方がマシだと思うぐらいポルノ小説に対して拒否反応を示していたことが分かった。

城戸が木島に対して抱いた「ぐちゃぐちゃにしてやりたい」という気持ちはどういう意味なのだろうかと気になった。

今後どのように木島が本の作家として成功していくのか、また城戸との関係もどのように発展していくのか楽しみだ。

ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」の第1話の感想等(ネタバレ含む)でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

【再放送の予定は??】

現在、地上波での放送はなく、
ましてや再放送の予定はありません。

フジテレビの公式ページでも確認しましたが、
今のところ、地上波での再配信は行っていないようです。

なお、フジテレビオンデマンドは
スマホからアプリで簡単に視聴可能であります!

スマホアプリで、電車の中とかの隙間時間に
ドラマを見ることできますね!!

【ポルノグラファー~インディゴの気分~ ニュース】

BLドラマ『インディゴの気分』第1話に絶賛の声「すでに号泣してる」「色気だだ漏れてる」

男性同士の恋愛を描いて話題になったドラマ『ポルノグラファー』の前日譚となる『ポルノグラファー~インディゴの気分~』が、フジテレビの運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信中。#1の「運命は青藍のように」では、竹財輝之助演じる小説家・木島理生と、吉田宗洋演じる編集者・城戸士郎の“関係”の始まりが描かれた。

昨年、FODで配信がスタートし、フジテレビ系深夜帯の地上波でも放送された『ポルノグラファー』は、FODのオリジナルドラマとしては史上最速の視聴数100万回を突破。Twitterを中心としたSNSでの反響も大きく、今年2月に発売されたDVD&Blue-rayは、さまざまなセールスランキングで1位を獲得するなど、ネット配信のドラマとしては異例の売れ行きを記録している。

今回、新たに配信がスタートした『インディゴの気分』は、前作の主人公である猪塚健太演じる大学生の久住春彦と木島が出会う前の物語。祥伝社の漫画雑誌「on BLUE」に2016年8月から連載されていた、丸木戸マキの同名漫画を原作に、『ポルノグラファー』でも存在感を発揮した編集者の城戸と、小説家の木島による、“言えない”過去の物語が展開していく。

第1話の冒頭では、都心のバーで飲み明かす現在の木島と城戸が登場。木島は「付き合うことにしたんだ」と、久住との交際を城戸に告げる。城戸は「断言するけど、久住くんみたいなモノ好き、この先、二度と現れないからな。大事にしろよ」と祝福。紆余曲折を経て、現在は“なんとも説明しずらい関係”に落ち着いた2人。そして舞台は、その“関係”が始まった数年前に遡る。

ポルノ小説の編集者として働いていた城戸は、大学時代の恩師の葬儀で同級生の木島と再会。純文学の小説家として在学中にデビューしていた木島は、2年間同じゼミであったにも関わらず城戸のことをまったく覚えていなかった。

他の同級生から聞こえてくるのは、木島が投資に失敗して困窮しているという噂話。葬儀が終わり、茅ヶ崎の葬儀場から社用車で東京に向かっていた城戸は、電車賃がないので歩いて都内の家に帰ろうとしていた木島に遭遇する。

車で木島を家に送り届ける途中、城戸は3日前に同棲していた彼女から家を追い出されて、現在は会社に泊まっていることを木島に告白。木島は家へ送ってくれたお礼にと「よかったら今日うち泊まれば?」と城戸を家に上げ、さらに「家賃くれるなら住んでもらってもかまわないけど」と持ちかける。

木島のマンションに上がった城戸は、木島が出版社の担当と喧嘩別れし、今はまったく仕事をしておらず、創作にも行き詰まっていることを知る。そして、壊れた給湯器を買い換えることもできず、借金の返済も滞っているほど困窮している木島に対し、「よかったらうちで書いてみないか」と自身が担当する官能小説のレーベルでの執筆を提案。「ポルノは文学じゃない、道具だ」と吐き捨てる木島だったが、城戸からの「木島くんのファンなんだよ。やっぱりすごい才能あると思うんだよ」「俺、出てるやつ(小説)全部読んでるんだぜ。書き続けてほしいんだよ。もったいないよ」という言葉に心を揺らすのだった。

木島が、作家としての挟持やプライドを持ちながらも、「どうしたらいいのかわからないんだ」と思いを吐き出す様子に、城戸は冷静を装いつつも、「俺はぐちゃぐちゃにしてやりたくなった」と口角を上げる。かつて作家を目指していた城戸は、大学時代に木島の小説に圧倒され、その道を断念した過去があった。同情や嫉妬、憧れといった感情が入り混じりながら、2人の関係はスタートした。

SNSでは、「第1話ですでに号泣してるんだけど」「期待しすぎどころか期待の上の上の上のはるか上でした」「なぜこんなにも胸が締め付けられるのだろう? 城戸のどす黒い感情と木島の儚さ、安っぽい言葉じゃ言い表せないけど、想像通り、いや、それ以上」「城戸×木島の2人の間に流れる空気感がすごい好き。原作同様、色気だだ漏れてる」など、ファンからの声が殺到。

竹財や吉田の演技を称える声も多く、「『ポルノグラファー』より後に撮ったのに、木島理生がちゃんと若くて荒んでて線が細くてヤバイ。城戸はコメディパートを担いつつ放つ色気ヤバイ」「私の推し竹財輝之助の役者としての魅力と才能にあらためてホレボレしてる」などの意見も目立った。

また、キャラクターの心情を分析するファンや、「『インディゴ』1話見てからの『ポルノグラファー』エモみが増しすぎてる。これ『インディゴ』全話見たらすごいぞ」などの改めて前作を見直すファンも登場。さらに、すでにロケ地を特定して聖地巡礼を始めるファンや、登場キャラクターのイラストを描くファンなども現れ、早くも大きな盛り上がりを見せている。

引用:BLドラマ『インディゴの気分』第1話に絶賛の声「すでに号泣してる」「色気だだ漏れてる」

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
      ↓ ↓ ↓ 

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑    
   
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【最後に】

ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」につきましては、
話題になったドラマの一つとして注目しております。

その他、あらすじ&ネタバレ、
それに感想を書いてきたいと思います!!

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA