7人の夫2話ネタバレ感想!ドラマの感想は?ゆいPが7人の夫と暮らすシチュエーションがヤバい!

7人の夫 ネタバレ

【ドラマ「7人の夫 ―劇団ヘラクレスの掟 Next Stage―」の2話あらすじについて】

Sponsored Links
Sponsored Links

第2話のあらすじです!!

#2 2018/10/25放送 夫はつらいよ

7人の夫がいる朱美(ゆいP)と結婚しようと決意したはずのパウロだったが、実際に夫たちを目の前にすると決心が揺らいでしまう。
もやもやした気持ちのまま、いつもの通りに、正大の店でランチに訪れるパウロ。と、夫たちが集合していた。これからみんなで朱美さんと付き合っていくうえで重要な話があると、無理矢理輪に引きずり込まれる。
朱美とのデートでは、絶対決められたエリアから出てはならない。それは他の夫と出くわしてもめ事にならないよう編み出された、絶対のルール。・・・でも、会えば会うほど朱美への思いは募る。
「俺、やっぱり月曜日しか会えないなんて耐えられないよ」
朱美に胸の内を伝えるパウロだが。
「だったら別れようか」
今の関係を続けて行けないのなら、パウロと付き合うことはできないと。パウロが好きだからこそ、そうやって苦しむパウロが見ていられないのだと。
「ごめんね、勝手な女で・・・・・・」
朱美も自分を思ってくれていると知り、己を恥じるパウロ。
「残念なお知らせがあります」
急にアシスタントを辞めた霧矢は、弁護士・亮介の説得を受け入れず、正式に訴えを起こすことにしたという。パウロに乱暴され腕が上がらないと・・・。
「言いがかりです!」
と、そこへ他の曜日の夫たちがガヤガヤとやって来る。その能天気な態度に、思わずムッとなるパウロ。彼らに会ってから、自分の人生がおかしくなっている。みんなのせいではないのかと、ついには朱美への不満まで、怒りに任せて大声で吐き出してしまう。と、翔がパウロに詰め寄る。
「お前には朱美さんと付き合う資格はない!」。何も言えなくなるパウロで・・・。

引用:FOD

【ドラマ「7人の夫 ―劇団ヘラクレスの掟 Next Stage―」第2話のネタバレ】

パウロは、いつもの定食屋にいつものルーティンより5分遅れで来ていつものメニューを注文する。

席につこうとすると突然、翔と龍之介に「ちょっと来い」と腕を掴まれる。

その店には、翔、龍之介、マイキも来ていたのだ。

パウロは、昨晩突然帰ったことを龍之介に問い詰められる。

7人の夫のランキングに未だ納得していないパウロは龍之介と衝突する。

正大が間に入り、パウロにデートエリアの説明を始める。

パウロが、朱美とのデートで行けるのは覚王山のみらしい。

納得の行かないパウロだが、お互い鉢合わせしないための予防策で、夫たちを守ると同時に朱美に気分良くデートをしてもらうための策だと説明され納得する。

Sponsored Links
Sponsored Links

パウロは、土曜日の夫のことを聞くが、4人の夫にはぐらかされて終わるのだった。

朱美は、ヘアサロンに来ていた。

パウロは、朱美に「月曜だけしか会えないなんて耐えられない」と言うと、朱美は、「私の生き方は変えられない。これ以上パウロを苦しめるなら別れよう」と言う。

それを聞いたパウロは、朱美に謝り、愛を誓う。

そして、朱美を押し倒しいい雰囲気に。

すると、後ろから幽霊姿の他の夫たちがいる。

朱美の方を見ると、朱美も幽霊の姿に。

その後、パウロは目が覚める。

ヘアサロンには朱美は来ておらず、全部夢だったのだ。

ヘアサロンの女性客は、パウロと朱美の写真を見て、パウロが結婚しているのに自分に気のあるそぶりを見せたことに腹が立ち、パウロにビンタをする。

ドミンゴ法律事務所で、パウロは鶴田から元アシスタントの加藤が傷害でパウロを告訴することを聞かされる。

殴られ腕を怪我したという加藤の主張にパウロは嘘をついていると反論。

鶴田は、こうなった原因は加藤が朱美に好意を持つもパウロと付き合ってることを知り、その嫉妬だろうとパウロに言うと、パウロを睨みつけるのだった。

いつものパウロは定食屋に来ていた。

今日も他の夫たち4人が揃っていてパウロに話しかける。

しかし、パウロは「俺の人生めちゃくちゃだ」と自暴自棄になる。

パウロが、朱美の悪口を言おうとした時、翔が今のお前に朱美を愛する資格はないと激怒したのだった。

Sponsored Links
Sponsored Links

数日後、パウロは朱美とのデートで他の夫たちと決めたデートエリアの約束を破ってしまう。

そして、パウロは朱美に他の夫たちについて気になると言うのだった。

その後、朱美がパウロを励ますためにキスをする。しかし様子を土曜日の夫の吉田光に目撃されてしまう。

場所は変わり、ドミンゴ法律事務所。

鶴田は、パウロに加藤が訴えを取り下げたと伝える。

喜ぶパウロに鶴田は「ご友人に感謝してください」と言う。実は他の夫たちが協力して訴えを取り下げたるようお願いしていだのだ。

パウロは他の夫たちに感謝し、みんなでハカを踊る。

その頃土曜日の夫の光はパウロに復讐心を燃やすのだった。

以上が、第2話のあらすじ&ネタバレでした。

【ドラマ「7人の夫 ―劇団ヘラクレスの掟 Next Stage―」の第2話の感想等(ネタバレ含む)】

30代男性

今回の話の中でパウロはと他の夫たち4人との仲が深まった感じが見られた。
これまで他の4人の夫たちに心を開かず冷たい態度を取っていたが、他の夫たちがパウロへの訴えを取り下げるよう努力していたことを知り感謝するとともに、少しずつ心を開く様子が描かれていて良かった。
また、その後に夫たちでハカを踊る場面では、これまで一番パウロと衝突していてパウロのことをこれまで曜日で読んでいた龍之介が「パウロ」と呼びかけた場面では、男の友情の素晴らしさを感じた。
今回パウロと朱美のデートとキスを目撃した土曜日の夫が次回とうとう動き出すということですということで楽しみな反面、夫たちが土曜日の夫は恐ろしいといっていたのでどうなってしまうんだとハラハラする。

ドラマ「7人の夫 ―劇団ヘラクレスの掟 Next Stage―」の第2話の感想等(ネタバレ含む)でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

ニュース

おかずクラブ・ゆいPが出演する新ドラマ「7人の夫 -劇団ヘラクレスの掟 Next Stage-」(東海テレビ)が10月18日(木)より放送される。

「7人の夫 –劇団ヘラクレスの掟 Next Stage-」より。

「7人の夫 –劇団ヘラクレスの掟 Next Stage-」より。
このドラマは名古屋在住の総合エンタメ集団・劇団ヘラクレスの掟とゆいPがタッグを組む恋愛サスペンスコメディ。ゆいP演じる天真爛漫な女性作家・神宮寺朱美と、何があっても自分の生活ルーティンを変えないイケメン美容師・中村パウロをはじめとする7人の夫との奇妙な生活が描かれる。火曜から日曜まで各曜日に1人ずつ別の夫と日替わりで過ごす朱美の暮らしぶりはパウロにとって破天荒そのもの。彼は殺されたらしい前任の月曜担当に代わって夫ランキング最下位からこの婚姻生活に加わることに。

7人の夫と暮らす神宮寺朱美を演じるおかずクラブ・ゆいP(右)。

7人の夫と暮らす神宮寺朱美を演じるおかずクラブ・ゆいP(右)。
ゆいPは「正直まったく感情移入できない人で、まったく好きになれない自分がいますが、これから明かされる朱美の過去を知ったときに、今より好きになれるかなと思います」とコメント。また「前半はほのぼのしてますが、そのほのぼのしたシーンが後半のサスペンスに効いてきます。怒涛の展開に期待してください」と見どころをアピールしている。

ドラマ「7人の夫」は全10話。FOD、TVerで見逃し配信される。

7人の夫 -劇団ヘラクレスの掟 Next Stage-
東海テレビ 2018年10月18日スタート 毎週木曜24:25~
<出演者>
劇団ヘラクレスの掟(中村パウロ / 折戸正大 / 大西翔 / 小木曽龍之介 / マイキ / 吉田光 / 鶴田亮介)
おかずクラブ・ゆいP
ほか

引用:おかずクラブゆいP、新ドラマで7人の夫と生活「まったく感情移入できない」

Sponsored Links
Sponsored Links

【再放送の予定は??】

現在、地上波での放送はなく、
ましてや再放送の予定はありません。

フジテレビの公式ページでも確認しましたが、
今のところ、地上波での再配信は行っていないようです。

なお、フジテレビオンデマンドは
スマホからアプリで簡単に視聴可能であります!

スマホアプリで、電車の中とかの隙間時間に
ドラマを見ることできますね!!

【ドラマの見逃し配信や再放送を調査!
~テレビ放送後一週間以内ならTVerでも視聴可能!~】

再放送や見逃し配信を調べましたところ、
特になかったです。

ドラマ「7人の夫 ―劇団ヘラクレスの掟 Next Stage―」は、
FODで視聴するかたちになります。
(TVerでも視聴可能期間でも、FODのプレミアム登録で視聴ことは可能です。)

下記から登録が可能です。

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
      ↓ ↓ ↓ 

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑    
   
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA