ドラマ[ハケン占い師アタル]6話ネタバレ感想【U-NEXT動画】アタルはDチーム大崎課長を救えるか!?

ハケン占い師アタル 無料視聴

ドラマ「ハケン占い師アタル」第6話のあらすじ!!アタルは精神的に追い詰められたDチームの課長・大崎を救えるのか!?

ドラマ「ハケン占い師アタル」第6話について書きます!!

ドラマ「ハケン占い師アタル」第6話
今回の主役は、Dチーム課長の大崎。
大崎は代々木からDチームの中からリストラ候補を1人選ぶよう命じられ、面談を行うもその事がDチームのメンバーにバレてしまい・・・。

Sponsored Links
Sponsored Links

「再放送」や「見逃し配信」は後半に記載しておりますので、
見ていただければと思います。

また、フル動画を無料視聴ならU-NEXTがオススメです。


☆今から31日間無料視聴する☆
      ↓ ↓ ↓ 

U-NEXTが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑   
   
☆無料期間中に600ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

【ドラマ「ハケン占い師アタル」のあらすじについて】

私からのひとこと
大崎が極限まで追い込まれる場面は見ていて胸が痛くなる!!

第6話のあらすじです!!

課長・大崎結に、部長・代々木匠からリストラ候補者を1人選べという非情な指令が下る。彼女は実情を伏せたまま、部下たちと個別面談を始めるが、図らずもリストラの話を耳にした部下たちが、大崎に詰め寄り…。

引用:U -NEXT

 

Sponsored Links
Sponsored Links

【ドラマ「ハケン占い師アタル」第6話のネタバレ】

キズナ占いを受ける大崎に「どうして死のうと思ったの?」と尋ねる。

遡ること2日前。

大崎は、家では中学生の息子から無視され、夫との関係も良好とは言えない状態だった。

大崎が出勤すると、代々木からDチームから出向という名目で、リストラ候補者を1名選ぶよう命じられる。

Dチームの団結力を増している様子を近くで見てきた大崎は、リストラ候補者など選びたくないと思うも、代々木に言い返す事ができないのだった。

その後、大崎はDチームのメンバーに代々木からの命令を隠したまま、Dチームのメンバーに個別面談を行うことに。

大崎は、まず品川と面談。

品川は「働くのが楽しくなってきた」と話しているのを大崎は内心「前みたいに辞めるって言っってくれないかなぁ…」と思いながら聞くのだった。

次に、大崎は上野と面談。

上野は、以前とは見違えるほど優しくなっていて、仕事にも年長者として頑張ると仕事へのやる気を話すのだった。

大崎は田端・神田・目黒ともそれぞれ面談するも、全員いきいきした様子で、リストラ候補者を決められないのだった。

昼食の時、Dチームのメンバーは食堂のおばちゃんからリストラの話を聞く。

それを聞いたDチームのメンバーは「どういうことだ?」と大崎に詰め寄る。

大崎は「誰も辞めさせないから」と答え、トイレに逃げ込む。

帰宅した大崎は、最近の息子の異変を夫に相談するも聞き入れてくれず悩むのだった。

次の日、大崎は代々木からリストラ候補者を早く決めるよう急かされる。

その話の中で、大崎は口を滑らせ神田の妊娠を明かしてしまうと、代々木は神田を出向させるよう言う。

その後、大崎は神田に出向のことを伝えようとするも、なかなか言い出せないのだった。

大崎の様子を見ていたアタルは、大崎を飲みに誘う。

二人で居酒屋に行くと、アタルは大崎に「悩みがあるなら聞きますけど?」と言うと、大崎は「頭の中で同じ曲が繰り返される」と相談。

その曲は荒井由実の『やさしさに包まれたなら』だった。

Sponsored Links
Sponsored Links

その後、泥酔状態で帰宅した大崎は、夫から嫌味を言われてしまう。

すると、夫の携帯に女性からのメールがあり、夫の不倫が発覚するのだった。

次の日、大崎は寝過ごし会社に遅刻してしまう。

急いで出勤する道中に、代々木からのリストラ候補者選びを急かすメールを見た大崎は、会社に行くのをやめ失踪してしまうのだった。

その後、大崎はフラフラ歩き回り踏切に飛び込み自殺しようとしていた。

その時、二人の女性に声を掛けられ、占い師キズナの元へ。

そこで、大崎はキズナに「今いる場所は本当に居るべき場所ではない」と言われるのだった。

その後、大崎は会社に来ると、自分の荷物をまとめ始め、「会社を辞める」とDチームのメンバーに言い出す。

明らかに様子がおかしい大崎に、Dチームのメンバーはアタルに見てもらうことを勧める。

大崎は、キズナの元に行こうと考えていて、そのことをアタルに話すと、アタルは「キズナは信者を増やしお金を稼ぐのが目的だから目を覚ませ」と大崎をビンタ。

その後「どうすればいいの?」と泣き崩れる大崎をアタルは占うことに。

大崎は、まずリストラの件をどうすれば良いのか相談。

誰も出向させたくない大崎にアタルは「そこをどうにかするのが、リーダーじゃないの?」と言う。

大崎は、自分にリーダーには向いていないと話し、神田を守ることはできなかった自分を責めていると、アタルは大崎の中学時代を見る。

大崎は、いつも誰かの真似をし、自分にはオリジナリティが無いと話し、チーフになってからもいつか偽物と周りから言われるのでは、とビクビクしていたのだ。

アタルは大崎には温かい心、枯れない愛があると言う。

さらにアタルは、例え真似事でも、聴き所を見習いコツコツ努力すれば、それはもう本物でオリジナルだと言う。

そして、部下の気持ちを人一倍考えている大崎は、本物のリーダーだと言うのだった。

アタルの占い後、大崎は代々木から誰を出向させるか尋ねられる。

すると大崎は、出向が会社の利益のためなのならば、出向させる代わりに、その分売り上げを伸ばせばいいのではと提案。

そして、社長に直訴しに行くと大崎が言うと、焦りだす代々木。

実は、この出向の話は会社の方針ではなく、代々木の独断で決めたことだったことが判明。

結局、Dチームのメンバーは誰も出向せずに済むのだった。

Dチームのメンバーは、それぞれ今まで大崎から助けられたと感謝をする。

すると大崎は感動した涙を流すのだった。

次の日、大崎はアタルにキズナとの関係を尋ねる。

するとアタルは「母なんです」と答え、キズナの元を飛び出して来たことを話す。

それを聞いた大崎は慌てる。

実は、大崎はキズナに電話でアタルに占ってもらったことを話してしまっていたのだ。

そんななか、キズナが会社にやって来るのだった。

以上が、第6話のあらすじ&ネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

【ドラマ「ハケン占い師アタル」の第6話の感想等(ネタバレ含む)】

30代男性

ストーリーは☆☆☆☆【5段階評価】
オススメ度は☆☆☆☆

自分にはオリジナリティが無いと卑下する大崎に、アタルが「例え真似事でも聴き所を見習いコツコツ努力すればそれはもう本物でオリジナルだ」と言う場面は、良い言葉だなと思い心打たれるものがあった。

アタルの言っていた様に、大崎はこれまで常にDチームの部下たちのことを気遣い、部下たちのために悩んでいたので、部下たちにとっては良いリーダーで、自分も大崎の様な上司の下で働きたいなと思った。

アタルの占いにより、大崎はリーダーとしての自分に自信を持てるようになった様子だったので良かった。

今回、アタルの母キズナの正体がインチキ占い師でお金儲けのために信者を集めていることが明らかになった。

恐らくキズナには占う能力はなくこれまでアタルを自分のお金儲けに利用していて、それが嫌になったアタルはキズナの元を出て行ったのだろう。

今回のラストでとうとうアタルの居場所がキズナにバレてしまい、キズナが会社まで来ていたので、次回アタルとキズナが対面することになりそうだ。

ドラマ「ハケン占い師アタル」の第6話の感想等(ネタバレ含む)でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

【再放送の予定は??】

現在、地上波での放送はなく、
ましてや再放送の予定はありません。

公式ページでも確認しましたが、
今のところ、地上波での再配信は行っていないようです。

【ドラマの見逃し配信や再放送を調査!
~テレビ放送後一週間以内ならTVerでも視聴可能!~】

再放送や見逃し配信を調べましたところ、

現在のところ、地上波でやっているところは以下となります。

TVerでも視聴可能
ハケン占い師アタル
#6テレビ朝日 2月21日(木)放送分 2月28日(木) 20:00 配信終了

テレビ放送後にティーバーで見れます。

TVerでも視聴可能ですが、
期間が過ぎてしまった場合は、

ドラマ「ハケン占い師アタル」は、
U-NEXTで視聴するかたちになります。
(TVerでも視聴可能期間でも、U-NEXTで視聴することは可能です。)

お得に利用しよう!
一度登録して、その後、31日以内に解約すれば無料ですし、
もちろん、試しに登録するのもありです。
そのためのお試しの無料期間ですから !(^^)!

スマホアプリで、電車の中とかの隙間時間に
ドラマを見ることできますね!!

下記から登録が可能です。

☆今から31日間無料視聴する☆
      ↓ ↓ ↓ 

U-NEXTが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑   
   
☆無料期間中に600ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA