ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」第8話ネタバレ感想!片岡鶴太郎の演技とラストが感動的!!

イノセンス 冤罪弁護士ネタバレドラマ

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第8話のあらすじ!!片岡鶴太郎の演技が良く、ラストは感動的!!

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第8話について書きます!!

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第8話
今回、拓たちは聡子から24年前の事件で逮捕され今は死刑囚として刑務所にいる式根の冤罪を晴らしてほしいと依頼を受ける。
警察の杜撰な捜査により冤罪の可能性がある式根だが、本人は冤罪が晴らされることには絶望していて期待していないのだった。
拓がこの件について調査するとある隠された事実が明らかに。
果たして拓たちは式根の冤罪を晴らすことができるのだろうか?

Sponsored Links
Sponsored Links

「再放送」や「見逃し配信」は後半に記載しておりますので、
見ていただければと思います。

また、フル動画を無料視聴ならHuluがオススメです。

☆今から14日間無料視聴する☆
      ↓ ↓ ↓ 

Huluが14日間無料視聴

      ↑ ↑ ↑   
   
☆もし、無料期間中に解約しても費用はかかりません☆

【ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」のあらすじについて】

私からのひとこと
結末が何とも切なく涙が出る!!

第8話のあらすじです!!

癌で余命宣告を受けた、24年前の毒殺事件の死刑囚・式根 (片岡鶴太郎) の冤罪を、生きている内に晴らしてほしいと聡子 (市川実日子) から頼まれた拓 (坂口健太郎)。マスコミから追われ続けた式根の娘・玲子 (星野真里) からは、これ以上苦しめないでほしいと協力を拒絶される。当時の『引き当たり捜査』の写真に違和感を感じた拓は、秋保 (藤木直人) の協力を得て警察が証拠を捏造したことを発見! 希望の光は見えるのか…!?

引用:Hulu

 

Sponsored Links
Sponsored Links

【ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第8話のネタバレ】

拓と楓は、聡子からある依頼を受ける。

その依頼は、24年前の毒物混入事件で逮捕され死刑判決を受け今も獄中生活を送っている式根の冤罪を晴らしてほしいというものだった。

当時の警察の杜撰な捜査を知った聡子は、癌で余命の短い式根が生きている間に冤罪を晴らしてほしいと話すのだった。

しかし、再審請求は『開かずの扉』と呼ばれるほどの難かしく、これまで式根を弁護してきた弁護士が4度の再審請求を行うもは全て棄却されていたのだった。

24年前の事件は式根が当時暮らしていたイトエ電機の社宅のクリスマスパーティーでシャンパンに毒物が混入され6人が亡くなったというもので、式根は警察の執拗な尋問の末に自白しそれが証拠となり死刑判決を受けたのだった。

拓と楓は式根に接見する。

すると事件で自らの妻を亡くした式根は、冤罪を晴らすことには絶望していて再審請求を望んでおらず「そっとしておいてほしい」と拓と楓に話すのだった。

その後、拓たちは式根の娘の玲子を訪ねる。

すると玲子はこれまで死刑囚の娘としてマスコミから追われて辛かったことを話し、拓たちにこれ以上苦しめないでほしいと言うこだった。

聡子がマスコミの人間として罪悪感と無力感を感じるなか、拓は警察の”引き当たり捜査”の写真に違和感を感じる。

秋保の協力を得て写真を調べると、17枚中16枚の写真に不自然な点があり、日の当たり方などから最初の写真以外順序が逆だったことが判明。

警察は式根が毒を捨てた沼地を案内したように見せかけるために資料をねつ造していたのだった。

その後このことがニュースで取り上げられると、世間で話題となり玲子の元に取材の依頼の電話が来る。

そしてそれに耐えかねた玲子は保駿堂法律事務所に行き、拓に向かって「中途半端な正義感で人の人生振り回さないで!」と怒鳴りつけるのだった。

Sponsored Links
Sponsored Links

式根は刑務所で突然倒れ病院に運ばれる。

知らせを受けた拓と楓が式根の病室に駆けつけ式根と話すも式根の会話の内容がおかしい。

式根は長い獄中生活のストレスで過去の記憶と現在の記憶がごちゃまぜになってしまう記憶障害わ引き起こしていたのだ。

その後、拓たちは再審請求に向けて事件の資料を調べなおす。

すると楓はかつて式根が書いた手紙の中で毒が発見された沼地にはお化けが出るという噂があったと書かれているのを発見。

そして楓が見つけていた式根のかつての担当弁護士の捜査資料を確認すると、拓は何かに気がつくのだった。

拓と楓は玲子を訪ね沼地のお化けの噂について尋ね、玲子をある体育館に連れて行く。

そこには当時小学生で事件当日に沼地にお化けが出たと泣いて玲子に励ましてもらっていた当時小学生だった榛名が来ていた。

そこで秋保たちが事件当日の沼地を再現し実験を行う。

榛名が見た沼地のお化けの正体はブロッケン現象による自分の影だったのだ。

ブロッケン現象は決まった天候でしか起こらないため、この実験により事件当日に当時小学生だった榛名がその沼地に行っていたことが証明される。

実はこの事件は榛名の母が暴力を振るう夫を殺すために行ったもので、当時小学生の榛名は母親に頼まれ毒を沼地に捨てていたのだ。

数日後、法廷で榛名は真実を話すも再審請求は棄証拠不十分だとして棄却されてしまうのだった。

その後、これまで式根と会っていなかった玲子は式根の元を訪れ「信じることが出来なくてごめんなさい」と涙を流し言うのだった。

以上が、第8話のあらすじ&ネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

【ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の第8話の感想等(ネタバレ含む)】

30代男性

ストーリーは☆☆☆☆【5段階評価】
オススメ度は☆☆☆☆

最近ではバラエティ番組での印象が強く、俳優としての片岡鶴太郎の姿をちゃんと見たのは初めてだったが、演技がとても良くて違和感を感じることも無く観ることができた。

今回の事件は和歌山毒物カレー事件や名張ブドウ酒事件を彷彿とされる内容だった。

式根の冤罪を晴らすことに絶望した様子や、獄中生活のストレスから記憶障害を発症し妄想を話し始めるなどどんどん精神的に追い詰められて行く様子が観ていて辛かった。

最終的には拓たちが真犯人を特定するも再審請求は証拠不十分として棄却されてしまい遣る瀬無い気持ちになったが、最後に娘の玲子との関係を修復できたことは唯一の救いだなと感じた。

式根が記憶障害を起発症し突然妄想を話し始める場面では、拘禁反応という言葉をこれまで聞いたことがなかったので認知症になったのかと思った。

ラストの玲子が久しぶりに式根に会いに行く場面では、涙を流しながら玲子言った「信じることが出来なくてごめんなさい」という言葉にグッときた。

さらにその場面で流れた主題歌のKing Gnu『白日』がとても良い味を出していて玲子と式根のやりとりと相まって感動して泣きそうになった。

式根と玲子のやりとりを見ながら涙を流す楓の様子から再審請求が認められず式根を救えなかったことへの悔しさなどが垣間見れた。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の第8話の感想等(ネタバレ含む)でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

【再放送の予定は??】

現在、地上波での放送はなく、
ましてや再放送の予定はありません。

公式ページでも確認しましたが、
今のところ、地上波での再配信は行っていないようです。

【ドラマの見逃し配信や再放送を調査!
~テレビ放送後一週間以内ならTVerでも視聴可能!~】

再放送や見逃し配信を調べましたところ、

現在のところ、地上波でやっているところは以下となります。

TVerでも視聴可能
イノセンス 冤罪弁護士
#8 日本テレビ 3月9日(土)放送分 3月16日(土) 21:59 配信終了

テレビ放送後にティーバーで見れます。

TVerでも視聴可能ですが、
期間が過ぎてしまった場合は、

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」は、
Huluで視聴するかたちになります。
(TVerでも視聴可能期間でも、Huluで視聴することは可能です。)

お得に利用しよう!
一度登録して、その後、2週間以内に解約すれば無料ですし、
もちろん、試しに登録するのもありです。
そのためのお試しの無料期間ですから !(^^)!

スマホアプリで、電車の中とかの隙間時間に
ドラマを見ることできますね!!

下記から登録が可能です。

☆今から14日間無料視聴する☆
      ↓ ↓ ↓ 

Huluが14日間無料視聴

      ↑ ↑ ↑   
   
☆もし、無料期間中に解約しても費用はかかりません☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA