家売るオンナの逆襲ドラマ8話無料動画視聴方法とネタバレあらすじ!屋代の浮気が発覚で万智との夫婦関係はどうなる

家売るオンナ 無料視聴

ドラマ「家売るオンナの逆襲」第8話のあらすじ!!屋代の浮気が発覚!?万智との夫婦関係はどうなる?

ドラマ「家売るオンナの逆襲」第8話について書きます!!

ドラマ「家売るオンナの逆襲」第8話

今回、庭野の父親がテーコー不動産に家を売りたいとやって来る。
しかし庭野は実家を売ることには反対し・・・。
そして今回、屋代と三郷の関係にも進展が。

Sponsored Links
Sponsored Links

「再放送」や「見逃し配信」は後半に記載しておりますので、
見ていただければと思います。

また、フル動画を無料視聴ならHuluがオススメです。

☆今から14日間無料視聴する☆
      ↓ ↓ ↓ 

Huluが14日間無料視聴

      ↑ ↑ ↑   
   
☆もし、無料期間中に解約しても費用はかかりません☆

【ドラマ「家売るオンナの逆襲」のあらすじについて】

私からのひとこと

屋代の浮気疑惑の発覚によりこれまでストイックに何でもこなしていた万智の女性の部分が垣間見れた!!

第8話のあらすじです!!

庭野 (工藤阿須加) のダメ父・茂雄 (泉谷しげる) が来店。実家を売った金で夢を追いたいと話す茂雄だが、庭野はだらしなく商才のない茂雄の生活基盤を守るため家の売却に反対。しかし万智 (北川景子) が家を売ると宣言する! 担当客・棟方幸子 (南野陽子)・すみれ (大後寿々花) 母娘に自分を重ねた庭野は母の我儘に振り回されるすみれに共感し、万智の言いなりになるまいとするが…!! そして夫婦の危機を前に万智を悲劇が襲う!

引用:Hulu

 

Sponsored Links
Sponsored Links

【ドラマ「家売るオンナの逆襲」第8話のネタバレ】

庭野は自分が万智から留守堂のように人間として対等に扱われないことを落ち込んでいた。

庭野不在のテーコー不動産ではスタッフたちが庭野が万智のパシリだとか庭野について好き勝手話していた。

庭野はその話を部屋の外で聞いていてショックを受けトイレに逃げ込もうとすると隣にいた万智は「逃げるな」と言うのだった。

その後、庭野が担当する棟方親子がテーコー不動産にやって来て家のことで話をすることに。

母親の幸子は家を売却しケーキの専門店を開きたいという夢を語るも、娘のすみれは母親の今までの失敗を見てきたこともあり反対していた。

するとその話し合いの場に万智が現れ「私がお売り致します!」と宣言するのだった。

足立と留守堂はフェンシングに来ていた。

更衣室で足立は留守堂に「謙治…好きだよ」と告白すると留守堂は「僕も聡のこと好きだよ」といつものように答える。

それを聞いた足立は友人関係ではなく恋愛関係として好きだと涙ながらに伝えると留守堂は「ありがとう。でも僕は三軒家さんの事が好きなんだ」と足立を振るのだった。

ちちんぷいぷいでは、庭野が万智への気持ちを引きずっていることをこころに話していた。

すると足立がやって来て留守堂とのことをこころに相談し、こころはそんな足立を励ます。

そして庭野と足立はそれぞれの相手への思いを吹っ切るためカラオケで盛り上がるのだった。

屋代は帰宅中に三郷と遭遇し、屋代は三郷にホテルに誘われる。

屋代は「僕、妻を愛しているんです」と逃げるようにして帰る。

三郷は舌打ちをし「意気地なし」とつぶやくのだった。

数日後、テーコー不動産にテンガロンハットにサングラス姿の陽気なおじさんがやって来る。

それは庭野の父親でその姿を見た庭野は驚く。

庭野の父茂雄は家を売却してたこ焼き屋をやりたいと考えていてその売却を息子に頼もうと浜松から上京して来たのだ。

実家の売却の話を聞いた庭野は反対するも万智が「私がお売り致します!」と宣言するのだった。

その後すみれがテーコー不動産にやって来て幸子の浪費の事を話をすると庭野は「他人事とは思えません」と共感する。

その後、庭野は実家に行き茂雄に家を売却しない意向を伝えると茂雄は頭を下げて必死に売却を頼む。

そして茂雄は万智が売却相手を見つけてくれてその人物が留守堂で、この家を売る方向で進んでいることを庭野に伝える。

それを聞いた庭野は驚きなぜ万智が自分を追い込むのか理解できず落ち込んでいると万智が現れる。

Sponsored Links
Sponsored Links

万智の気持ちが理解できない庭野はなぜ自分を追い込むのか尋ねるも万智はそれについては何も答えないのだった。

その後屋代のことで白洲から連絡を受けた万智は白洲の元へ。

白洲は屋代が三郷と浮気していることを万智に話し証拠の写真を見せられた万智は動揺しその場を去っていく。

オフィスに戻った三軒家は苛立ちを隠しきれず無心でパソコンのキーボードを打ち続け、庭野に当たり散らすのだった。

棟方親子がテーコー不動産にやって来て、すみれは家の売却を渋々承諾したことを伝える。

万智は早速棟方親子に次の家の候補を案内。

そこで万智は別々の人生を歩むよう提案。

しかし肝心なところで万智の声が出なくなってしまい急遽庭野が読唇術で万智の発言を通訳することに。

万智の通訳が終わると庭野はすみれは母親と別々で暮らし自分の人生を歩むよう話し、そしてそれは自分にも当てはまることだと熱弁。

それを聞いたすみれは一人暮らし母親から離れることと今の家を売ることを決めるのだった。

テーコー不動産に戻った庭野は屋代に万智の声が出なくなった事を報告するもオフィスに戻ってきた万智はいつも通りに話すのだった。

その後、庭野は実家に行きこの家は売るが自分名義でもあるため売った金額の半分は貰うと重雄に伝え「自分は解き放たれたんだ」と言い残し帰る。

すると留守堂が茂雄を訪ね手付金を渡して茂雄の夢を叶えるのを手伝うと言うのだった。

足立は留守堂はフェンシングをしていた。

そこで足立は留守堂のことを諦めたことを伝え清々しい気持ちでちちんぷいぷいへ。

足立と庭野はちちんぷいぷいでお互いの気持ちがスッキリしたことを祝い乾杯してカラオケで盛り上がるのだった。

屋代は万智に一緒に帰宅しようと誘うと万智は「浮気をやめて頂けないでしょうか?」と
白洲から聞いた話や証拠写真を屋代に突き付ける。

しかし屋代は動揺しながらも必死に浮気を否定し信じてくれと説得。

そして今度は逆に屋代が万智と留守堂との関係について問い詰める。

すると万智は「私が愛しているのは課長だけです!」と宣言し、それを聞いた屋代はお互いを信じようと言い二人は一緒に帰宅することに。

帰宅の道中、万智が「課長、手を繋ぎたいです!」と言うと、屋代は喜び手を差し出し万智と手を繋ぐのだった。

その様子を留守堂は目撃。

留守堂は鋭い眼差しで二人を見つめるのだった。

以上が、第8話のあらすじ&ネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

【ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第8話の感想等(ネタバレ含む)】

30代男性

ストーリーは☆☆☆☆【5段階評価】
オススメ度は☆☆☆☆

足立が留守堂への気持ちを吹っ切り留守堂と出会う前のマダムを翻弄する足立に戻ったので良かったなと思った。

突然万智の声が出なくなる場面では一瞬テレビが故障したのかと思って驚いた。

万智の声が出なくなった原因は屋代の浮気疑惑を知ったことによるストレスもあったのかもしれないが、恐らく庭野と同じ境遇の棟方親子への接客をおとして庭野に父親との親子関係を見直させる目的の方が強かったのだろう。

今回のラストで万智と屋代が仲良く歩く様子を目撃してしまった留守堂の鋭い眼差しが少し怖かった。

さらに次回予告では留守堂の万智への気持ちが愛情から憎しみに変わってしまったみたいなので今後どのような展開になるのか気になるところだ。

ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第8話の感想等(ネタバレ含む)でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

【再放送の予定は??】

現在、地上波での放送はなく、
ましてや再放送の予定はありません。

公式ページでも確認しましたが、
今のところ、地上波での再配信は行っていないようです。

【ドラマの見逃し配信や再放送を調査!
~テレビ放送後一週間以内ならTVerでも視聴可能!~】

再放送や見逃し配信を調べましたところ、

現在のところ、地上波でやっているところは以下となります。

TVerでも視聴可能
家売るオンナの逆襲
#8 日本テレビ 2月27日(水)放送分 3月6日(水) 21:59 配信終了

テレビ放送後にティーバーで見れます。

TVerでも視聴可能ですが、
期間が過ぎてしまった場合は、

ドラマ「家売るオンナの逆襲」は、
Huluで視聴するかたちになります。
(TVerでも視聴可能期間でも、Huluで視聴することは可能です。)

お得に利用しよう!
一度登録して、その後、2週間以内に解約すれば無料ですし、
もちろん、試しに登録するのもありです。
そのためのお試しの無料期間ですから !(^^)!

スマホアプリで、電車の中とかの隙間時間に
ドラマを見ることできますね!!

下記から登録が可能です。

☆今から14日間無料視聴する☆
      ↓ ↓ ↓ 

Huluが14日間無料視聴

      ↑ ↑ ↑   
   
☆もし、無料期間中に解約しても費用はかかりません☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA