8.6秒バズーカーの2019年今現在が悲惨?消えた理由はビートたけしの圧力か?

「ラッスンゴレライ」のフレーズで大ブレイクした「8.6秒バズーカー」ですが、現在はメディアに出る回数も減り見ることもなくなりました。

テレビに引っ張りだこだった時代と違い、現在の姿が「悲惨」ともいわれています。

そんな8.6秒バズーカーは現在何をしているのでしょうか!

テレビから干された原因と共にご紹介していきます。

詳しく見ていきましょう!

8.6秒バズーカーの現在の活動と月収とは?

テレビから消えた8.6秒バズーカーの現在を深堀しました!

Sponsored Links
Sponsored Links

8.6秒バズーカ―の現在の活動

「ラッスンゴレライ」のブームが終わり、新しいリズムネタを披露するも再出発に繋がることはありませんでした。

2016年には、大阪から東京に活動拠点を移し「漫才」と「DJ」を融合して、活動しています!

最近「TiK ToK」で消えた芸能人「山本裕典」も、DJ活動をしていることで人気が再発しています。


Copy Code

芸能人を一目見ようと、集まるお客さんも多いのではないでしょうか。

他にもイベントやオーディションなど、再出発に向けて着々とステップアップしているようです。

DJとして活動している8.6秒バズーカーの姿を見かける人も、少なくないですね♪

Sponsored Links
Sponsored Links

8.6秒バズーカ―の月収

ブレイク時の最高月収は1人「500万円」と語り、共演者を驚かせたこともありました。

しかし、現在の月収は「50万円前後」と、案外多いです!(笑)

テレビ出演が減っても、イベントに行く回数が多いので月収もその分稼げているのですね。

結婚式やショッピングモールにも足を運んで営業しているみたいなので、お会いできる可能性も高いです♪

8.6秒バズーカ―のプロフィールと経歴

https://binged.it/2VzSI7V

・コンビ名:8.6秒バズーカ―

・結成年:2014年4月1日

・所属事務所:吉本クリエイティブ・エージェンシー

田中シングル

プロフィール

・名前:田中真

・生年月日:1991年2月26日

・身長:173㎝

・担当:ツッコミ、ネタ作り

ツッコミを担当している田中シングルは、スタイル抜群でサングラスをかけた姿がとても人気でした。

しかし、サングラスを外すと「残念な顔」と言われ、笑いを取っていましたね(笑)

私も田中シングルの素顔を始めてみた時は「残念」と感じました!

サングラスをかけていれば雰囲気イケメンです♪

笑いのセンスがあるようで、ネタ作りも担当しています。

Sponsored Links
Sponsored Links

はまやねん

プロフィール

・名前:浜根亮太

・生年月日:1991年3月10日

・身長:170㎝

・担当:ボケ


「不倫騒動」「できちゃった婚」など、いろいろと話題になっているはまやねん。

ポッチャリが印象的で、サングラスを外すとくっきり二重でイケメンなのです!

中学の時には他校に、ファンクラブがあるほどのイケメンっぷり。

NSⅭに入学してから20キロ太ってこの体型になったそうな。

田中シングルの素顔に期待が寄せられ、はまやねんの素顔を見せると「逆が良かった」など指摘されることもありました。

経歴

田中シングルとはまやねんは中学からの友達で、2013年2人で「NSⅭ」へ入学しました。

コンビを結成したのは卒業後の2014年4月1日でした。

2015年の上旬に「ラッスンゴレライ」でブレイクを果たすと、一躍有名人になりテレビれ見ない時はなかったですね。

しかし人気は長く続かず2015年の末には、人気が低迷していました。

史上最高の速さで消えたことから「一瞬屋」とも呼ばれるようになりました(笑)

みんなが口ずさんでいた「ラッスンゴレライ」は、なぜテレビから干されるようになったのか!

Sponsored Links
Sponsored Links

8.6秒バズーカ―の消えた3つの理由とは?

大物芸能人から冷たい態度

Ⅿ-1グランプリなどでは、大物芸能人が司会者として登場し芸人がネタを披露します。

そんな中8.6秒バズーカ―は「ビートたけし」「松本人志」「明石家さんま」の大物芸能人から、冷たい発言を受けています。

・ビートたけし

https://binged.it/2DbCUAP

「北野演芸館」という番組に出演した8.6秒バズーカーは、ビートたけしの前で「ラッスンゴレライ」を披露しました。

支配人ビートたけしが面白くないと感じたら、ボタンを押してカーテンを閉め、ネタを終了させる人気番組です。

「魔のカーテンコール」とも呼ばれている場所でネタを披露した8.6秒バズーカ―でしたが、ビートたけしに「開始30秒」でボタンを下される始末。

「バカ大学の文化祭じゃないんだから」と切り捨てました。

他の芸人が「これから良くなるかもですよ」とファローをしましたが「じゃあ次の時出そう」と興味なしの態度でした。

・松本人志

https://binged.it/2D9lLbd

「ワイドナショー」に出演しコメンテーターを務める松本人志が8.6秒バズーカ―の「別に面白くない」と切り捨てました。

松本人志は、YouTubeで8.6秒バズーカ―のネタを見て「面白くない」と感じたそうな。

「これは曲ですよ。みんなやりたがる、手拍子したくなる」と持論を話し「やがて飽きが来る」と言っていました。

・明石家さんま

https://binged.it/2D7Xr9G

明石家さんまが司会を務める「痛快!明石家電視台」に、8.6秒バズーカ―が出演しました。

その時に「近すぎてびっくり」と恥ずかしがりながら、明石家さんまの前で「ラッスンゴレライ」を披露した。

それを見た明石家さんまは「オリラジのパクリやろ!」とダメ出しをし、ウケはイマイチでした。

大物芸能人からの評価が良くなかったことで、干されたのではないかと言われています。

Sponsored Links
Sponsored Links

面白みがない

「トーク力がなく面白くない」とネタ以外にも低評価が見られます。

イベントなどでも記者団の話に対しての返しが悪く、失笑する場面も見られます。

芸人はネタも命ですが、トーク力がないと雛段に上がれず番組に使ってもらえません。

一緒の番組に出演した芸人ではないアーティストのトーク力の方がマシとも言われていました。

言葉使いや態度が悪い

8.6秒バズーカーの「先輩への態度がなってない」など、業界やネットからのクレームも発生しています。

番組打ち合わせの際にはまやねんは、サングラスも帽子も取らず打ち合わせに参加したこともあり、スタッフに注意を受けている。

「帽子を取った方がいいよ」というスタッフの言葉に対し、取るそぶりを見せただけで終わった。

「事務所から注意を受けないの?」というスタッフからの質問には「されたかもしれないが覚えていない」と話していました。

「最近の若い人は礼儀がなっていない」と言われる理由は、こういう失礼な態度を取り、話の分からない若者がいるからだと感じました。

私ははまやねんの1歳年下ですが、学校でも親からでも仕事の面接練習などでも、このような礼儀は習ってきたので、はまやねんの態度の悪さが恥ずかしいです!

また、はまやねんはイベントに遅刻するなどたくさんの失態を犯しています。

これには土下座していましたが、ブレイクしたての若手芸人ということもあり周りの目は冷たいものでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか?

8.6秒バズーカ―は現在、イベントや地方での営業で「月収50万前後」ということがわかりました。

テレビ出演が減ったというだけで、活動はしていましたね!

8.6秒バズーカ―が干された3つの理由は「大物芸人から嫌われている」「面白くない」「態度が悪い」と言われていることが分かりました。

今後もたくさんの営業やオーディションを受けて、元の位置に戻ってこれるといいですね!

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください