芝中央小学校(川口市)クルド人イジメ加害者の名前は特定?鈴木彰典校長や教頭は卒業式後も責任追及すべき!

スキャンダル 画像

クルド人少女のいじめはなぜ発生した!?

今回の事件は、埼玉県川口市にある芝中央小学校で起こった事件です。

埼玉県川口市には、多くのクルド人が住んでいると言われています。

クルド人は元々、トルコやシリア、イラン、イラクに広がる山岳部に住む民族で、世界に約4500万人いるとされていますが、独立国を持てず、各国で少数民族として迫害を受けてきた苦難の歴史があるようです。

そのため一部のクルド人は、故郷の地である「クルディスタン」を離れ、世界各地へ難民として逃れてきました。

日本クルド文化協会の調べでは、「難民などで構成される在日クルド人は約2000人。そのうち、6割強となる1200~1300人が、川口市や蕨市に住んでいる」そうです。

 

Sponsored Links

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

そんなクルド人の少女に対して、日本人児童がいじめを繰り返し、学校も加害児童の味方をするという驚きの事件が発生しました。

そして、なんと学校は、いじめ事件の隠ぺいをしようとしたのです。

本当に最低ですよね。少女の気持ちを考えたらやるせないです。

そんな隠ぺい体質の芝中央小学校で発生したいじめ事件を、織田朝日さんが告発!!Twitterで発信したことにより、今、ネットで話題になっています。

クルド人少女いじめの最低な内容とは?

体育の授業中、少女はA君に突き飛ばされ、転んでしまった。

少女は痛みに泣きながら「サッカーできない」と申し出たが、聞き入れてもらえず無理やりサッカーをやらされた。

その後教室へ戻ると、B君はサッカーの試合が散々だったのを逆恨みして、少女の背中を何度も蹴った。

女子児童数人にトイレに閉じ込められ、罵倒される。

卒業式の日には、生徒たちが体育館へ向かう途中、1人の男児が少女の容姿と服装を大声でバカにした。

いじめを受けたクルド人の少女は不登校になっていたようです。

こんな仕打ちされたら、誰でも学校に行きたくなくなるよ。

しかも、学校の大人も誰も守ってくれないなんて、、、、

 

Sponsored Links

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

信じられない学校の対応とは!?

卒業式のいじめに対して、クルド人少女の保護者は、校長を呼び、ただちに男児に謝ってもらうよう求めた。

しかし「全員の写真撮影が先だ。順番が崩れる」と、少女の件を後回し対応。

加害児童の味方をして、少女に「何がしたいの?」と詰め寄る。

ことなかれ主義の校長のようです。

教頭は、いじめられる少女に対して「(少女は)心が弱いから……」と、少女にもまるで非があるような発言。

そして、この事件が公になると、態度は急変し、そんな発言などはしていないと二転三転しています。

こんな対応ありえますか?学校は子どもが安心して通える場所ではないのでしょうか、、

こんな大人たちがいる学校なんて通いたくありませんよね。

校長と教頭は、ネットで実名が流出しております。

校長 鈴木 彰典(すずき あきのり)
平成30年度の人事異動にて、川口市鳩ヶ谷中学校より再任用という形で赴任してきた校長なようです。生まれも育ちも川口市だそうで、小学校6年生の頃には、安行慈林という地区に引っ越しをして、20年ほど生活をしていたそう。
また、現在着任している芝小学校においては、「おやじの会」というものに所属しており、多くの活動をしているということです。
教頭 岡 和歌子(おか わかこ)

岡和歌子教頭は平成29年の4月に川口市立中居小学校から、赴任してきたようです。中居小学校では主幹教諭を歴任していたことでも知られています。

校長と教頭の顔画像はすぐに分かりますので、ネット上では出回っております。

鈴木彰典校長や教頭は卒業式後も責任追及すべきです!

二度とこのようなことが起こらないように、お願いしたいところですね。

 

Sponsored Links

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

この事件に対して、ネットの声は?

 

Sponsored Links

 

Sponsored Links
Sponsored Links

 

まとめ加害児童の名前流出か!?

芝中央小学校(川口市)クルド人イジメ加害者の名前は特定?

加害児童の主犯格は、日本人の児童のようです。流石に名前は掲載することはできませんが、Twitterでは、すでに名前も流出しているようです。

ネットは便利ですが恐ろしいですね。

もちろん、いじめを加害した事実は許されることではありません。

該当児童には反省する必要があります。しかし、加害児童もまだ小学生であることも事実です。

この事件をきっかけに更生し、今後このようなことがないようにして欲しいですね。

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください