RISKY-復讐は罪の味[1話]ネタバレ感想「鼻持ちならない女」漫画を無料で読む方法をチェック

漫画のネタバレ 感想

RISKY-復讐は罪の味[1話]ネタバレ感想「鼻持ちならない女」

 

本記事ではRISKY-復讐は罪の味[1話]「鼻持ちならない女」のネタバレと感想をまとめました!

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
漫画でRISKY-復讐は罪の味最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
      ↓ ↓ ↓ 

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑   
   
【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【RISKY-復讐は罪の味[1話]ネタバレ「鼻持ちならない女」】

主人公の女性・黒田美香は混雑した駅のホームでスマホをいじっていた。
がやがや…がやがや…(ホームの混雑の音)
電車が到着して多くの人が出入り口で行き来していてもお構いなしに美香はスマホをいじっている。
すると、メガネをかけた女性・浅井とぶつかりスマホを落とす。

美香「あ…(イラつきながら)」
浅井「ごっごめんなさい」

(間もなく扉が閉まります―)

浅井は慌てて落ちたスマホを拾おうとしますが、美香がサッと拾い睨みつけた。

浅井「あっ…」
美香「ちっ」

また、浅井を睨みつける美香。
扉は閉まり美香は電車の中、浅井はホームに降り、扉越しに…

浅井「あの…」
そのまま電車は出発してしまい浅井はホームに取り残された。
電車内では美香が不機嫌になる。

美香「サイッテー!壊れてないでしょうね あれ?」

スマホの指紋センサーでのロック解除ができない。

美香「なんでロックが解除できないの?」
すると、そのスマホに自分のスマホから電話がかかってくる。

美香「あたしの番号からじゃん…」

とある場所で美香と浅井が待ち合わせをしていました。

浅井「黒田美香さんですか?電話でお話した浅井です。」
「今朝は本当にすみません。ちゃんと前見てなくてっ」

美香「まさか同じスマホ使ってるなんてね。」

浅井「ケースまで同じであたしも驚きました!」

スマホの指紋センサーが上手く作動しなかったのはスマホが入れ替わっていたからだった。
ところが、美香は朝の出来事を浅井に口うるさく愚痴る。

美香「でもさぁ、ホント迷惑したわ。大事なやりとりしてたのに」

浅井「ですよね…本当にごめんなさい…」

浅井「あの…お詫びになるか分からないですが杏子堂のケーキでも食べに行きませんか?」

美香「え?杏子堂?」

それまで不機嫌だった美香が喜んで答えた。

Sponsored Links
Sponsored Links

美香「ごめんねぇ、そんなつもりじゃなかったんだけれど…せっかくだし♪」

そして2人は杏子堂でケーキを食べに行きます。
美味しそうなケーキを前に浅井も喜びますが…

美香「あら?」

そういうと浅井の手の包帯に目をやりました。浅井は朝の美香との接触でコケて手に怪我をしていた。
浅井は、先日コケて出来た傷だと説明しフォークは持てるとあせあせしながら答える。

美香は気にも留めずにケーキを食べ始めると、
美香「ここのケーキ噂通り美味しい!やっぱここに頼もうかなぁ。」

浅井「お誕生日ですか?」

美香「あっごめんねぇ~声に出ちゃってた」
「幸せ自慢になっちゃうんだけどぉ 今度結婚するんだよね。」

浅井も素直に喜びおめでとうございますと結婚式の準備の話で盛り上がる。

美香「あなたは彼氏とかいないの?」
美香の突然の質問に浅井は焦ります。

浅井「いないです…いないです。」
「あ…でも好きな人はいるんです。けど彼女さんがいるみたいで…」

それに対し、美香は彼女なら結婚してないんだし奪っちゃえば。と浅井にアドバイス。

美香も今の彼氏は彼女がいたけど盗っちゃったと悪い顔をしながら伝えました。
浅井は表面では笑っているものの本心はそうではないという表情をして…

浅井「そーなんですね…」。

すぐにニッコリ笑いながら、

浅井「美香さんくらい素敵な人だったら勇気出せるんですけどね。」

そんなこんなで理想の旦那・デートシーンですっかり意気投合し、女子会を開いているかのような2人 

浅井「でも…美香さんはそういう素敵な相手を見つけられたんですよね」
「本当におめでとうございます」

店を出た後も、今朝のことを謝る浅井、美香はいいよ、楽しかったと告げる。

浅井も楽しかったようで「お姉ちゃんができたみたいで嬉しかった」と…
すると美香のスマホが鳴り出し、画面を見た美香は目を丸くさせていました。

浅井「彼氏さんですか?」

美香「…うん」
「これから彼と会う予定だけど早く会いたいんだってぇ~」
「結婚したら毎日会えるのに寂しがりよね」

浅井に対して、自慢そうに喋った美香は不敵な笑みを浮かべて帰っていきました。

Sponsored Links
Sponsored Links

場面は変わり、男の一人暮らし賃貸マンション 。

そこへ1人の男性が自宅に帰ってきました。

男性「はぁ…」

疲れた様子でため息をつくと同時に何かの存在に気づく。

美香「おかえり」
そこには美香が待っていた。

美香「おかえり」
「ダメだよぉ 支払い関係の郵便は分けておかないと~」

帰宅した男性はあきれたような表情をしていました。

男性「・・・はぁ…」
「今日家で仕事の資料読むから会えないって連絡しただろ?」

美香「良かったぁ~本当に仕事だったんだ~」
美香は嫌味そうに言う。そして、持っていた郵便をテーブルにバサッと置いた。

冷蔵庫を開けて飲み物を取りながら話しています。

美香「今日ね、前に言ってたケーキ屋さんに行ってきたの」
「やっぱりさぁ~あそこのケーキにしない?」

男性はため息をつきながら
男性「またその話か、まだ先の話だろ?」

すると美香はビールのフタを開けて叩きつけるようにテーブルに置き
美香「先の話って…いつも仕事忙しいって全然話も出来てないじゃないっ」
「ドタキャンだって今日で何回目!?」

美香「浮気疑われてるのだって自業自得でしょ!?」
「もともとあたしとだって…」

男性は静かに告げる。

男性「その話、これからもするつもりか?」
「とにかく今日は帰ってくれ」

そういうとリビングから男性は出て行きました。
美香はこぶしを握りしめて震えながら…

美香「なによ…なによー…」

Sponsored Links
Sponsored Links

次の日

美香は会社でお茶を配っていました。
美香「部長どうぞ」

美香の外面はかなり評判がいい。

部長「ありがとう。君は本当に所作が綺麗だね」
「そうだあとでこの資料を30部コピーしてくれないか?」

美香「30ですねかしこまりました。」

部長「あと今度の企画で使う企画書なんだけれど」

美香「あ…」
美香は困った表情をして

美香「その件なんですけれど…松野さんに代わってもらうことってできませんか?」
「あたしもうすぐ結婚するので、途中で抜けてしまうのも無責任かと思いまして…」

部長「あーそうだったよね。準備は色々忙しいからなぁ」
「こんな素敵な女性と結婚できるなんて羨ましいよ」
美香「うふふ とんでもないです」
 
部長「おーい松野さん。今度の企画書、君が作ってくれるかな?」

松野「え…」
「あたしも別のプロジェクトも関わっているのでそれで黒田さんに…」

部長「わかってるよ。でもこの件は君と黒田さんで黒田さんはこういう状態だし仕方ないだろ?」
「君だって結婚する日が来たら誰かの力を借りるかもしれないじゃないか」

松野「・・・はい」
松野は言いくるめられてしまい、肩を落とした。

美香も申し訳なさそうな顔をしながら「ごめんねぇ~」と言って笑って立ち去る。

Sponsored Links
Sponsored Links

 
女性社員「なにあれー」
女性社員「結婚するったってまだ日取りも決まってないんじゃなかった!?」
「それまでにこの企画終わってるでしょー!?」

女性社員「面倒くさい仕事は他人に押し付けて、そのくせ上司には媚びてやな女ーっ」

女性社員「結婚まで待たずにとっとと辞めてくれりゃいいのにねー」

女性社員「そういえば噂だけど結婚する相手の人ってもともと彼女いたのに寝とったらしいよ?」

女性社員「げーあの女ならやりそー!」

松野「前もホラッ受付の子の男取ったとかで噂あったじゃん?」
 
女性社員たちが噂話をしていると突然後ろから美香がやってきて…

美香「松野さん結婚式ご招待しますので、みなさんもぜひ来てくださいね」
とニッコリ笑いながら話しかけ、すぐに立ち去った。

女性社員たちは青ざめたように開いた口がふさがりません。
 
美香が自分のデスクに戻ると一通の封筒に気が付きました。
美香「なにこれ?」
「差出人書いてないじゃん…」

美香は封筒を開けると…そこには胎児が写ったエコー写真が入っていました。
美香「はぁ?」
「なにこれ 意味わかんない」
すると「黒田さーん」と呼ばれたので封筒とエコー写真をゴミ箱に捨てた。
 
美香はフィアンセの男性と電話をしながら帰宅し、郵便を取って部屋に戻ります。
美香「ねぇ今日はウチに来れそう?」
「ほら、招待客の人数とかそろそろちゃんと決めておかないと」
「え…また仕事?」
「なんでもあたしに任せないでよ!あたしだって忙しいのにっ」
「結婚する気あるの!?」

美香「とにかくあたしもう会社には結婚して辞めるって伝えてるんだから」
「今更破談とかできないかね!!」
ものすごい勢いでまくし立てて電話を切る。

持っていた郵便を床に投げ捨て
美香「ムカつく!」
ばらまかれた郵便の中に一通の封筒が…

美香「あれ この封筒…」
恐る恐る封筒を開けると…
 

Sponsored Links
Sponsored Links

会社で見た胎児が写ったエコー写真が何枚も入っていました。
美香「ひっっ」
写真を手放し口元を抑える美香
美香「なにこれ…」
 
美香(なんなの…)ザザッ

場面は変わり、監視カメラの映像を、一組の男女がキスをしてみていました。

女性「あ…写真…見たみたい」

そしてテレビの横には見たことのあるメガネが置いてあります。
女性「本当なんにも疑わないんだもん 笑っちゃう」
「偶然なわけないじゃない どれだけ調べたと思ってんのよ」

男性「なぁひなた やっぱりやめないか?」
「この怪我だって下手したらもっと大変なことになってたろ…」
包帯の巻かれた右手をそっと握りながら男性は言いました。
 
するとグイっと男性を押しのけて…
ひなた「やめない」
「やっとここまできたのよ」

髪の毛をバサッと広げてひなたは微笑みました。

以上、RISKY-復讐は罪の味[1話]「鼻持ちならない女」ネタバレでした。

RISKY-復讐は罪の味[1話]「鼻持ちならない女」の感想

偶然の出会いから始まる美香と浅井。スマホが入れ替わっていましたね。
偶然にしては出来すぎてるなと思っていましたが、、、、
美香のしたたかさには脱帽ですよね。

周りを見渡してもここまでウラがある女性はいないかもしれません。美香は美貌も持ち合わせているのか強みですね。
かといって、美香は婚約者とうまくいっているわけでもなさそう。
いい部分だけを自慢するところは、ウラがある女性の特徴的なところかもしれません。

また、会話の流れから推測してみると、美香と婚約者の出会いも色々と訳ありそうですね。
男と女の関係が鮮明に描かれているところがこの漫画をどんどん読み進めたくなる気持ちにさせてくれます。

しかし、謎のエコー写真はなんなのでしょうか。気持ち悪いですよね。何かメッセージが込められていそうです。あんなの送りつけられたら、夜も眠れません笑。
続きが気になりますね。

以上、RISKY-復讐は罪の味[1話]「鼻持ちならない女」の感想でした。

登録は下記から!!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
      ↓ ↓ ↓ 

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑   
   
【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください