インハンド最新話[12話]ネタバレ感想「キマイラの血⑦」イブニング最新刊5月14日

漫画のネタバレ 感想

インハンド最新話[12話]ネタバレ感想「キマイラの血⑦」イブニング最新刊5月14日

2019年5月14日のイブニング2019年11号でインハンド[14話]が掲載中です。

本記事ではインハンド[12話]「キマイラの血⑦」のネタバレと感想をまとめました!

漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

漫画のネタバレ 感想
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)あいうえお順

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
漫画でインハンド最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【インハンド[12話]ネタバレ「キマイラの血⑦」】

マラソンがスタートし先頭集団は20キロ地点を過ぎようとしていた。

その先頭集団には、野桐と細田の2人の日本人選手が。

しかしやがて細田が遅れをとり、先頭集団の日本人は野桐のみに。

給水ポイントで野桐はスペシャルドリンクを取ろうと手を伸ばすも取り損ねてしまうのだった。

そして、28キロが経過。

先頭集団にはペースメーカーを除くと5人の選手が。

野桐はまだ先頭集団のなかにいた。

少し苦しそうな表情を浮かべながらも走る野桐。

野桐は走りながら過去のことがフラッシュバックする。

小学生時代、上級生たちを差し置いてマラソン大会で1位になったことを入院中の母に報告する野桐。

しかし、その時には母は病室で亡くなってしまっていたのだ。

そんな辛い過去を思い出しながら野桐はどんどん先頭集団から遅れていく。

そして野桐の足は止まってしまい、途中で棄権してしまうのだった。

紐倉と高家はその様子を沿道の大型モニターで観ていた。

そして紐倉は「余興は終わりだ」と言うのだった。

Sponsored Links
Sponsored Links

その後、紐倉たちは研究室に戻っていた。

八田が紐倉にピアノを弾いて聴かせてほしいと言う。

動揺しながらもピアノを弾く紐倉。

その音色に八田は「なかなかいいじゃないか」と言うのだった。

その頃、野桐は病院で入院していた。

そこで明日から抗がん剤でロクに食べられなくなるということでラーメンを出前で頼む。

他の患者もいるからと出前を頼んだことを注意されながらも野桐は「ごめん今日だけ」と頼みラーメンを食べることに。

野桐にとって15年ぶりに食べるラーメンだった。

病室ではテレビでニュース番組が流れていた。

内容は小説家・幣島渉に国民栄誉賞が授与されたというものだった。

それを横目に野桐は「うまい」とラーメンに舌鼓をうつ。

病室の窓の外には桜の木があり、桜の花が咲き始めていた。

以上、インハンド[12話]ネタバレ「キマイラの血⑦」ネタバレでした。

インハンド[12話]「キマイラの血⑦」の感想

前回、マラソンレースの出場を止める紐倉と高家を無視し出場を強行した野桐。

しかし、途中で走れなくなり棄権してしまうという結果に終わりました。

それを沿道の大型モニターで観ていた紐倉は驚く様子もなく「やっぱりな」という表情でしたね。

野桐はこのマラソンレースでどこが自分の中でも区切りがついたようで今後は治療に専念していく様子でした。

次の日からの治療に備えて出前でラーメンを頼み舌鼓を打つ野桐の様子は心の中のモヤモヤが消えてスッキリしたような感情が垣間見れました。

紐倉が八田に促されてピアノを弾く場面もありました。

その時のいつも冷静な紐倉が動揺した表情を見せていて新鮮でした。

次回からは新しいシリーズがスタートするみたいなのでどのようなストーリー展開になるのか楽しみです。

以上、インハンド[12話]「キマイラの血⑦」の感想でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください