ダイヤのA actⅡ最新話[166話]ネタバレ感想「サマーエンジェルズ」週刊少年マガジン最新刊5月15日

漫画のネタバレ 感想

ダイヤのA actⅡ最新話[166話]ネタバレ感想「サマーエンジェルズ」週刊少年マガジン最新刊5月15日

2019年5月15日の週刊少年マガジン2019年24号でダイヤのA actⅡ[166話]が掲載中です。

本記事ではダイヤのA actⅡ[166話]「サマーエンジェルズ」のネタバレと感想をまとめました!

漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

漫画のネタバレ 感想
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)あいうえお順

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
漫画でダイヤのA actⅡ最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【ダイヤのA actⅡ[166話]ネタバレ「サマーエンジェルズ」】

小湊のヒットにより二塁ランナー・倉持がホームに生還。

5回裏、青道高校に待望の追加点が入る。

「さすがの春様!!青道のブラックサマーエンジェル」

「開眼した春様はもう赤面しない!!」

と、ブルペンで肩を温める沢村はガヤを入れる。

それを聞いた小湊は恥ずかしくなり赤面するのだった。

そして青道高校はここからクリーンナップ。

次の3番バッター・白州は外野の頭上を越える長打を放ち二塁ランナー・小湊がホームに生還。

この回2点目が入る。

「THEアサシン、サイレントキラー」

と、白州のタイムリーヒットにブルペンの沢村はガヤを入れる。

そんな沢村の様子に奥村は、

「投げないなら戻りましょう」

と、少し呆れ気味。

そして次のバッターは4番・御幸。

八弥王子のピッチャー・夏目は御幸の威圧感からかなかなかストライクにボールが入らない。

そして御幸はフォアボールに。

「威圧感!!キャップの無言の圧力」

「この男が無口になると怖い!わかる!」

「普段笑ってる人がキレると怖い!」

と、沢村はガヤを入れる。

その様子を横目に奥村はブルペンからベンチにスタスタと戻って行くのだった。

Sponsored Links
Sponsored Links

次のバッターは5番・前園。

前園は深く深呼吸。

「大きいのはいらん…ショートの頭、セカンドの頭、体の正面で捉えて強く振り切る」

と、頭で考えながらスイング。

正面で捉えた打球は、柵を越えて3ランホームラン。

青道高校はこの回一挙5点追加。

点差を6点に広げるのだった。

前園の3ランホームランに八弥王子のセカンド・川端は苦笑い。

「はは…強ぇー」

「全国行ったらこんなチームがゴロゴロいるんだよな…」

「ますます行きたくなったぜ、甲子園」

その後、降谷をセカンドゴロに打ち取るのだった。

以上、ダイヤのA actⅡ[166話]ネタバレ「サマーエンジェルズ」ネタバレでした。

ダイヤのA actⅡ[166話]「サマーエンジェルズ」の感想

今回は青道高校打線が火を吹き一挙5点を追加する結果になりました。

1番・倉持が出塁しアベレージヒッター2番・小湊がタイムリーヒット。

そして3番・白州も長打でタイムリーヒット。

4番・御幸はフォアボールで、次の5番・前園は3ランホームラン。

まさに青道高校の理想的な点の取り方、クリーンナップの恐ろしさを存分に発揮した5回裏の攻撃でしたね。

前園の3ランホームランの後、八弥王子のセカンド・川端が「全国行ったらこんなチームがゴロゴロいるんだよな…」と心の中で思う場面がありました。

その場面では、あまりの青道打線の強さに川端の心が折れてしまったのかなと思いました。

しかし、川端は「ますます行きたくなったぜ、甲子園」と、逆にこの回を通じて川端の闘志に火を付けたようです。

今後、八弥王子の反撃となるのでしょうか?

次回も楽しみです。

以上、ダイヤのA actⅡ[166話]「サマーエンジェルズ」の感想でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください