東京卍リベンジャーズ最新話[111話]ネタバレ感想「Season opener」週刊少年マガジン最新刊5月29日

漫画のネタバレ 感想

東京卍リベンジャーズ最新話[111話]ネタバレ感想「Season opener」週刊少年マガジン最新刊5月29日

2019年5月29日の週刊少年マガジン2019年26号で東京卍リベンジャーズ[111話]が掲載中です。

本記事では東京卍リベンジャーズ[111話]「Season opener」のネタバレと感想をまとめました!

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
漫画で東京卍リベンジャーズ最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【東京卍リベンジャーズ[111話]ネタバレ「Season opener」】

東京卍會のメンバーは集められ、新年1回目の集会が開かれていた。

集会を仕切るドラケンは、一度は和平協定を結んだ東京卍會と黒龍が八戒と大寿の確執により再び対立し、クリスマスの日の夜にぶつかり合ったことを報告。

そして激闘の末、東京卍會が勝利したことをみんなに報告するのだった。

その後、この件について話したい人物がいるとしてまず八戒が呼び込まれみんなの前へ。

八戒は自分と兄・大寿の確執が大きくなりやがて東京卍會と黒龍の対立に発展し、東京卍會のみんなを巻き込んでしまったことを謝罪。

「全て俺の責任だ。すまなかった」

と、みんなに向かって頭を下げる。

「気にすんな!八戒」

「抗争の火種なんてよ、そもそもいつでもちっちぇえモンだ」

と、伍番隊隊長・ムーチョは八戒に声をかける。

「黒龍には勝ったんだ。結果オーライっしょ」

と、肆隊長番隊・ナホヤも笑顔で八戒に言う。

それに続いて他のメンバーたちも、

「頭上げろよ八戒!」

「誰もお前を責めねーぞ!」

と、八戒に優しい言葉をかける。

その様子を見て八戒は安堵の表情を浮かべるのだった。

次にドラケンは乾・九井を呼び込む。

乾・九井は、10代目黒龍総長・大寿に代わり11代目として黒龍を継いだのだ。

そしてマイキーとの話し合いの結果、黒龍は東京卍會の傘下に入ることにしたと発表。

さらに壱番隊、つまりタケミチの下につくことになったと発表。

Sponsored Links
Sponsored Links

「えぇぇぇー!!!?」

と、タケミチは驚く。

「100%裏があンな」

その発表を聞いた千冬は舌打ちをしそう感じるのだった。

「よろしくな隊長」

「いきなり信じろとは言わねぇ、力が必要な時は言え。手を貸す」

と、乾・九井はタケミチに言うのだった。

そして最後にマイキーが前に立ち、ある発表をするのだった。

「稀咲哲太!お前を除名する」

以上、東京卍リベンジャーズ[111話]ネタバレ「Season opener」ネタバレでした。

東京卍リベンジャーズ[111話]「Season opener」の感想

今回、東京卍會の全体集会が行われました。

そこで八戒と大寿の兄弟での確執が原因で一度は結ばれた黒龍との和平協定が破綻し、クリスマスでの激戦の末、東京卍會が勝利したことがみんなに伝えられました。

そして八戒は自分が原因で東京卍會を巻き込んでしまったことをみんなの前で謝罪し、それを受けたみんなが八戒に優しい言葉をかける場面は微笑ましかったです。

さらにその集会で黒龍が東京卍會の壱番隊つまり、タケミチの下つくことが発表されました。

「100%裏があンな」と言う千冬の言葉通りこれには何か裏があるのでしょうか?

そしてラストにはマイキーが稀咲を除名することを宣言。

突然の発表に驚きました。

なぜ突然マイキーは稀咲の除名を宣言したのか気になりました。

以上、東京卍リベンジャーズ[111話]「Season opener」の感想でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA