ダイヤのA actⅡ最新話[168話]ネタバレ感想「死力」週刊少年マガジン最新刊5月29日

漫画のネタバレ 感想

ダイヤのA actⅡ最新話[168話]ネタバレ感想「死力」週刊少年マガジン最新刊5月29日

2019年5月29日の週刊少年マガジン2019年26号でダイヤのA actⅡ[168話]が掲載中です。

本記事ではダイヤのA actⅡ[168話]「死力」のネタバレと感想をまとめました!

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
漫画でダイヤのA actⅡ最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【ダイヤのA actⅡ[168話]ネタバレ「死力」】

川端がヒットで出塁し、次のバッターは黒瀬。

「大丈夫…見えてる」

「あてに行くな…しっかり振り切れ!!」

と、心の中で思う黒瀬。

「俺らがやってきたことは無駄じゃない」

「まだチャンスは残ってる」

黒瀬は降谷の豪速球を打ち返す。

ヒット性の当たりに降谷は一瞬ヒヤッとするも、

ショート・倉持が打球をワンバンでキャッチ。

そしてすぐさまセカンドの小湊に送球し、アウト1つ。

そして小湊はセカンドにスライディングしてくる川端をかわしながらファーストへ送球。

ファーストもギリギリのところでアウトになり、6-4-3の併殺打。

八弥王子の反撃の流れも青道高校の二遊間倉持・小湊の鉄壁の守備に阻まれてしまう。

八弥王子ナインの最後の望みも目の前で断ち切られてしまうのだった。

セカンドでアウトになった川端は大の字で寝転がりしばらく動けず天を見上げていた。

そして何か吹っ切れた様子で立ち上がる。

川端はどこか清々しい表情を浮かべるのだった。

その後、次のバッターは降谷の球を打ち返すもレフトフライ。

打球はレフト・麻生のグラブに収まり試合終了。

青道高校が7回コールド8-0で勝利。

5回戦にコマを進めるのだった。

Sponsored Links
Sponsored Links

試合終了後、八弥王子の選手たちは負けた悔しさから涙を流していた。

そんななか川端は他の選手を気遣い涙を流す選手一人一人に声をかけ励ましすのだった。

「雅紀、2年半お疲れ様」

応援に来ていた母親と妹に呼び止められた川端。

「毎日の弁当、ユニフォームの洗濯。2年半サポートありがとうございました」

と、川端は母親に頭を下げ感謝を伝える。

そして川端は、

「ご…めん…。父ちゃん…。二人を甲子園に連れて行ってあげれんかった…」

と、父を思いながら涙を流すのだった。

以上、ダイヤのA actⅡ[168話]ネタバレ「死力」ネタバレでした。

ダイヤのA actⅡ[168話]「死力」の感想

川端のヒットで八弥王子に流れが傾いたと思われましたが、次のバッターが併殺打に倒れてしまいました。

倉持と小湊の6-4-3の併殺打は鮮やかでしたね。

併殺打でアウトになった後の川端の清々しい表情が印象的でした。

そのまま次のバッターも抑え8-0で7回コールドで青道高校の勝利で試合終了。

試合終了直後は川端は涙を流す周りの選手を励ましていました。

そして母親へ毎日サポートしてくれたことへの感謝を伝える川端でしたが、徐々に高校での野球生活が終わってしまった悔しさが溢れてきたのかうつむきながら涙を流していました。

自分が誰よりも悔しいはずなのにまずは周りの選手を励ましたりと、他の選手の前では涙を見せない川端の姿にキャプテンとしての気持ちの強さが垣間見れました。

以上、ダイヤのA actⅡ[168話]「死力」の感想でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA