彼岸島48日後…最新話[205話]ネタバレ感想「裏手」ヤングマガジン最新刊6月3日

漫画のネタバレ 感想

彼岸島48日後…最新話[205話]ネタバレ感想「裏手」ヤングマガジン最新刊6月3日

2019年6月3日のヤングマガジン2019年27号で彼岸島48日後…[205話]が掲載中です。

本記事では彼岸島48日後…[205話]「裏手」のネタバレと感想をまとめました!

漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

漫画のネタバレ 感想
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)あいうえお順

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
漫画で彼岸島48日後…最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【彼岸島48日後…[205話]ネタバレ「裏手」】

明も姑獲鳥は共に二回戦を突破し、順調に準決勝へと駒を進めた。

控え室で準決勝の戦いを待つ明は周りを寄せ付けない威圧感を放っていた。

「姑獲鳥を殺す!!」

「息の根を止める!!」

明はそれだけを考え怒りに燃えていたのだった。

すると、ある吸血鬼が明の前に腕を鳴らしながらやって来る。

「貴様か、ん?姑獲鳥様にたてついた狐とかってバカは」

黙る明にその吸血鬼は「返事はどうした、返事は!!」と詰め寄る。

すると明は座ったまま刀を抜きシャシャシャと吸血鬼を斬りつける。

するとその吸血鬼の身体はバラバラになるのだった。

その様子を見ていた他の吸血鬼たちは恐れおののく。

「殺す…姑獲鳥…殺す…」

明はそうつぶやくのだった。

一方、姑獲鳥も特設された控え室で準決勝の戦いを待っていた。

「次の戦いなどどうでもいい、狐だ」

「早くあの狐と刃を交わしたい。」

「今はそれだけが私の楽しみだ」

と、姑獲鳥も明と早く戦いたいとウズウズしていたのだった。

観客席にいる鮫島は、姑獲鳥の控え室に行けば何か弱点などを探れるかもしれないと思い会場の裏手へ。

すると会場の裏手のある一室で吸血鬼たちが姑獲鳥を祈る様子を目撃する。

Sponsored Links
Sponsored Links

しかし、その吸血鬼たちが崇めている写真に写るのはガリガリの少年。

鮫島が不審に思っていると、ある吸血鬼が鮫島に気付き姑獲鳥の過去について話し始める。

実は、吸血鬼たちが崇めていた写真の少年は姑獲鳥の人間だった頃の姿だった。

姑獲鳥は生まれつき病弱で痩せ細っていて、それが原因でいじめられていた。

しかし、吸血鬼になり力が強くなったことでさらに強くなりたいと身体を鍛えアマルガムとなり今では雅の息子と呼ばれるまでにのし上がったのだ。

姑獲鳥は吸血鬼たちの憧れで、その活躍にあやかりたいと吸血鬼たちは昔の姑獲鳥の写真に祈っていたのだった。

その後、明も姑獲鳥も準決勝を突破するのだった。

以上、彼岸島48日後…[205話]ネタバレ「裏手」ネタバレでした。

彼岸島48日後…[205話]「裏手」の感想

今回、姑獲鳥の過去について明らかになりましたね。

姑獲鳥は吸血鬼になる前の人間だった頃は病弱でそのことが原因でいじめられていました。

そして吸血鬼になり力が強くなったことでもっと強くなりたいもっと強くなりたいと身体を鍛え強さを追求したことでアマルガムになり雅の息子と呼ばれるまで強くなったということでした。

一方で、明は「姑獲鳥を殺す!」と怒りに燃えていました。

突然絡んできた吸血鬼を刀でバラバラに切り刻んでしまう場面から明の怒りの気持ちの強さを感じました。

そして明と姑獲鳥は準決勝を勝ち進み、次回はついに決勝戦、明と姑獲鳥の直接対決です。

二人のバトルがどのような展開になるのか楽しみです。

明は姑獲鳥を倒し、勝次を奪還できのでしょうか?

以上、彼岸島48日後…[205話]「裏手」の感想でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください