初✕婚[2話]最新話ネタバレ感想りぼん最新刊6月3日を無料で読む方法!!

漫画のネタバレ感想

初✕婚[2話]最新話のネタバレ感想

本記事では初✕婚[2話]のネタバレと感想をまとめました!

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
女性漫画雑誌「りぼん」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【初✕婚[2話]最新話のネタバレ】

*登場人物
倉下初 高1。まじめすぎる性格で、恋はまだ未経験。

鮫上紺 初の相部屋(ペア)の相手。一見テキトーに見えるけど…?

*これまでのあらすじ
初が入学した七海学園高校は、世界一の結婚を目指し、男女2人部屋で寮生活を送る特別な学校。3年後に「金の夫婦の卵(ゴールデンカップル)」が選ばれ、卒業と同時に入籍&大IT企業の社長に──!
超正確なマッチングシステム“デステニー”で選ばれた初のパートナー・紺は、つかめなくてちょっぴりイジワルなヤツで…!?

~本編~

「旦那にはなる気あるよ 俺」―――…

マッチングシステム”デステニー”で組まれた120組のカップルの中からゴールデンカップルを選び社長にする
七海学園高校 通称”一攫千金婚校”

寮生活に入って初めて紺と一緒に迎える朝―――

初は朝ごはんを一緒に食べようと作ったものの
購買で買うからと断られてしまう

本気で運命の人と出会って結婚するつもりの初は本当に紺に恋できるのか不安を抱く

学校に着いて早々
隣の部屋のカップル 戸亀羽生から昨日はありがとうと声をかけられる初

同じクラスの二人が教室に入ると
そこには女子たちが恋バナに華を咲かせていた

「倉下さんのところはラブラブでしょ」

「なんて言ってもゴールデンカップルの最有力候補なんだからー!」

突然なにを言われているか分からなかった初だったが
セブンオーシャンの社内SNSでは既に有名人になっていた

セブンオーシャンの広報がカップルごとの様子を専用のSNSにアップして
それを見てる社員がつけた評価が3年後のゴールデンカップル選定の指針になる
のだと驚かない様子の紺

「俺はとにかく楽して大金手に入れたいの」

ニヤリとする紺に
何を考えているのかさっぱりな初

――――
体育館では学園長夫妻により新入生歓迎会が開かれた

パートナーとの距離に悩むカップルのためにとあるゲームが用意されていた

風船の中に質問が書かれたカードが入っていてゲットした質問に答え合ってお互いを知ろうという内容だった

紺にはいつもはぐらかされる初もこのゲームなら良い機会だと意気込むが

「ちなみに風船は2人のお腹に挟んで抱きしめ合って割ってね」

パパ以外の男性と手を繋いだこともない初は夫人の破廉恥なゲームに慌てふためく

ところが―――
無理にやることないと言って風船で遊び出す紺

1位を獲って目立ったほうが良いと聞かされていた初は躊躇う

「あら」
「ミラクルカップルはゲーム不参加?」

夫人に声をかけられる紺と初

「パートナーがこういうの苦手みたいなんで 俺たちはゆっくりいこうかと」

紺はにこりと返す

わたしのため…?

初は紺の優しさに嬉しくなった

わたしのことちゃんと見てくれてた…

ゲームが終了し
羽生がパートナーである岩清水との距離が縮まったと喜び

「わたしも!」

と笑顔で返す初

Sponsored Links
Sponsored Links

その夜――――

嬉しくて一緒にご飯を食べようとつい準備をする初

「また俺たちのいいねがぶっちぎりみたい」
とSNSを見て喜ぶ紺

わたしたちは今回は何もしてないのにと不思議がる初だったが

「いや〜ラッキーだったね」

「よそと同じことやっても目立てないからね」

「無駄に抱き合ったりしなくてすんでよかったね」

初は全てが計算された行動だったことに傷付く

「周りも互いも欺いて点数だけ稼ぐなんてやり方は嫌です」

「嘘は嫌いです…」

そうなると本当に俺と恋しなきゃならなくなるけどできるのと返され戸惑う初に
紺はほらねーと言って
夕飯は食堂で食べるからとその場を去ってしまう

翌朝――――

遅れ気味に教室に入る初
その手には昨日の風船がひとつ

SNSでいいねを稼いでいたことを騒ぐクラスメイトをよそに

「違うんです…」

「わたしたち――」

「本当は仲良くないんです」

カミングアウトする初

クラスは静まり返り 紺は最悪だと呟いた

本当はあのゲームがやりたかった
紺のことをちゃんと知りたかったと言う初

紺は驚くも
「とんでもないのと組んじゃったな」
と呆れる

クラスメイトに恥ずかしいから見ないでと言い初と風船を抱きしめ昨日のゲームを再現した

その夜―――

再び初は一緒に食べようとご飯の支度をしていた

質問カードに書いてあった”好きな食べ物”

今晩のメニューは紺の好きなエビフライだった

「まずいっっ…」

それでも

「そうなんです わたし料理上手じゃないんです」

食べてくれたことが嬉しい初

その日の社内SNSではまたもやぶっちぎりのいいねを出す二人だった

以上、初✕婚[2話]のネタバレでした。

初✕婚[2話]の感想

いかがでしたか?
楽しんでいただけたでしょうか?

何を考えてるか分からなかった紺がすこーし柔らかくなった回でしたねー!
本当はゲームやりたかったと本音を言った初も可愛かったけどゲームを再現してくれた紺が赤くなったのも可愛かったです〜♡♡
次話は更に少しずつでも近付けたら良いですね。

次回の初✕婚3話 りぼん8月号(7月3日ごろ)に掲載予定です。

以上、初✕婚[2話]の感想でした。

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA