ダイヤのA actⅡ最新話[169話]ネタバレ感想「見据える先」週刊少年マガジン最新刊6月5日

漫画のネタバレ 感想

ダイヤのA actⅡ最新話[169話]ネタバレ感想「見据える先」週刊少年マガジン最新刊6月5日

2019年6月5日の週刊少年マガジン2019年27号でダイヤのA actⅡ[169話]が掲載中です。

本記事ではダイヤのA actⅡ[169話]「見据える先」のネタバレと感想をまとめました!

漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

漫画のネタバレ 感想
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)あいうえお順

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
漫画でダイヤのA actⅡ最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【ダイヤのA actⅡ[169話]ネタバレ「見据える先」】

八弥王子を下し5回戦進出を決めた青道高校。

その後、沢村たちは次の自分たちの対戦相手が決まる4回戦の試合を観戦していた。

その試合は法兼学園が優勢で、法兼学園はアッパースイングを多用する高校だと分析。

アッパースイングを多用する戦略は今メジャーリーグを席巻している打撃理論で、これによりメジャーの年間ホームラン数は激増したと奥村は沢村に説明。

実際、小湊もさっきの試合で八弥王子側が低めでゴロを打たせたいという狙いを見抜き、アッパー気味にスイングしセカンドの頭を超える打球を打っていたのだった。

しかしアッパースイングにはリスクがあり、短所も多いことを話すのだった。

その後、法兼学園のバッティングなどを見ていた御幸は、

「このチームは初球から難しいボールに手をだ 出したり、荒さもかなり目立つ」

「お前のナンバーズはとらえにくいんじゃねぇかな」

と、沢村に話す。

それを聞いた沢村は、

「でもそれは、俺が俺のピッチングをできてこそ」

「早くマウンドに立って証明したいです」

と、気合いを入れ直すのだった。

練習場では、結城・由井がそれぞれ次の試合に向けてバッティングの練習をしていた。

そして4回戦が終わり、11対3のコールドで法兼学園が勝利。

青道高校の次の対戦相手が法兼学園に決まったのだった。

監督たちは誰を次の試合投げさせるか話し合っていた。

そんななか、奥村はキャッチャーとして薬師と三高の試合を観に行きたいと志願。

Sponsored Links
Sponsored Links

「…わかった。キャッチャーとしてしっかり試合を観てこい」

と、監督は奥村に言うのだった。

その頃、沢村は部屋にいたすると沢村のスマホが鳴る。

沢村がスマホを見るとLINEが来ていた。

その相手は天久からで「勝ったみてーだな。今日投げたか?」という内容だった。

以上、ダイヤのA actⅡ[169話]ネタバレ「見据える先」ネタバレでした。

ダイヤのA actⅡ[169話]「見据える先」の感想

今回、次の5回戦で青道高校の対戦相手が法兼学園に決まりました。

法兼学園はアッパースイングを多用する高校だということで、沢村たちは4回戦の法兼学園の試合を見ながら色々と分析していましたね。

アッパースイングを多用する戦略は今メジャーリーグを席巻している打撃理論みたいです。

メジャーリーグでアッパースイングが多用されていると言う話は前に聞いたことがありましたが、詳しいことは知らず、その長所や短所など今回の話の中で説明されていて勉強になりました。

ラストには沢村のスマホに天久から「勝ったみてーだな。今日投げたか?」とLINEが送られて来ていました。

この突然のメッセージの意図が気になりました。

次回はどんな展開になるのか楽しみです。

以上、ダイヤのA actⅡ[169話]「見据える先」の感想でした。

Sponsored Links
Sponsored Links

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください