恋人は旦那さま[24話]最新話ネタバレ感想「私だけのおとぎ話」プチコミックPetit最新刊6月8日を無料で読む方法!!

漫画のネタバレ感想

恋人は旦那さま[24話]最新話「私だけのおとぎ話」ネタバレ感想

本記事では恋人は旦那さま[24話]「私だけのおとぎ話」のネタバレと感想をまとめました!

漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

漫画のネタバレ 感想
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)あいうえお順

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
女性漫画雑誌「プチコミックPetit」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【恋人は旦那さま[24話]最新話「私だけのおとぎ話」のネタバレ】

*登場人物
朝比奈結 旧姓門蔵。捨て子だった。姉、愛のお見合いを断りに行くも幸介に惚れ結婚することに。家族の仕事の手伝いをしている。

朝比奈幸介 イケメンだが海洋生物ヲタク。教授の勧めで結の姉と見合いするはずが結の人柄に惹かれプロポーズする。

*これまでのあらすじ
どんどん好きになるスイート新婚ライフ!多忙な姉の代理として、お見合い話を断りに行ったその先で、出会った男性に「ついうっかり」の逆プロポーズ! アーンド結婚成立!?この人となら幸せになれるかも――家族愛にあふれた結(ゆい)と、見た目はモテそうなのにちょっと不器用な幸介(こうすけ)さんの、ほんわか新婚生活スタート!

~本編~
「あらもったいない
大根の皮ずいぶんと厚くむくのねぇ」

キッチンでそう言うのは年配で和服の女性だ

千切りにしてお味噌汁の具材にするからそれで良いのだとやや反論するように返した

これはもしかして――――

嫁いびりというやつでは!?と結は心の中で感じていた

遡ること数時間前――――

フリーになってから忙しくなった幸介は日曜も仕事

お昼過ぎ料理の仕度を始めようとしたその時―――…

「初めまして 私 日吉まち子といいます
朝比奈家で長年家政婦をしていました」

幸介との結婚祝いを持ってきたとそのご老人は訪ねてきたのだ

「幸介ちゃんにどんな素敵なお嬢さんが来るかと楽しみにしてたんですけどね
恩師のご縁じゃしょうがないですわねえ」

表情は優しいが言葉に棘を感じ戸惑う結

むこうで鍋の吹きこぼれる音がし結が慌てているとそのご老人は手伝うと言って勝手に家に上がり込んできた

まち子が働き始めた幸介が3歳くらいの頃は偏食がひどく最初は菓子パンとプリンしか食べなかったという

身寄りのいないまち子はそんな幸介が孫のようでそして幸介の父が息子のようで放っておけなかったのだそう

今の幸介があるのはこの人のおかげなんだと合点した結

幸介が仕事を終えた頃―――

結からその出来事の連絡が入った幸介は驚いた

そしてまた

帰宅した幸介の話を聞いて結も驚くのだった

「え?亡くなってる?――――って
日吉さん?
まさかぁ~」

幸介の話によれば
すでに日吉まち子という家政婦は亡くなっていて
結婚して最初の盆だから会いにきたのではないかということだった

その夜 結は眠りにつく前に考えていた

もし本当にお盆だからまち子がきたのなら

本当にもういない人が帰ってくるなら

一度くらい会いに来てほしい―――…

思い出すのは
昔 母の”友達”の見舞いに行った時のことだった

とてもおぼろげだが
その人はもしかしたら自分の本当の―――…

そう考える結は
もうボロボロだが手縫いの幼いころのおくるみを取り出した

こんな手縫いのおくるみをくれる人が自分の子供を手放す理由はなんなのか…結はいつも考えていた

ずっと大切に心にしまっていた自分だけのおとぎ話
そしてもし

母に会えたなら幸介を紹介したいと思う結

Sponsored Links
Sponsored Links

ある夜――――

その日幸介と結はもらった盆踊り大会の夜店で楽しんでいた

すると幸介は人混みの中に”知り合い”を見つける

だが次の瞬間には消えていて気のせいかもしれないと思う幸介

そして結も

一人の女性がこちらに近づいてくるのが目に留まった

その人は 自分がおぼろげに覚えていた―――…

幸介に声をかけられた瞬間

その女性は消えていた

今そこにいた女性はと幸介に問う結だったが

幸介には見えていなかったのかはたまた自分の勘違いだったのか

それ以上話すのは止めておいた

そんな二人のうしろ姿に向かってその女性は静かに呟いた

「また来るね」

一方その頃

幸介の父である洋介にもまた会いたくても会えない人が帰ってきていた

出会ったころの妻 幸子

病に侵され「幸ちゃん たのむね」と幸子が残した最後の言葉

ソファでそんな夢を見ていた洋介の傍には出会ったころの幸子が寄り

添っていることを

彼は知らないのだった――――

以上、恋人は旦那さま[24話]「私だけのおとぎ話のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

恋人は旦那さま[24話]「私だけのおとぎ話」の感想

いかがでしたか?
楽しんでいただけたでしょうか?

今回のお話は感動でした~。

幸介のお父さんやお母さん、結の本当の?お母さんについて色々知ることができた内容でしたね。しかも、こもも先生すんごい自然に入れ込んでくれる!!から不思議と前から知ってました感でますよね。

感謝。

次回の恋人は旦那さま25話は、プチコミックPetit8月号(7月8日ごろ)に掲載予定です。

以上、恋人は旦那さま[24話]「私だけのおとぎ話」の感想でした。

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください