蒼竜の側用人[35話]最新話「竜の呪い。共に、国を築いてきた同志。」ネタバレ感想花とゆめ最新刊6月20日を無料で読む方法!!

漫画のネタバレ感想

蒼竜の側用人[35話]最新話「竜の呪い。共に、国を築いてきた同志。」ネタバレ感想

本記事では蒼竜の側用人[35話]「竜の呪い。共に、国を築いてきた同志。」のネタバレと感想をまとめました!

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
女性漫画雑誌「花とゆめ」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【蒼竜の側用人[35話]「竜の呪い。共に、国を築いてきた同志。」のネタバレ】

*登場人物
ルクル 生まれ育った村 カディアスに居場所を無くした巫女。双子の妹。

ユリウス アズファレオ王国を統べる王。竜の呪いのせいで竜の姿になっている。自分の意思で人型に戻ることはできない。

*これまでのあらすじ
カディアス村という村で生まれ育った少女ルクル。ルクルは双子の姉ミレアとともに巫女を務めていたが、自分より巫女の才能があった姉の存在や父の冷たい言葉などで居場所を失い、村を出る。
そんな彼女が新たに得た仕事はアズファレオ王国の宮殿に棲む竜・ユリウスの世話係だった。気性も荒く気難しい性格のユリウスに初めは恐る恐る接していたルクルだったが、少しずつ彼の不器用なやさしさに気づきはじめ、2人は絆を深めていく。

~本編~

「ユリウスはもういない 力は返してもらう この体ごと」――――

ユリウスの姿をした彼がそう言うがルクルは意味が分からず近寄ろうとする

しかしギロリと睨まれ体が強ばってしまうルクル

ナイフを持って近付こうとすると衝撃波のようなもので跳ね飛ばされたクライヴ

リーアが突然現れ
ユリウスからクライヴを庇おうとする

実験のためユリウスに薬を試したことで事態の収集がつかなくなっていた

ルクルがユリウスを止めようとすると冷たい瞳で離せと突き放される

ようやく彼がユリウスではないと気付いたルクルに彼が”竜の力の正体”なのだと言った

一方――――

地下牢ではステラによりオーラン・ラキア・マユシュカ・レインズが救出されていた

ユリウスを助けに行きたいと相談するが
それは全国民の前で王だと名乗ったあの男を敵に回すことになる…

レインズは悩んだ

あの男が偽物だと証明することは
誰が本物の王なのかを明らかにしなければならない

それは許されることなのか―――

Sponsored Links
Sponsored Links

ユリウスはこれまで尽くしてきたこの国の民のことを信じてみないかとオーランは言う

扉を壊し突き進もうとする竜の力

ユリウスが大事にしている宮殿を壊さないでと彼の腕にすがりつくルクル

しかし彼はこの国が大事なら侵略され言いなりになるなと怒りを露わにした

ユリウスは弱くいつも何かに迷っていると

ユリウスがいつも迷うのは優しいからで王様の前に一人の人間だからだとルクルは言い返すが

王に個はいらないと否定される

王はいつも孤独で愛し愛される者がいても最後には王のもとを去った

ユリウスが王として自分の気持を捨てなければいけないのなら私がその気持を守ると言うルクル

ユリウスが王としてあり続けるのなら竜の姿のままであり添い遂げることは出来ないと彼は言う

「あなたが人でないのが悲しい 必要な時に抱きしめてほしいのに」―――

どんな姿でも側に要られたらいいと言うルクル

彼はユリウスが王としての務めを果たす時
ルクルのことを切り捨てる日が来るかも知れないと言った

ルクルはそれが彼の本心ならば仕方ない

でも

王として心に嘘をついているのなら絶対側にいてユリウスの心の居場所になると言い切った

ルクルの言葉に完全に乗っ取ったはずのユリウスの身体が反応する

彼はこの二人なら

今までなかった結末が見れるかも知れないと感じ始めた

その様子を見ていたクライヴとリーア

クライヴはリーアの薬を作るために彼の血をもらおうとナイフを手に立ち上がった

リーアはクライヴがそうしたいならと
一緒にナイフを握る

突然何かを感じ取った彼は走り出して宮殿の外に飛び出した

外はすごい雨と風

しかし宮殿の前には大勢の国民がユリウスのことを心配して集まっていた

ルクルは嬉しくなりその場に泣き崩れた

彼は呆然と

その光景を見ていた―――

以上、蒼竜の側用人[35話]「竜の呪い。共に、国を築いてきた同志。」のネタバレでした。

蒼竜の側用人[35話]最新話「竜の呪い。共に、国を築いてきた同志。」の感想

いかがでしたか?
楽しんでいただけたでしょうか?

乗っ取られたユリウスにルクルの声が届いていることに安心しました。

でもひとつ心配なのはクライヴとリーアですね…。刺さないでぇー。お願いしますー。怖いよぉー。
次回、民からの厚い信頼に加えて超絶心配です。

次回の蒼竜の側用人36話は、花とゆめ14月号(7月5日ごろ)に掲載予定です。

以上、蒼竜の側用人[35話]最新話「竜の呪い。共に、国を築いてきた同志。」の感想でした。

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA