乙女椿は笑わない[8話]最新話ネタバレ感想 ココハナ最新刊​6月28日​を無料で読む方法!!

漫画のネタバレ感想

乙女椿は笑わない[8話]​最新話のネタバレ感想​

本記事では乙女椿は笑わない[8話]​のネタバレと感想をまとめました!
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、女性漫画雑誌「ココハナ」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!
☆今から1ヶ月間無料視聴する☆ ↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

↑ ↑ ↑
【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】 ☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます ☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【乙女椿は笑わない[8​話]最新話​のネタバレ】

*登場人物
菅野椿 文房具売り場勤務。25歳。過去のトラウマが原因で、笑うことができない
葛城斗真 椿の母・百合子から娘を笑わせてと頼まれる。葛城家次期跡取り候補

*あらすじ
文具店に勤める菅野椿は人前で笑うことができない。ある日の仕事帰り、道で眼鏡を落とし動けなくなった椿を男性が助けてくれる。その男性は、実は椿が幼い頃に生き別れた母親・百合子から娘を笑わせてと頼まれてやって来た葛城家の次期跡取り候補・斗真だった。
眼鏡が割れて動けない椿は、そのまま斗真に父親が経営する居酒屋まで連れて帰ってもらう。そこで斗真は椿の父親から、椿が笑わなくなったのは、死んだと嘘をついていた母親が本当は他の男と出て行ったことを彼女が高校生の時に知ってしまったからだ、と聞かされて…。

~本編~

濃密な一日を終え 葛城家を後にした椿―――――

椿はじんわり汗をかいて目が覚めた

葛城家が夢にまで出てきたのだ

「勘弁してよ…」

思わず呟き ふと 斗真に相談してみようと携帯を手に取ると

“葛城斗真が退出しました”

何かあったのか心配になった反面
もしかしたら拒否されたのではないかと不安が過ぎる椿だった

翌朝――――――
社員か出勤すると早朝にも関わらず掃除をしていた椿
いつにも増して早いなといわれた椿は無性に体を動かしたかったからと答えた

――――――一方アラスカでは
ホテルの部屋で過ごす斗真は考え込んでいた

どうしたのか尋ねる部下に
倉田に消された椿の連絡先を思い出そうとしていると答える斗真
アラスカでの出張に随行してくれている部下に改まったお礼を述べ明日のスケジュールを伝えて別れた

すると匠海からのメッセージ
椿という女性が自分の部屋にきたという
驚く斗真はそれがいつの話なのか詳しく聞きたいと返すとめんどくさいと斬り捨てられるのだった

その頃―――――
店頭に立つ椿の元に小さなお客様が現れた
「あかえんぴつってどこにありますか?」

ひとりで来ていることを店長と話していると
何やら母親らしき人物が陰で見ていることに気が付いた

「お母様とお買い物の練習ですね」

そういった椿は以前匠海の世話係から聞いた話を思い出していた

――――”湊坊ちゃんにも湊坊ちゃんなりの事情があるんですよ”
湊は連れ子であり椿と同じ境遇であったこと
跡継ぎになるため努力を重ねてきた結果
椿という実子が現れ跡継ぎの座が揺らいでいること
そのことで椿に辛くあたる湊の気持ちを汲み取ってほしいという世話係
複雑な思いのまま小さなお客様が買い物を終えて去っていくのを見つめていた

万年筆売り場に戻った椿に声をかけてきたのは
小野田商事の小野田裕樹だった
職場にまでくるのかと不快を表す椿をよそに店で一番高い万年筆を見たいという小野田
すると向こうから単刀直入に言うとと切り出した
「僕を選ぶべきだ」

続けて
須藤コーポレーションや津雲物産そして葛城家の悪口や小言を言い出した

人の悪口をきいている暇はないという椿に悪口ではなく必要な情報だという小野田

君のためのと言って椿の手を握る
気持ち悪くなり咄嗟に避ける椿

Sponsored Links
Sponsored Links

小野田は不敵な笑みを浮かべながら言った

「その万年筆 全部もらおうか」

まさに自分の立場や経済力や存在をひけらかすようだった

何も知らない店長は小野田のブラックカードに大興奮だったが見送りの際に椿はもう来ないでくださいと冷たく言い放った

なんでもないようにまた来ると言って去っていく小野田の背中に怒りを覚える椿だった

就業後―――――
ため息をつきながら帰路につく椿を待っていたのは
薔薇の花束を持った須藤コーポレーションの須藤だった

するとそこに更なる客が現れた

津雲物産の津雲だった

想像してしたより地味だった椿を見て落ち込むも食事に誘う津雲

須藤と津雲に火花が飛び散り
互いに椿を取り合う二人

落ち着かせようとするが聞く耳を持たなかった

そこに突然

「クソ椿!」

車から呼ぶ声の主は湊だった

椿は驚いたがその場から逃げるように車に乗り込んだ

「クソってなんですか」

開口一番切り出した椿に湊は待ってろと言ったのに勝手なことをしたからクソだと答えた

しかし椿にはちょうどよかった

なぜなら伝えたいことがあったから

――――「私 湊さんと結婚前提につきあいます」

以上、乙女椿は笑わない[​8話]​の​ネタバレでした。

乙女椿は笑わない[​8話]​の感想

いかがでしたか?
楽しんでいただけたでしょうか?

…えっ?
…ん?

なぜなの椿さん。どーしたの椿さん。
斗真が帰ってくるの待ってよ椿さん。
何がどうなったんでしょうか?
湊の立場や事情を知って同情した?何か企みでも?
待てない…
来月が待てないです、わたし。

次回の乙女椿は笑わない9話は、ココハナ9号(7月28日ごろ)​に掲載予定です。
以上、乙女椿は笑わない[​8話]​の感想でした。
☆今から1ヶ月間無料視聴する☆ ↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

↑ ↑ ↑
【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】 ☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA