古屋先生は杏ちゃんのモノ[35話]最新話ネタバレ感想りぼん最新刊7月3日を無料で読む方法!!

漫画のネタバレ感想

古屋先生は杏ちゃんのモノ[35話]最新話のネタバレ感想

本記事では古屋先生は杏ちゃんのモノ[35話]のネタバレと感想をまとめました!

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
女性漫画雑誌「りぼん」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【古屋先生は杏ちゃんのモノ[35話]最新話のネタバレ】

*登場人物
宇佐美杏 京都のカフェでバイトする高1。元気で積極的な性格

古屋先生 杏のクラスの新担任。国語担当。ヘタレなのに生徒の前ではかっこつけ。

*あらすじ
禁断すぎ!前途多難な初恋ストーリー。
宇佐美 杏。高校1年生!友達も彼氏出来ちゃったし、バイト先のカフェにいる恋人達もみーんな幸せそう。ええなー。うちもそろそろ彼氏ほしいわぁ!今日もまた、プロポーズするお客さんのためケーキ運んでます…。
あれ、でも今日は、男性の完全勘違いでカップルじゃなかったみたい。そんな残念トホホ男に学校で再会!?しかも、まさかの担任の先生だった──!?

~本編~

「GWみんなで勉強合宿しませんか?」

放課後いつものメンバーで古屋のいる資料室に集まっていたとき

突然なるるが言い出した

それなら…とジョーが自分の家の別荘を使えばいいと提案

ところが杏にとって一番来て欲しい古屋はその日に仕事が入っていた

残念がる杏が一体誰が勉強を教えてくれるのか聞くと

「俺がおしえるやん 手とり足とり」

そう言って杏の手を握る君嶋

そんな二人を引き離す古屋

あの日以来

君嶋を意識する杏はひとり考え込んでいた

合宿当日____

琵琶湖を目の前に建つ別荘に感激するなるると杏

「うちらに遠慮せんとジョーのとこ行きや」

付き合って初めての一泊旅行なんだからと杏は小声で言った

「付き合う?」

城ヶ崎の気持ちが分かって嬉しかったがまだ早いと笑って言うなるるにジョーが気がかりな杏だった

______

昼食にカレー作りを始める杏たちに手伝うと言ってきた君嶋

「大丈夫やし…」

なるべく君嶋と距離を置こうとする杏だったが

「かしてみ」

切り方がヘタだと包丁を持つ杏の手に君嶋が手を添えた

顔を真っ赤にして慌てて離れようとした杏が指を切った

「あほ、何やってんねん」

そう言って切った指に口を添える君嶋

Sponsored Links
Sponsored Links

咄嗟に離れたが君嶋にドキドキしてしまう自分に悩んでいた

そんな杏の様子を遠目から見ていたいのりだった

_____

勉強の時間になっても必要以上に君嶋から離れようとする杏

教えようと近づいてくる君嶋に自然と顔が赤くなってしまう

「もうやめてよ!」

必要以上に近づいてくる君嶋に杏はつい声を荒げた

我に返った杏は謝り

いのりがフォローに入ろうとした時

落ちた君嶋の参考書に気が付き驚いた

“慶應義塾大学”____

君嶋はいのりに言うなと口元に人差し指を立てて合図した

_____

ひと段落ついた後のバーベキュー

杏は君嶋から遠く離れていた

みんながそれぞれ進路についての話をしていた時

君嶋は俺も進学と答えた

そんな君嶋をいのりは不安そうに見つめていた

楽しそうなみんなの姿を見て

____このままずっとみんなでいれたらいいのにと思う杏だった

バーベキューの後

なるるとジョーはバルコニーで話していた

なるるが笑って話している姿を見てジョーはキスをしようとする

「何するんですか!」

そう言ってなるるはジョーを殴り走り去ってしまった

その話を聞いて驚くいのり

付き合ってもないのにひどいと話すなるるにいのりは聞いた

「じゃあ誰か他の人と付き合ってもいいの?」

それは嫌だと素直に答えるなるる

「城ケ崎くんも同じ気持ちだと思うよ 好きだからキスしたかったんじゃないの?」

ジョーを傷付けた現実になるるは泣きながら部屋を出て行ってしまった

「杏は君嶋くんに彼女できたらどうする?」

突然のいのりからの質問に驚きながらも笑っておめでたいやん!と答える杏

「ほんとに?」

今まで杏の近くで杏を守ろうとしてきた君嶋の姿を思い出す

「正直わからへん。前はそんな風に見れへんかったけど、今はハッキリ拒否できひんねん。キミシマンが本気やって知ってから意識しちゃって…」

涙ぐみながら最低やんなと話す杏にいのりは優しく言う

「人の気持ちに正解なんてない」

杏が出した答えが正解だから私はどっちでも応援すると言ってくれた

外で風に当たって来たらといのりに促された杏

____「ごめんね先生」

これくらいは手貸してもいいよね

そう言っていのりは君嶋にメールを送るのだった

杏がひとり座っているとそこに君嶋が現れた

慌てて威嚇する杏に何もせんからと隣に座る君嶋

杏が困ると呟くと

「なんで?俺のことが気になるから困るってこと?」

真剣な顔で聞いてくる君嶋に何も言えなくなる杏

すると君嶋は杏を抱き寄せた

君嶋を嫌いになりたくないと口では抵抗する杏

「いいよ 嫌われてもいい 杏の心の中に残れるなら」

「嫌なら杏が突き飛ばして」

そう言ってキスをしようとする

その時

何かが落ちた音がして振り向くと

そこには古屋が立っていた____

以上、古屋先生は杏ちゃんのモノ[35話]のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

古屋先生は杏ちゃんのモノ[35話]の感想

いかがでしたか?
楽しんでいただけたでしょうか?

ちょちょーー!ちょちょちょちょーー!!

杏ちゃん。
杏ちゃんフラフラですやん。ダメダメー!
古屋先生も君嶋も可哀想だからダメー!

いのりは100歩譲りますよ。きっと君嶋に想いを寄せているのでは?と思われます。

しかーし!

杏ちゃん…あなたはお察しの通り悪女です。チーン。

次回の古屋先生は杏ちゃんのモノ36話 りぼん9月号(8月3日ごろ)に掲載予定です。

以上、古屋先生は杏ちゃんのモノ[35話]の感想でした。

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA