最愛の男に銃口を[2話]最新話のネタバレ感想モバフラ最新刊7月8日を無料で読む方法!!

漫画のネタバレ感想

最愛の男に銃口を[2話]最新話のネタバレ感想

本記事では最愛の男に銃口を[2話]最新話のネタバレと感想をまとめました!
P

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
女性漫画雑誌「モバフラ」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【最愛の男に銃口を[2話]最新話のネタバレ】

*登場人物
海里 売れない俳優。
響 ヤクザ

*あらすじ
ムカつくのに…この男に、抗えない…っ!! 海里は落ちぶれた舞台俳優。仕事が欲しくて、男にも奉仕する日々。この日の相手は、妙に迫力のある男・響。響はヤクザで、海里の心も身体も、いとも簡単に征服して…!?
禁断✕BL

~本編~

“9日 クイーンズホテルで H.K”

海里は自分の気持ちを確かめたかった

ただそれだけだった_____

響の抗えない愛撫にただ感じる海里

窓に手をつき今にも見えそうな際どい体勢に戸惑う

「見せつけてやれよ お前のそのやらしい顔」

恥ずかしいのに感じてしまう

確認したいことがあるのに

響に会うと全てがどうでもよくなってしまう

____もうすぐで達しそうなとき

響の携帯が鳴った

出るのかよと思ったが響にも事情があるんだろうと察する

あのまま

仕事をもらえば終わると思っていたのに…

響の背中を見ながらそんな事を考えていた

「わかったすぐ行く」

そういって上着を羽織り扉に向かう響

「あっあの響さん!?」

慌てる海里を後目にまた連絡すると言って出て行ってしまった

呼び出したのそっちじゃんと毒吐く海里だったが

響の指示通り待つしかなかった

稽古に明け暮れていたある日

肌身離さず持っていた携帯が鳴る

“今夜23時この前のホテルで”

久しぶりの響からの連絡

涙が出るほど嬉しかった

______

今度こそハッキリさせようと意気込み

ひとりホテルで待つ海里

シャワー浴びるにも

肌の手入れをするにも

理由をつけては響と会えるのを楽しみにしているわけじゃないと自分に言い聞かせる

_____ハッと目が覚めたときには深夜の3時

なんとなくトイレや風呂場を覗いてみるものの響の姿はなかった

なんでこねぇんだよ____

怒りでドアにクッションを投げ付けた

バイトも替わってもらって

明日の予定も全部キャンセルしてここに来た海里

虚しくて悔しくて涙が出た

するといきなり響がドアを開けて入ってきたのだ

「おとなしく待てと言わなかったか?」

海里は涙を見られまいと必死に隠し

遅れるなら連絡しろよと呟く

海里が見ていないところで

響は自分のシャツに血か付いていることに気付き上着を着直す

「…急な予定が入ったんだよ」

Sponsored Links
Sponsored Links

だからって!

そう言って海里は怒りをぶつけた

「どうしようがオレの勝手だろ お前とは遊びなんだから」

響からの一撃に言葉を失う海里

ふつふつと沸き上がる怒りで響に殴りかかった

あっさり避けられ逆に腕を取られる

「オレのコトが好きなのか?」

海里は期待した自分を憎んだ

大っ嫌いだと言いながら泣く海里を見て

響は再び興奮を覚えた

「そうか」_____

その言葉と同時に海里を掴み深いキスをする

息もままならないほどの激しいキスに海里はあっさりとベッドへ倒された

「本当に嫌いなら殴れよ」

響はここだと言って海里の拳を自分の顔まで持ってこさせた

そのまま拳にキスをし

腕 脇へと舌を這わせる

疼く海里の体

感じてしまう自分の体が悔しかった

殴らねぇんなら抱くと言って

響は海里の中に入った

激しく抱かれながら海里は正直に打ち明ける

「…正直…あんたに惹かれてる」

触れてほしいと思ってしまう

「だったらオレをもっとたぎらせろ」

お前はオレの大切なオモチャなんだからと響は言った

“大切な”______

海里はもうそれだけでよかった

それだけでこの人のそばにいたい

そう思った

以上、最愛の男に銃口を[2話]最新話のネタバレでした。

最愛の男に銃口を[2話]の感想

いかがでしたか?
楽しんでいただけたでしょうか??

切ない〜。
この先に未来がないと知りながらも少しでも響が必要だと言ってくれるならそばにいたいと思う海里。

響に飽きられないようオモチャとして尽くすってことですもんね。切ない。

しかーし!見逃しません。
響のワイシャツの血痕!どんな仕事してんねーん。ヤバいやつ〜。響の身に何も起きなければ良いのですが。

とりあえずは次回もまだ海里は必要とされるオモチャということで乞うご期待♡♡

次回の最愛の男に銃口を3話は、モバフラ27号以降に掲載予定です。

以上、最愛の男に銃口を[2話]最新話の感想でした。

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA