みらいのダンナさま[7話]最新話ネタバレ感想ベツコミ最新刊7月13日を無料で読む方法!!

漫画のネタバレ感想

みらいのダンナさま[7話]最新話ネタバレ感想

本記事ではみらいのダンナさま[7話]最新話のネタバレと感想をまとめました!

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
女性漫画雑誌「ベツコミ」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【みらいのダンナさま[7話]最新話】

*登場人物
沖田みらい 高校生。占い師に以下3人の中の1人といずれ結婚すると予言される。

芹沢章臣
みらいの高校の同級生。等身大の恋を教えてくれるイケメンモテ男子。

甲斐先生
クラスの担任教師。いつも優しい包容力で助けてくれる、初恋の相手。

百瀬歩
お互いを知り尽くした、年下の幼なじみ。

*あらすじ
女子高生のみらいは占い師に、「あなたはこれから3人の男性と中を深めていく。そして将来、そのいずれかの男性を結婚相手として選ぶことになる。」と予言される。思い当たるのは…イケメンモテ同級生の芹沢章臣くん、みらいの幼なじみ・歩くん、歩の従妹でみらいの学校教師・甲斐先生…!?

~本編~

夏休み目前_____

ナベや萌絵たちと海や水着について盛り上がるみらいみらい

クールな章臣はゲームをしていて話に入ってこようとしない

「芹沢も沖田のビキニ見たいよなー?」

突然何を言い出すのかと戸惑うみらいだったが

章臣は興味がないとキッパリ

「つーかそういう話は男のいないとこでしろよ」

あの一件以来

みらいは章臣の言動がいちいち気になって仕方がない

意識してないと言えば嘘だった

だから章臣の興味がないは

みらいにとっては複雑だった

「誰かスマーン」

ノートの返却を手伝ってほしいとクラスに呼びかける甲斐

みらいがすかさず手を挙げた

「働きモンだな沖田 委員長だからってあそこまですることないのに」

だったらお前が動けよと思わず萌絵にツッコむナベ

「…好きでやってんだろ」

深い意味を持つこの章臣の一言を気にかける人はいなかった

Sponsored Links
Sponsored Links

職員室での作業中

甲斐の手に触れてしまい咄嗟に避けられるみらい

今日の放課後の委員会の詳細についてお達しがあったがみらいはそれどころではなかった

職員室を出てから甲斐の態度にショックを隠せないみらい

もしかしたら自分の気持ちに気づいて甲斐を困らせてしまっているのかもしれないと焦る

委員会について何か伝えにきてくれた生徒の話も

みらいは全く耳に入っていなかった

_____

「ねー沖田さん来たー?」

章臣が廊下を通るとみらいを探して困っている生徒が目に入る

一方_____

みらいはいつも通り保育園にきていた

頭の中は甲斐のことしかない

章臣にも気持ちがバレていてそんなに分かりやすかったのかと反省するみらい

一方で章臣からの告白もまたみらいの頭を占めていた

するとみらいの携帯が鳴る

“学校”からの着信に

委員会について詳細を教えてくれていた生徒のことをハッと思い出した

_____「本当にすみませんでした!」

翌日甲斐に謝罪するみらい

昨日の委員会ではみらいしか把握していない書類があり長引かせてしまったと言う

いつもなら優しくフォローしてくれる甲斐の厳しい言葉に

自分を突き放そうとしていると確信する

傷付いた表情で本当にすみませんでしたと謝るみらい

昨日の委員会には章臣が出席したのだと言い

この機にバックアップしてもらえと助言した

ショックを隠しきれないみらいはそのまま職員室を去った

甲斐もまた

みらいのその表情に困惑するのだった

「芹沢くん…!」

委員会の出席を謝るみらい

章臣は仕事の分担を提案するがみらいは自分の役割だからと素直になれないでいた

すると

突然章臣に頬をつねられ廊下に連行される

「センセーに叱られたのか?」

当然だよとみらいは苦笑する

すると再び章臣に頬をつねられ

「強がんなよ」

おれには隠す必要ない

今しんどいんじゃないのかと優しく声をかけてくれた

すきなひとに初めて叱られた

気持ちに気付かれて嫌われたかもしれない

情けない

苦しい

今までひとりで抱えていた色んな感情がふつふつと湧いてきて

みらいは手で顔を覆いながら泣いた

「あー泣くならおれの胸で…」

突然の章臣の一言に驚き後ずさりするみらい

今度はどつかれたくないからと前もって言ってみたと言う

「やっと二人きりになれたから」

そう言って章臣がみらいに近付く

「なら心の中でなら抱きしめていい…?」

みらいは戸惑いながらも

すがりつきたい思いに駆られる

ところがその状況を歩に見つかった

みらいの涙に驚き

章臣を責めようとする歩

「たぶらかされてるよ きっと!」

否定するみらいをよそに

その場から去ろうとする歩に手を引かれながら

みらいは振り返り章臣を見つめていた

以上、みらいのダンナさま[7話]のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

みらいのダンナさま[7話]最新話の感想

いかがでしたか?
楽しんでいただけたでしょうか?

曖昧〜。
みらいちゃんちょっーと曖昧ですねー態度が。

甲斐先生が好きなのはわかるけれど、章臣に支えられてすがりつきたくなって、歩に警告されてそのまま章臣を置き去りにするとか…。

若干腹立ってきましたよね、そろそろ。

羨ましくて。御三方に。言い寄られて。イケメンズにね。

そこかってね。いやそこです。だって可愛いから仕方ないですよね。すがれるイケメンがいたらすがりたい!わたしも!逆ハーレムですよ!

まだまだ大人な甲斐先生に振り回されちゃうとは思いますが、その傷付いた心に入り込んでほしい!章臣FIGHT!

歩…は、うん…。OK!笑

次回のみらいのダンナさま8話は、ベツコミ9月号(8月10日ごろ)に掲載予定です。

以上、みらいのダンナさま[7話]の感想でした。

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆