恋するMOON DOG[9話]最新話ネタバレ感想花ゆめAi最新刊7月20日を無料で読む方法!!

恋するMOON DOG[9話]最新話のネタバレ感想

本記事では恋するMOON DOG[9話]のネタバレと感想をまとめました!

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
女性漫画雑誌「花ゆめAi」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【恋するMOON DOG[9話]最新話のネタバレ】

*登場人物
佐々木律歌 トリマーとして勤務している25歳。大型犬に懐かれる特殊能力がある。

狛山晃 通称アキラ。満月を見ると人間になったり犬になったりする犬化体質。20歳。

*あらすじ
25歳のトリマー・律歌が保護したドーベルマンはなぜか裸のイケメンに!! 律歌を押し倒し「俺のつがいになってくれ」とささやいて…!?
大型犬男子を調教★LOVEライフ、スタート♪

 

〜本編〜

am5:32____

「アキラ アキラ起きて」

今日は長めにジョギングしないかと起こす律歌

午前様だったアキラは二日酔い中

それでも犬の間はペットとして従順なアキラは今日も律歌にピッタリ

 

「きつーっ」

ジョギング中の水分補給

汗がしたたり落ちる律歌をいやらしい目で見る男がいれば威嚇するのがお役目

 

「アキラもお水飲む?」

屈んだ拍子に見える胸元に内心ラッキーと呟くアキラ

 

「わーーえーっおっきい!」

そこに 朝練にでも行くような大きなバッグを抱えた女の子が二人
アキラを見つけて近付いてくる

「触ってもいいですか大丈夫ですか!!」

筋肉質な体や毛のないスベスベな肌に興奮するその子は大きな犬に抱き着くのが夢だったと許可を求めた

律歌が快諾すると
抱き着くやいなや写真撮影が始まりそのテンションのまま大きく手を振り去っていく

見送るアキラを流し目で見つめる律歌

走って汗をかけば雑念が消えるかと思っていたがむしろ増す一方だった

 

_____「じゃあ行ってきます」

玄関で見送るアキラにキスをする律歌

一瞬何が起こったか停止する

一方律歌も自分からしてみたものの扉を閉めた途端顔を真っ赤にしている

意識せざるを得ないでいた

 

_____

「ただい…」

帰るやいなや裸で飛びつくアキラを制する律歌

「あれ?ただいまのキスは?」

いってきますのキスはしたのにーと拗ねてみたものの人間の男にはしないと断固拒否されるのだった

 

結局そのまま追い出されアキラは夜の街に消える

Sponsored Links
Sponsored Links

pm23;02___

律歌がベッドに潜り込みながら携帯を眺めていると鍵を開ける音が聞こえてきた

こんなに早く帰ってくると思っていなかった律歌は慌てて寝たフリをする

 

「ただいま」

ポソッと呟きキスをするアキラ

律歌は胸が締め付けられる思いだった

 

犬化した途端抱き締めるとアキラは仕方ないなという顔をして律歌を舐める

今夜は気遣ってあまりお酒を飲まなかったようで律歌はだいすきと言ってキスをした

 

 

翌朝もいってきますのキスをして出ていく律歌

アキラが複雑な思いでいることも知らずに

 

_____

「ただいま!アキラ!」

そしてキス

再び複雑な表情のアキラ

そんなことには気付かず高級フードを買ってきた律歌は今夜出かける前に食べて行ってと大興奮

「ミートローフとビーフシチューどっちがいい!?」

選びきれずにどっちもと手を添えるアキラ

律歌が味見してみると
なんと人間用のレトルトではと間違えるほど美味しいものだった

お腹も満たされ満足したアキラを膝に乗せて今日は出かけずに一緒にいようよと言う律歌

突然アキラがむくりと起き上がり
律歌を舐め始めた

頬から肩
徐々に服をずらしていきとうとう胸元へ舌を這わせる

律歌は慌ててくすぐったいと笑い飛ばしたものの
本当は驚き困惑していた

跳ね除けられて落ち込むアキラに肉球用のマッサージクリームも買ったのだと空気を和ませる律歌

 

気持ち良くてつい犬の暮らしもなかなか捨てたもんじゃないと思い始めるアキラだった

 

_____

いいわけあるか!!と結局いつもの店でお酒を飲みながら愚痴をこぼすアキラ

なんにも知らないマスターは面白おかしく聞いているだけだった

 

すると

ハンドクリームを付けすぎたからもらってといきなりアキラの手を握る女性

以前この店で知り合ったこの女性はこの匂いで自分を思い出してねと合コンテクニックを披露

「俺が匂いに敏感なの知ってるでしょ」

手を拭こうとするアキラから手拭きを奪ったマスター

「それそのまま帰ってみ?」

どこか面白がる様子に誰も気付いていなかった

 

 

_____

0時過ぎの帰宅

さすがに律歌は寝ているだろうと思っていたが
眠れなくてとお茶を飲みながら律歌が座っていた

上着を脱ぐアキラになんかいい匂いがすると言う

敏感さに驚くアキラの手を嗅ぎ
ハチミツの匂いが消えちゃってると悲しい表情の律歌

愛しい気持ちになったアキラがキスをしようとするがふいに避けられてしまう

名前を呼ぼうとしたとき

 

「外で」

律歌が口を開いた

Sponsored Links

 

Sponsored Links
Sponsored Links


「どんなことしてるの」

アキラの胸に顔をうずめながら律歌が尋ねる

外で遊んでる時の自分は律歌の飼い犬じゃないと優しい口調で話すアキラ

「それとも律歌 口出しできる立場になる?」

緩いとかダメ男とか言われてきたけれど実際は浮気も二股もしたことがないよだと いつも恋人には一途だったと言う

アキラの言う”いつも”が本当の恋愛だったのか不安になる律歌

 

「…犬に戻って」

ケンカしたくないから犬に戻ってとお願いする

アキラは律歌を悲しい顔で優しく撫でると犬の姿に戻った

 

「…ごめんね ありがとう 大好きだよ」

律歌は泣きながらアキラを抱き締めた

 

______

いつもの店で無気力でいるアキラとは裏腹に楽しそうなマスター

「ハンドクリーム作戦失敗したの?」

おかげでケンカしかけたというアキラによかったねぇと茶化しつつもヤキモチ妬かれてるならもう一押しじゃんと慰める

恋バナ混ぜてーと寄ってきた女性にマスターは事の経緯をバラした

ぐいぐいこられたら逃げたくなるから引く作戦を継続しろと助言する女性に腑に落ちない様子のアキラだった

 

 

その頃_____

律歌はさっき起きた出来事を思い出しひとり悶々としていた

携帯の発信履歴にある登録のない番号を見つめる

 

一方
アキラの実家ではフランスから兄 朋己が帰国していた

家政婦が失礼しますと朋己に声を掛ける

 

「佐々木さんという女性の方からお電話です」_____

 

以上、恋するMOON DOG[9話]のネタバレでした。

恋するMOON DOG[9話]最新話の感想

いかがでしたか( ఠ᎑ఠ )

うーんモンモンですよねー。イケメンだし優しいけど、犬化+信頼+番がのしかかってくる以上怖くて踏み出せない律歌の気持ちはなんとなく分かるような気がします。淡々といければ良いけどそうも行かないんだろうなぁ。

だがしかーし!朋己参上!波乱の幕開けですね♡♡

次回の恋するMOON DOG10話は、花ゆめAi 11号(8月20日ごろ)に掲載予定です。

以上、恋するMOON DOG[9話]の感想でした。

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆