ゆびさきと恋々[1話]最新話「雪の世界」ネタバレ感想デザート最新刊7月24日を無料で読む方法!!

ゆびさきと恋々[1話]最新話「雪の世界」のネタバレ感想

本記事では森下suu待望の最新作!ゆびさきと恋々[1話]最新話「雪の世界」のネタバレと感想をまとめました!

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
女性漫画雑誌「デザート」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【ゆびさきと恋々[1話]最新話「雪の世界」のネタバレ】

*登場人物
雪 大学生。聴覚障害をもつ。

逸臣 雪と同じ大学。世界を飛び回るバックパッカー。

*あらすじ
聴覚障がいがある雪は同じ大学の逸臣に助けてもらう。
自分に対し、自然に接してくれる逸臣を次第に意識しだして…?

 

~本編~

手に入れた可愛いワンピースを片手に電車に揺られる雪

気配を感じ振り向くと外国人が話しかけてきている
道を聞いているようだが雪は手を合わせごめんなさいの仕草をするも理解出来ていない様子

 

「Do you need help?」

 

声は聴こえない

でも外国人の目線が上がりふと後ろを振り向くと男性が声を掛けたようで二人は楽しそうに話している

銀髪のその人がどこかで見たことがあるような気がした雪は咄嗟にりんの同サークルの人であることを思い出した

 

外国人を見送った後
手話でお礼をする雪

ふと手話じゃなく文字にしなければと焦って携帯に打ち込む雪を制した

 

「口の動き読める?読めない?」

 

さっきの人日本語ペラペラだったよと言いながら珍しい生き物をじろじろ見るように話してくる

 

「初めてこういう人に会った」

 

そう言ってじーっと見つめる顔が凄く近い

りんと同じ大学だと携帯に打ち込む
ふーんという仕草をしてから何かに気付くと

「俺 次で降りる」

さっきよりも口を読みやすくしてくれているのが分かった

 

「じゃーな」

そう言って彼は雪の頭をくしゃりと撫でて降りていく

 

生まれつき音が音じゃない世界にいる雪

初対面で”私”に戸惑わなくて「また」なんて_____

 

この振動が自分から起きているものだと気付くのは電車を降りてからのこと_…

 

_____

「逸臣さんが助けてくれたんだね」

逸臣は世界を飛び回るバックパッカーで今回はカナダ帰りなのだとりんが教えてくれた

 

「恋?」

 

そう言って微笑むりんにまだ早いよと否定する雪

「じゃあ憧れかー」

その言葉の方がまだしっくりくるような気がした

私にも憧れの人がいると言うりんのお相手は逸臣のバイト先の店長で逸臣のイトコなのだと言う

「近いうちその店にご飯行かない?」

まだ連絡先も聞けていないと緊張するりんと自分も逸臣の連絡先を知りたいと言う雪

互いに連絡先聞くぞーと意気込む二人

Sponsored Links
Sponsored Links

当日_____

お店に入るりんと雪

扉を開けると髪型の違う逸臣がカウンターに立っているのを見つける

雪を助けてくれたお礼を言うりんの声に気付き奥から店長が顔を出した

りんと雪にゆっくりしてってねと声をかけるが気付かない雪を不思議そうに見る店長

すかさずりんが説明する

その様子に気付き気まずい思いをして俯く雪の顔を逸臣は大きな手で覆い強引に上を向かせた

 

「何飲む?飲まない?」

あ然としているとホワイトボードを差し出してくれた

するとりんが”トリリンガル 3ヶ国語しゃべれるんだよ”と書いた

 

“何語が喋れるんですか?”

 

逸臣は雪の文字を見て英語とドイツ語と答える

それを見てあまりにも嬉しそうに凄いと褒めるため逸臣は”中国語も少しなら”と追記

また嬉しそうな表情にさらに”スペイン語も勉強中”と追記した

 

雪のリアクションを楽しむ逸臣

 

他のお客さんに店長からオーダーを取るよう指示されその場を離れる逸臣を目で追う雪

するとそこにいた外国人のお客さんが逸臣の頬にキスをする
そんな文化のない雪は驚きとショックを受けるが逸臣は至って普通

改めて色んな世界を見てきた人なんだと感じる___

 

ふとりんに目を向けると店長と連絡先を交換していた

自分もと意気込む雪はホワイトボードを手に取るも結局聞けないまま店を出る二人

落ち込む雪をみて自分がIDを教えようかと気遣ってくれる

 

するとバイトを終えた逸臣が送っていこうかと声を掛けてくれた

りんは自分はすぐそこだから雪を送ってほしいとそそくさと帰っていく

 

逸臣の後ろを歩きながらどうやって連絡先を聞こうかタイミングを見計らう

突然肩を抱き寄せられ驚く雪

そばをバイクが通り過ぎて行った

「あぶな」

そう言って突然手を繋がれ道路側を歩き始める

普通に握られた大雑把な逸臣の手を離さないでほしいと雪は心の中で呟く

傘からはみ出た逸臣の腕にどんどん降り積もる雪が自分の気持ちのように感じる

 

雪は止まってと言うように逸臣の手を引っ張りおもむろに携帯に打ち込み始めた

 

“よかったら連絡先教えてくれませんか”

 

空気に耐えられず俯いた顔を上げると

「いいよって手話でどうやんの?」

微笑みながらそう言う逸臣に驚きながらも小指を顎に付けてみせた

 

携帯に映される新しい連絡先に嬉しさを隠せない雪

初めてのラインで家の方角を聞かれたがここで大丈夫と答える

じゃあと手を上げ別れる二人

雪は歩きながら逸臣に質問していいですかとメッセージを送る

 

“世界は広いですか?”

 

逸臣はすげぇ広いと返す

彼の見る世界がどれだけ広いのだろうと想像してみる

すると再びメッセージが___

 

“俺を雪の世界に入れて”

思わず振り返ると逸臣もこちらを振り返る

雪は傘を捨てて嬉しそうに両手で丸を作ってみせた

キョトンとする逸臣が”傘ささないと”とジェスチャーして初めて自分が傘をさしていないことに気付く

それでもバイバイと笑顔で大きく手を振る雪

はしゃぎすぎた自分が急に恥ずかしくなって顔を覆うと逸臣が大きな口を開けて笑っている

 

この感情のやませ方なんて知りたくない____

そう思った

 

以上、ゆびさきと恋々[1話]「雪の世界」のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

ゆびさきと恋々[1話]最新話「雪の世界」の感想

いかがでしたか?( ఠ᎑ఠ )

出たーーー!待望の最新作!待ってましたsuu先生!泣
マーガレットから移籍されて色々調べて本当に楽しみに待っておりました。描きたいものがあると言っていた先生の今回の作品は1話から引き付けられましたね。
少しタッチも変わられてより色気のある絵が心底好きです。

そして何より言葉のない描写でも風景から伝わる気持ちを是非直に見ていただきたい!!

次回のゆびさきと恋々2話は、デザート10月号(8月24日ごろ)に掲載予定です。

以上、ゆびさきと恋々[1話]「雪の世界」の感想でした。

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆