スキップビート[272話]最新話ネタバレ感想花とゆめ最新刊8月5日を無料で読む方法!!

スキップビート[272話]最新話のネタバレ感想

本記事ではスキップビート[272話]のネタバレと感想をまとめました!

漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

漫画のネタバレ 感想
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)あいうえお順

なお、本ネタバレは【文字】のみですので、
女性漫画雑誌「花とゆめ」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【スキップビート[272話]のネタバレ】

*登場人物
最上キョーコ 17歳。父親を知らずに育ち、また母親から愛情を注がれなかった。純真さの一方で暗黒面を持った複雑な性格。「二度と恋なんかしない」と固く心に誓っている。
「ラブミー(Love Me)部」なる謎の部門に配属され仕事をこなす

敦賀蓮 21歳。来日前の暗い過去のために自分には幸せになる資格がないと思っている。年齢にそぐわない荒んだ過去の持ち主。

*あらすじ
高校にも行かず日夜バイトに明け暮れる最上キョーコは、幼馴染であるロックミュージシャン 不破尚と同居し生活費を一人で賄っていた。歌手志望で家出同然に上京した尚に献身的に尽くすことが無上の喜びだったが、尚がデビューし超人気歌手となった後は次第に距離が開いてきていた。
そしてついにある日、自分が単なる家政婦代わりに上京させられたことを知り、あっさりと別れを告げられる。捨てられてしまったキョーコは失意の中で尚に復讐すべく、芸能界入りに挑戦する決意を燃やす。執念と根性で無理を通し、尚の所属するアカトキと並ぶ大手芸能プロダクションのLMEの新人発掘オーディションに参加し審査員の意表を突き、一次審査を通過するが、続く二次審査で「愛する心」と「愛されたいと思う心」が欠けていることを露呈してしまい、落選してしまう。しかし、キョーコの才能を見抜いたLMEの社長・ローリィ宝田は彼女を採用し、キョーコの「愛する心・愛されたいと思う心」を補うべく「ラブミー部」というグループを作り、キョーコをそこに所属させる。かくして芸能界入りを果たしたキョーコは、尚への復讐のために芸能界生活をスタートさせる。

 

 

 

 

~本編~
“例の海外(アメリカ)の仕事獲るために頼みたいことがある___…”

 

英語を日常的に使うようにして慣れるためにはたわいのない話をサラッとできる相手が必要なのだと言う

要はその大役に任命されたと言うこと

キョーコとしては喜んで引き受けたいのだが1つ心配なことがあると言う

自分の英語は商業用のため堅く相手方が壁を感じるかもしれないということだった

ところが松嶋の情報によれば例の主演男優は日本女性=ヤマトナデシコ=奥ゆかしいなどドリーム発言をしていたらしくむしろお堅い方がいいのだそう

 

速攻でボロが出そうとモー子は内心呟く

 

「あの人…もしかして今でも日本にサムライがいると思ってませんよね」

 

キョーコはモー子の”あの人”発言にその噂の俳優を知っているのかと尋ねるとなんとキョーコも会っていると言う

マリアに招待されていた”トラおじ様”別名 勝利者の父に育てられた人間は必ず大成すると言われている

 

その内のひとり

「セドリック・D・ベネット」

 

それは森住の想い人だ

会議を終えてからもキョーコのおかしな様子を心配するモー子にそのことを打ち明けた

ところがよく分からないと言いたげなモー子は

「…森住ナントカは敦賀さんの想い人ってのが勘違いだったんでしょ?」

だから色々複雑なんだってば〜と感情的になるキョーコはハッと周りを見渡し人気がないことを確認してから何かを言いかけた

 

「…つまり_____…

 

なによ嘘つき!随分と移り気がすぎるじゃない よりにもよってあんな妖艶とはこうだと体現したような大人の女性に流されるなんて」

雄猿にうらぎられたわ!とモー子はキョーコの気持ちを代弁したのだ

あやふやにぼかしていたはずの醜い気持ちを露わにされてパニック状態のキョーコ

そもそも本当のことなんだし自己嫌悪に陥ることはないと励ますが何か思い詰めたようにキョーコは顔を歪めダメなのと声を絞り出す

 

 

モー子は背後に立つ人の気配に気付いた

キョーコに合図すると振り向いた先には蓮が立っている

Sponsored Links
Sponsored Links

戦闘モードになったキョーコの様子に気付き蓮はすぐさま近付く

「最上さん ちょっといいかな話があるんだけど」

キョーコは蓮の話が何なのか頭で妄想が広がる

 

“実は俺楠香凪さんと結婚を前提にお付き合いしている____…”

 

 

「ダメです!!」

自分は忙してくて一分一秒争う用があるからとキョーコは風のようにその場から逃げ去った

 

最上さん!!と追い掛けようとする敦賀の前方をモー子は足で塞ぐ_____

 

以上、スキップビート[272話]のネタバレでした。

 
 

スキップビート[272話]の感想

いかがでしたか?( ఠ᎑ఠ )

なかなか話せないですね、敦賀さんとキョーコ…。いつまで逃げ腰なのやら。

次回モー子と敦賀が対峙します!!!

次回のスキップビート273話は、花とゆめ18号(8月20日ごろ)に掲載予定です。

以上、スキップビート[272話]の感想でした。

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆