消えた初恋[3話]最新話ネタバレ感想別冊マーガレット最新刊8月10日を無料で読む方法!!

消えた初恋[3話]最新話ネタバレ感想

本記事では消えた初恋[3話]最新話のネタバレと感想をまとめました!

漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

漫画のネタバレ 感想
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)あいうえお順

なお、本ネタバレは【文字】のみですので、
女性漫画雑誌「別冊マーガレット」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【消えた初恋[3話]最新話】

*登場人物
青木 ちょっとおバカだけど、ピュアでお人よしないい奴。隣の席の女子・橋下さんに片想い中。

橋下さん 笑顔が可愛くて、優しい女の子。恥ずかしがり。

井田 青木・橋下さんのクラスメイト。恋愛事には疎い。

*あらすじ
青木は、隣の席の女子・橋下さんに片想い中。その笑顔は天使みたいに愛らしく、毎日キュンキュンしてしまう♡
しかし、橋下さんの消しゴムに、クラスメイトの男子・井田の名前が書かれているのを見てしまって!?

 

 

 

~本編~

気持ちを伝えようと橋下を呼び止めた青木

「…俺…橋下さんに聞いてほしいことがあって…」

言葉に詰まる青木の手を握る橋下

 

 

「青木くん そんなのお安いご用だよ」

 

 

たくさん話聞いてもらったし青木くんの好きな人の話なら何でも聞くよと逆に頑張ろうと応援される

その純粋無垢なまぶしさにトドメを刺された青木

 

 

 

_____「…というわけで2-7の演目はシンデレラに決定でーす」

桃太郎とロミオ&ジュリエットを差し置いて決まった文化祭の演し物

クラスが一丸となって盛り上がる中
青木はひとり不貞腐れている

近くの席の女子たちがロミジュリがよかったーと言うのに対してやっぱり最後はハッピーエンドじゃないとねーと交わす言葉に青木はハッと気付いた

橋下にとってのハッピーエンドが井田なら自分はそれを応援するしかないと___

 

大道具を担う橋下と同じ係をやれよと言う青木に何でと返す井田

「何でだと!?自分で考えろ!!分かれ!!」

無茶ぶりな暴論に井田は一瞬考えた

 

「あれか…一緒にやりたいってことか」

 

照れた表情の井田にイラ立つ青木はもうこの際強引に手を取りやります!!と挙げると何故か自分も大道具に決まってしまった

 

それぞれが自分の持ち分を終えた頃青木はひとり居残りしていた

井田が手伝うと声を掛けるが素直じゃない青木

「ちなみにこれ何の絵かいてんだ?」

どう見てもカボチャの馬車だろと突っかかるものの井田が手を加えていくとみりみるうちに誰が見ても立派な馬となった

「スゲーめっちゃ馬じゃんコレ!!!」

井田がおもいろいなお前と微笑むと我に返った青木は手助けはいらねーと意味不明な威嚇

 

気をゆるしてどーする俺!!

Sponsored Links
Sponsored Links

「おいっ俺のことより橋下さんを手伝ってこいよ!」

ったく世話のやける二人だぜ
井田も鈍いというか真面目というかスルーすれば済む話なのにほんといい奴とつい褒めてしまう自分にひとりツッコミをいれる青木

 

「青木くんおつかれさま」

 

早々と戻る橋下に井田は?と問うと女子が重たいのなんて持たなくていいとジャマをしたらしいあっくん

もっと後押しできれば…と反省する青木に話すきっかけをたくさんもらっているから頑張ると意気込む

 

ところで…と以前ゆっくり聞けなかった好きな人とはどうなのか告白はしないのか一体誰なのかと橋下からの質問攻めに動揺した青木は看板に絵の具をブチ撒けてしまう

「……どうしよう明日本番なのに…」

涙を浮かべる橋下

 

戻ってきた井田とあっくんは驚愕

「ごめん!!俺がやっちまったわ直そうとしたんだけど」

4人もいれば直せると冷静な井田にわざとじゃないんだと謝る青木

「知ってるお前頑張ってたし」

そう言われて俯く青木の頭をポンッと叩き気にすんなと言う

 

俺がときめいてどうすんだ!!!

 

 

_____

看板はなんとか無事に間に合った

ありがとうと涙する橋下に一緒の方面だから送っていくと超絶ジャマなあっくん

慌てて井田の方向を聞くがなんと自分と一緒で何も悪くない井田になんでだよ!とツッコむ青木

 

 

 

_____「……あのさー 今日助かったわ そんだけ!」

青木もおつかれさまと微笑む井田にまたしてもときめいてしまう自分に頭を抱える

 

「…つか何か似てるよな青木と橋下さん」

抜けてるというか天然というか…その言葉にバカにすんなと怒る青木

「バカにしてねえよ」

青木を思い浮かべて一生懸命でいいなと思ったと言う

当の本人は橋下を思い浮かべて気づくのおせーよとテンションが上がる

「いいじゃん橋下さんいいだろ!」

橋下のことを言ったわけじゃなかった井田は何故そんなに橋下を推してくるのかと尋ねた

二人とも優しいし頭いいしお似合いじゃんとあからさまな青木

「俺なんかハナからムリってわかってるからさ…好きな奴の幸せくらい願ってもいいだろ」

切なげな表情に井田はお前は優しいよと
“俺なんか”じゃないと言うものだから不覚にも泣いてまう青木

それを絵の具が付いていると近付く井田に見られてしまい咄嗟に誤魔化すも誤魔化せずにその場から逃げた

 

熱い顔

 

流れる涙

 

なんだよ俺!

どうした俺!!!

 

一体何なんだこの気持ちは______!?

以上、消えた初恋[3話]のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

消えた初恋[3話]最新話の感想

いかがでしたか?( ఠ᎑ఠ )

もーほんと今回も笑えましたねー。
つい井田を褒めてしまう自分に突っ込む感じとかほんと何なの!?ってなります。

ところで何やら良からぬ方向に動く出した青木のキモチ…。

悩むんだろうなぁ。
そして井田は意識するんだろうなぁ。

笑。

次回の消えた初恋4話は、別冊マーガレット10月号(9月13日ごろ)に掲載予定です。

以上、消えた初恋[3話]の感想でした。

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆