吸血鬼と薔薇少女[9話]最新話ネタバレ感想りぼん最新刊9月3日を無料で読む方法!!

吸血鬼と薔薇少女[9話]最新話のネタバレ感想

本記事では吸血鬼と薔薇少女[9話]のネタバレと感想をまとめました!

漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

漫画のネタバレ 感想
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)あいうえお順

なお、本ネタバレは【文字】のみですので、
女性漫画雑誌「りぼん」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【吸血鬼と薔薇少女[9話]最新話のネタバレ】

*登場人物
白咲千結 恋愛未経験の高1。女子とイチャつく夜宮をありえないと思ってたけど…!?

夜宮朔 千結と同じクラスの吸血鬼男子。ちょっぴり強引だけど、優しい性格。

*あらすじ
禁断×魅惑! 甘噛みから始まる
ヴァンパイアラブ♥

千結は本当に好きな人と出会って手を繋いだりキスをしたいと夢見るピュアな女子。
ある日、教室でクラスメイトの吸血鬼・夜宮くんが苦しそうにしている姿を見つけて、仕方なく自分の血を吸わせると「あんたの初めて全部俺がもらう」となぜか気に入られてしまう!
夜宮くんに振り回されっぱなしの毎日で、千結の心は揺れ動いて──!?

 

 

 

~本編~

山吹が二日も学校を休んでいる

帰り道心配する千結に夜宮は今は見舞いに行かない方がいいと忠告する

そもそも吸血鬼も狼男も力を制御しながら人間社会に溶け込んでいる
油断しているとすぐに喰われると言いながら千結の耳をぺろりと舐めた

いたずらに笑う夜宮に危険なのは夜宮だけだと内心呟く

 

 

するといきなり黒いセダンから男たちが現れ千結を連れ去ってしまう

 

連れてこられたのは山吹家だった

いらっしゃいと笑顔で迎えたのは次期当主 山吹の兄 創牙

弟の体調を良くするため番と噂の千結を探していたと言う創牙は手荒なマネをして申し訳なかったと謝罪した

案外悪い人でもなさそうだと安心した千結は丁度見舞いに来たかったからと微笑む

 

山吹の部屋へと導かれるまま付いていく千結に創牙は今日の満月は特に狼の血が騒ぐと脅かして見せると番の匂いを嗅げば落ち着くから大丈夫だと微笑みかけた

 

 

ところが山吹の部屋の前で創牙に背中を押され鍵をかけられた千結は慌てふためく

 

暗闇の中から聞こえてくるうめき声

 

 

「…ガオくん?」

 

 

月に照らされた山吹は長く尖った爪と牙が露になっている

いつもと様子が違う山吹に一瞬怖じ気づく千結だったが大丈夫と言い聞かせ手を伸ばす

 

興奮状態の山吹は我を失っていた

Sponsored Links
Sponsored Links

押し倒され首に噛みつく山吹を押し退け部屋の隅に逃げる千結

雲で月が隠れた瞬間を見計らって山吹を抱き締め落ち着かせようとするがすぐに月が姿を現し千結に襲いかかろうとした

 

その時_____

 

 

夜宮が駆けつけてくれた

しっかりしろよと言う夜宮の言葉に意識を失った山吹

 

せっかく二人きりにしてあげたのにと背後に現れた創牙に襲いかかろうとする夜宮だったが吸血鬼と狼男との紛争はご法度

千結を連れ山吹家を後にした

 

 

 

_____首に付けられた傷痕を悔しそうに見つめると治すように優しく舐める夜宮

「危ないって言ったのに」

俺たちは人間とは違うんだからと叱る夜宮に千結は違わないと言い返す
そう言われる度に距離があって寂しいと言う千結に夜宮は噛みついた

吸われると思った矢先噛み痕を付けただけと言う夜宮は山吹へのヤキモチだった

以上、吸血鬼と薔薇少女[9話]のネタバレでした。

吸血鬼と薔薇少女[9話]の感想

いかがでしたか?( ఠ᎑ఠ )
なんだかんだで結局ラブラブを見せられた感満載!
山吹は申し訳ない思いで次学校に来るんでしょうが、千結はもう少し夜宮の立場に立って行動して欲しいものですね~。気が気じゃない。

次回もまだまだ続く三角関係をお楽しみに(。♡‿♡。)

次回の吸血鬼と薔薇少女10話 りぼん11月号(10月3日ごろ)に掲載予定です。

以上、吸血鬼と薔薇少女[9話]の感想でした。

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆