どら猫とサカナ〈2話〉最新話のネタバレ感想花音10月号最新刊10月14日を無料で読む方法!!

どら猫とサカナ〈2話〉最新話のネタバレ感想

本記事ではどら猫とサカナ〈2話〉最新話のネタバレと感想をまとめました!
P
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

なお、本ネタバレは【文字】のみですので、
女性漫画雑誌「花音」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【どら猫とサカナ〈2話〉最新話のネタバレ】
▶▶▶本編

水槽の準備が完了すると速水からヤマトヌマエビを渡された肇
エビは水質のバロメーターらしい

肇は今日から家族になるエビたちに名前をつけはじめた

その中には”ハヤミ”もいた

照れ臭がる速水に肇は気づいてはいなかった

 

 

数日後のある夜────────

肇が仕事から帰宅すると一匹の海老が中身のない状態でへたり込んでいるのを発見する

速水の水質のバロメーターだということを思い出した肇はいずれ他の子たちも死んでしまうのではないかとパニックを起こす

電話に出ると向こうで肇は大泣き

 

速水がマンションにかけつけるとそれは脱皮だと言う
成長の都度脱皮するエビは水質が良ければ脱皮できるのだそうだ

安心した肇は腰が抜けた
そんな肇を見て大事にしてることがよくわかったと言う速水

店長から密かに聞いた魚は速水にとっても家族だと言うことを思い出す
そのことを肇が口にすると速水は真っ赤に赤面する

明らかに動揺する速水に詰め寄り肇は詳しく聞きたがった

 

 

「5歳のとき────…」

母親が死んで塞ぎ込んだ自分に父親がお母さんの分身だと言って金魚を買ってくれたと言う
そのことを速水は11歳まで信じていたのだそうだ
だから自分にとっては本当に家族だと思っている

笑ってもいいと言う速水に肇は話してくれてありがとうと微笑んだ
速水は胸のしめつけがなんなのかまだ分からないでいた

ふと思い出し水替用のバケツを片そうとした肇が不可抗力で速水にぶちまけてしまう

濡れた速水に色気を感じる肇は動揺してタオルを取りに行こうとするも濡れた床で滑ってしまう
目を開けると床に打ち付けそうになった頬を速水が支えてくれていた
不覚にも触れられたところから感じてしまう肇

その表情に速水もまた動揺した
何事もなかったかとのように部屋を出ていく速水を肇は熱い顔を押さえながら見送るしかできないでいた

すると速水がパーカーを忘れていることに気付いた肇は玄関のチャイムと同時に速水の名を呼ぶ

 

しかしそこにいたのは元カレだった

 

やっぱりお前しかいないだのお前の尻じゃないとダメだのほざく様子を速水に見られていた────────

以上、どら猫とサカナ〈2話〉のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

どら猫とサカナ〈2話〉最新話の感想

えっーーーと。
ヤバいやつですね。肇がゲイだったのかという衝撃と、元カレとやり直すのか?というショックを受けた速水。
幻滅とかではないと思いますが明らかに誤解もあるのかと思われます。
現場に居合わせた速水の対応とは。そして肇、どう打ち明ける!?

次回のどら猫とサカナ3話は、花音11月号(11月14日ごろ)に掲載予定です。

以上、どら猫とサカナ〈2話〉の感想でした。

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆