小西寛子のNHKへの告発内容とは?松本プロデューサーがおじゃる丸声優を降板させたってマジ?

松本寿子 画像

どうもエイトです。

おじゃる丸の声優がNHKに告発しております。

おじゃる丸と言えば、
「おじゃ~」が個人的には印象があります。

私は、おじゃる丸世代ではなく、
むしろ自分の子どおたちが見ておりますね。

タイトルの一部は「消えたおじゃる丸」ということですが、

リアルな世界でも、声優さんが
どうやらプロデューサーに圧力をかけられて、
降板させられたとの訴えたようです。

まさに「消えた」「消された」話が、
リアルな事件となっております。

どういた内容なのでしょうか。
すごく気になりましたので調べてみました。

Sponsored Links
Sponsored Links

【小西寛子のプロフィール】

小西寛子さんですが、
NHKアニメ「おじゃる丸」の主人公おじゃる丸の初代声優です。

小西 寛子
生年月日:1975年10月26日、
声優以外に、女優、歌手、タレント、
シンガーソングライターと活動の幅は広いです。

現在はOffice Squirrelに所属しており、
タレント活動やシンガーソングライター活動がメインです。

3期までの声優は小西寛子さんでして、
その後の4期西村ちなみさんが引き続いております。

どうやら3期終了は、2000年12月
4期は2001年4月からスタートしているようですね。

その小西さんが、自身のツイッターでNHKを告発し、
波紋が広がっております。

そして、6月8日夜には、
ヤフーのトップページに載りました!
(ヤフーが載せてくれたといってもいいかもしれません)

【小西寛子のNHKへの告発内容とは?】

小西が18年前、つまり2000年ですね。
おじゃる丸を降板した時期と一致します。

おじゃる丸の収録音声が、
本人の意に反して
人形などの販売商品に流用されたようです。

当時、違和感を感じて、理由を聞いたら、
プロデューサーが生意気だと言って、
小西寛子さんは、結果的に干されてしまいました。

騒動のきっかけとして、2000年ごろ、小西が番組収録として録音したおじゃる丸の声が、番組ではなく音声商品の声に流用して販売されたことを挙げた。小西および事務所に無断で流用されたものだといい、小西が抗議した結果、NHKではなく、番組製作に関わる関連会社から突然、番組降板を通知する書面が届いたという。

引用:「おじゃる丸」初代声優がNHKを糾弾 法廷闘争も辞さず 小西寛子がツイッターで

これが18年前のことでしたが、
同じなようなの事件が、今度はNHKではなくて、
所属事務所で起こったとして、
流石にいかんと思って告発に踏み切ったようです。

ちなみに、今回はしっかり音声や証拠、電話やメール、
振り込み指示など押さえているようです。

騒動のきっかけとして、2000年ごろ、小西が番組収録として録音したおじゃる丸の声が、番組ではなく音声商品の声に流用して販売されたことを挙げた。小西および事務所に無断で流用されたものだといい、小西が抗議した結果、NHKではなく、番組製作に関わる関連会社から突然、番組降板を通知する書面が届いたという。

 関係者は「NHKさんの名前でないのもおかしいし、降板するのに一方的に紙一枚を送って直接話がないと言うこともおかしい」と話した。小西もツイッターで、同局のプロデューサーから「生意気だ!黙って言うとおりにしないとアニメ業界で仕事できなくしてやる」と言われ、このやりとりの直後に「収録の話が来なくなった」とつづっている。

引用:「おじゃる丸」初代声優がNHKを糾弾 法廷闘争も辞さず 小西寛子がツイッターで

Sponsored Links
Sponsored Links

Twitterでも話題になっております。
時系列に並べてみました。

ライセンスはNHKエンタープライズが管理しているが、これはNHKの100%子会社で役員などの顔ぶれをみても実質的にNHKとのこと。。

ネット上では、松本プロデューサーが番組予算(国民が支払った受信料)内でキャラクター商品の制作を行い、私腹を肥やしていたのではないかと噂が飛び交った。悪事がばれそうになって恫喝したというのはありそうな話。あるいは経費削減のために立場の弱い声優にしわ寄せを行ったと考えることもできる。

ただし、NHK側の言い分も聞いてみないと公平ではないという点に注意。現時点ではトラブルが起きているということを報じておきたい。

引用:おじゃる丸の声優「小西寛子」がNHKプロデューサーの不正圧力を告発

Sponsored Links
Sponsored Links

原作者も悩んでいたということで、
そういったNHKプロデューサーのやり方で
追い詰められていただと感じてしまいます。

プロデューサーがこのようなことを言ったのか。

NHKの体質にも影響があるのでしょうか。

ちなみに、小西寛子さんへ圧力をかけたプロデューサーは
松本プロデューサーのようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

【松本プロデューサーがおじゃる丸声優を降板させたってマジ?】

この一連の降板について、やりとりしたのは、
松本寿子プロデューサーと言われております。

1964年生まれのようです。

詳しい経歴が不明ですが、
NHKでのオリジナルアニメーション制作に貢献したようです。
『おじゃる丸』の他『ななみちゃん』などの子供向け作品から、
『プラネテス』・『電脳コイル』などの作品を手掛けたとのことです。

現在は、NHKエンタープライズの制作本部に所属しているようです。
企画や制作統括も行っているようです。

「ライツアーカイブスセンター」
「ライツ制作」
「執行役員」

といった肩書もあるようです。

松本寿子プロデューサーの顔画像はこちら。

松本寿子 画像

引用:アニメは無限の可能性を持つ“おもちゃ箱

ちなみに、このような話もあるようです。

小西さんが大地監督らに誘われて行ったスタッフ混浴温泉旅行でも
トラブルがあったようです。

松本寿子プロデューサーが語っている内容です。

「スタートしてから3か月ぐらいで、犬丸さん、大地監督と一緒に、『おじゃる丸』の世界観を作り上げた感じです。その後、スタッフと一緒に骨格をしっかり作っていった3年間があります。ここが母体となって、長く続いていると思います。いろいろな人たちの力が入れば入るほど、作品として磨かれていくのを感じました。」

引用:アニメは無限の可能性を持つ“おもちゃ箱

松本プロデューサーは大地監督を「大巨匠監督」と表現しておりました。

Sponsored Links
Sponsored Links

【世間の反応】

現在、この書き込みについて
和田政宗参院議員がツイッター上で反応し、
一気に拡散したとのことでした。

【最後に】

この問題ですが、
尾を引くこととなりそうです。

日大アメフト問題のように、
きちんと表面化して、
議論していただきたいものですね!!

Sponsored Links
Sponsored Links

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA