敷田直人球審(審判)倒れた理由と現在の容態は?病気で脳卒中か動画でチェック!

敷田直人審判 画像

【野球で西武・中日の試合中に球審が倒れるアクシデント!】

どうもエイトです。
関西は、かなり天気がよくて
スッキリしております。

晴れ渡っておりますが、
今日は、日中は27度で、
日陰にいますと、まだ少し涼しさも感じました。

そんな中、デイゲーム中に球審が倒れてしまいました。
倒れましたのは敷田直人審判であります。
見逃し三振の時の卍ポーズが有名であります。

現在の容態はどのような感じでしょうか。

とても心配です。

Sponsored Links
Sponsored Links

【敷田直人球審のプロフィール】

倒れてしまった敷田直人審判ですが、
実は、卍ポーズで有名な方です!!


打者の見逃し三振の際に、
漢字の「卍」のようなポーズをとり、
話題の球審であります。

敷田球審 画像
引用:http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20180616/27/2577237/94/384x384x14017333bd36ec1aa9f903e9.jpg

敷田 直人(しきた なおと)

生年月日:1971年10月25日(42歳)
経歴:福岡県立八幡工業高校→新日本製鐵君津
現役時代のポジション:キャッチャー

敷田直人さんは、福岡県出身のプロ野球審判員。
福岡県立八幡工業高等学校を卒業後、
新日鐵君津に入社しております。
新日鐵時代は下柳剛選手や松中信彦選手らと
チームメイトででした。
野球部で捕手として3年間プレーしたのですが、
目立った結果は残すことなく
1992年で野球部を退部しており、
同時に新日鐵も退社しております。

ただ、、、

それで、敷田直人さんの野球人生は終わりませんでした。

1994年に転機が訪れます。
歯医者の待合室で見た
スポーツ新聞でセ・リーグ審判員公募の記事を見かけたそうです。

その記事が心に残ったために
そのままコンビニエンスストアに寄り、
同新聞を購入しセレクションに応募して、見事に合格を果たしたそうです。

その後審判学校を経て1996年から審判員となり、
2001年に一軍デビューとなっております。

敷田直人審判 画像
引用:https://pbs.twimg.com/media/C8-XqZWUMAAIcu0.jpg

当時の記事は、こちらとなります。

「プロを目指して社会人(新日鉄)まで野球をやってきましたが、22歳の秋にチームから引退を勧められて……。会社に残る選択肢もありましたが、野球しか知らない自分にサラリーマンは向かないと思い、翌春に会社を辞めました。今思えば、若かったですね(苦笑)」。

野球だけでなく仕事まで失ってしまった空白の時間を「何もしなかった」と、敷田は振り返る。そんな敷田に転機が訪れたのは、半年後の秋だった。歯医者の待合室で何気なく開いたスポーツ紙に、『セ・リーグが審判員を公募』という小さな求人記事を見つけた。止まっていた敷田の人生が、大きく動き出した。

「最初に見た時は『プロ野球の審判か、悪くないな』くらいの軽い気持ちでしたが、時間が経つにつれて、その存在がどんどん大きくなってきて。それで治療を終えて自宅に帰ったんですが、どうしても気になってしまって、コンビニまでその新聞を買いに行ったら、運良く1部だけ残っていて(笑)」

履歴書と共に「野球と私」という題の作文を送付した敷田は、書類審査を通過し、神宮球場の室内練習場で行われた実技試験に呼ばれた。「90名ほどが集まりました。自分はこれまで選手の経験しかなかったので、見よう見真似でストライク、ボールのコールをしました。幸い現役時代は、小学校から社会人まで捕手一筋だったので、ピッチャーの投球を見てきた量には自信があったので、落ち着いてコールできました」。

敷田を含めた8名が、筆記テストと面接の最終試験に残った。大好きな野球から遠ざかった半年間の空白が、若き日の敷田の野球熱を高ぶらせた。筆記試験と面接を無事に通った敷田は、セ・リーグからの電話で合格を知った。24歳の春だった。

引用:【ザ・アンパイア】 偶然から始まった「卍の敷田」

人生の大半を野球に費やしてきた敷田は、
自らの人生を「大好きな野球に今も関われて幸せ」と表現しております。

そんな敷田直人審判の趣味は、「宝塚」のようです!!

プライベートでは「最近、宝塚のファンになった」という敷田。
「今年の正月は神戸の元旦公演に行きました。5組のトップが全員集まるレアなショーで、テンション上がりましたよ」と、意外な素顔を披露してくれた。

引用:【ザ・アンパイア】 偶然から始まった「卍の敷田」

宝塚と言えば、私も宝塚の記事を書いております。

一覧はこちら

Sponsored Links
Sponsored Links

【倒れたときの様子は?】

 7回1死、秋山の打席のカウント2―2の場面で、敷田球審が突然、足元をふらつかせ、崩れるようにして背中から転倒した。

 一時、球場は騒然となり、球審はそのまま担架で運ばれ試合は7分間中断された。

 球審は三塁の桝田塁審が代わりに入ってつとめ、三塁には嶋田塁審が入り、試合が再開された。

引用:【西武】試合中に球審が倒れる 7回に足元ふらつかせ背中から転倒

【倒れた理由と現在の容態は?病気で脳卒中か動画でチェック!】

倒れたときの様子です!!
動画や画像で見てみます。

倒れた理由と現在の容態についてですが、
早速分かっております。

なお、関係者によりますと、
直前のファウルの打球が左膝を直撃し、
その痛みのために倒れたということです。

意識はあり、命に別状はないということで、
病気で脳卒中が理由でもないということで一安心であります!

あんな倒れ方をしましたので、
脳卒中の可能性も、と思いましたが、
病気でないので、またすぐに復帰して、
試合に出られるのではないかと思います。

【最後に】

すぐに原因が明らかになりまして、
ほっとしております。

ただ、倒れた際に頭を打っていないのか、
心配であります。

今回、球審の方が、実は有名な方で、
私はびっくりしました。

また、敷田直人球審は、
みんなから愛されているのだとも感じました。

とにかく、お大事に。
そして、また元気な姿で復帰することを祈ります!!

次のページです。

敷田直人審判員の倒れた原因はファウルで当たった映像がやばい!復帰時期とリハビリ期間・入院先の病院はどこ?

Sponsored Links
Sponsored Links

◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA