桂歌丸師匠の入院先と通夜・葬儀告別式はどこ?家族のコメントと喪主は嫁なのか気になる!

桂歌丸本

【桂歌丸師匠が81歳で亡くなる】

どうもエイトです。

桂歌丸師匠が昨日7月2日に亡くなってしまいました。

笑点でお茶の間の人気者になりまして、
落語家と私たちの「間」を近づけてくださった方でした。
(本当に落語が身近になったのも、
 歌丸さんのおかげであります!)

2日午前11時43分、
慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため
横浜市内の病院で死去されました。

腸閉塞(へいそく)治療で入院し、
退院約1週間で高座復帰したばかりでしたが、
意欲が衰えることはなかったようです。

最期の日朝には妻冨士子さん、子ども、孫らが駆けつけ
家族の見守る中で静かに息を引き取りました。

その後一門の弟子、小遊三らが駆けつけたということです。

「生涯落語家」を貫き、
息苦しくても鼻に酸素チューブを装着し、
今年2018円4月まで高座に上がった落語の名人でした。

入院前の4月19日、国立演芸場で
「小間物屋政談」を50分も演じたのが最後の高座でした。

最近では、車いすの移動を強いられるなど
体力的な衰えを隠せない状態で、
誤えん性肺炎などで体調を崩し入退院を繰り返しておりました。

前は、「病院のデパート」と周囲から呼ばれておりまして、
歌丸さん自身も落語のネタにもしておりましたが、
いよいよネタにできなくなるほどの状態になっておりました。

最期まで落語のために生きた方でした。

ご冥福をお祈り申し上げます、

Sponsored Links
Sponsored Links

【桂歌丸師匠の生い立ちエピソード】

<桂歌丸師匠のプロフィール>

◆桂歌丸(かつら・うたまる)1936年(昭11)8月14日、横浜市生まれ。51年に5代目古今亭今輔に入門し、古今亭今児を名乗る。54年に二つ目昇進。61年に桂米丸門下に移り、米坊を経て歌丸に。66年に日本テレビ「笑点」のレギュラーとなり、人気者に。68年に真打ち昇進。67年「爆笑野郎 大事件」で映画初出演。ドラマ、テレビCMなどに幅広く活躍した。05年に芸術選奨文部科学大臣賞、07年に旭日小綬章を受章。得意演目は「真景累ケ淵」「牡丹燈籠」など。

引用:桂歌丸さん天国へ 1日に容体急変 孫らに看取られ

詳しいエピソードはこちらとなります。

<桂歌丸さんアラカルト>

 ◆生家は遊郭 横浜の「富士楼」で、幼い時から女郎さんを見ていたため色気のあるはなしが得意だった。

 ◆中学3年で入門 小学生のころから落語家を目指し、自習時間に落語を演じた。

 ◆セールスマン 二つ目時代に師匠古今亭今輔に破門され、ポーラ化粧品のセールスマンに転職。営業成績も良く「その時の営業トークが落語に役立った」。

 ◆妻は冨士子さん 落語や大喜利で恐妻として登場するが、おしどり夫婦だった。4歳上で、師匠から違う女性を勧められたが、以前からの知り合いだった冨士子さんとの愛を貫き、2人の子どもに恵まれた。

 ◆「笑点」メンバー 二つ目時代に立川談志さんの推薦で「笑点」レギュラーになった。談志さんが亡くなるまで、その恩義を忘れなかった。

 ◆「笑点」名物 歌丸さんの名フレーズと言えば、「1度でいいから見てみたい。女房がへそくり隠すとこ」。故三遊亭小円遊さんとの罵倒合戦や、6代目円楽との嫌みの言い合いは、面白くするための歌丸さんの演出だった。

 ◆釣りが大好き 歌舞伎鑑賞、写真撮影、化石集めなど多趣味だが、足腰が弱るまでは釣りに熱中。夏は渓流釣り、冬はワカサギ釣りに通った。

引用:中学3年で入門/桂歌丸さん人生アラカルト

【桂歌丸師匠の入院先と通夜・葬儀告別式は??
 ~喪主は嫁の椎名冨士子(しいな・ふじこ)さん~】

入院先につきましては、
横浜市内の病院ということで、
それ以上はわかっておりません。

西城秀樹さんのときも横浜市内の病院で
下記の場所でしたが、
今回も同じ場所かはわかりません。

西城秀樹の入院先と通夜・葬儀告別式はどこ?
喪主は嫁の槙原美紀の予定?

西城秀樹さんは、「昭和大学藤が丘病院」
に入院されておりました。

葬儀やお通夜につきましては、
近親者のみで行う予定であります。
(遺体は自宅近くの葬儀所に移され、
 家族のみで密葬を行うということです。)

お別れ会については、
2018年7月11日午後2時から行うようです。

場所は、横浜市港北区の妙蓮寺。

お別れ会日程

【椎名家・落語芸術協会合同のお別れ会(告別式)】

日時:2018年7月11日14時から

場所:妙蓮寺
  (横浜市港北区菊名2の1の5区)

喪主:妻の椎名冨士子(しいな・ふじこ)さん

詳しい場所は地図にて確認していただければと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

【家族で嫁や孫のコメントについて!】

家族からのコメントですが、
嫁や孫からのコメントはまだのようです。

コメントがありましたら、追記させていただきます。

最愛の妻、冨士子さんらに看取られ、息を引き取りましたが、
その嫁の椎名冨士子さんについては、
「鬼嫁」としてネタにされておりました。
(テレビや高座で“鬼嫁”キャラでネタに)

その鬼嫁ネタについてのコメントです。

ちなみに、
5歳年上の冨士子夫人と結婚したのは1957年。
冨士子さん25歳、歌丸さんが21歳の時でした。

その後の結婚生活は長らく貧乏との闘いだったようです。
夫人は下積み時代、化粧品のセールスや内職で家計を支えました。

冨士子さんは大喜利で鬼嫁としてネタになっておりましたが
下積み時代から献身的に支えた糟糠の妻の姿がありました。

3年前に引退の意向を妻に打ち明けると
「引退してもいいけど何をやるの?」
と励まされたことを生前、テレビで明かしておりました。

昨年、結婚60周年を迎えておりました。

このようなエピソードもありましたので、
追記させていただきます。

そんな歌丸さんの“修行”を支え続けたのは、妻の富士子さんだ。歌丸さんが公演を全休止すると発表した昨年5月、本誌は富士子さんを取材していた。

当時、週刊ポスト17年2月24日号で歌丸さんは《今回は酸素吸入器をつけて高座に上がりますが、それでも上手く喋れないようなら……引退するしかない、と考えています》と語っていた。歌丸さんのこの言葉は“「引退」宣言”として報じられたが、富士子さんは「それは言ってません、引退はね」と強く否定していた。

「自分でもいつもそう言っていますから。退院してもそのまま復帰とはいかないでしょうが、気持ちのうえでは『すぐにでも』と思っているのではないでしょうか」

そう語った富士子さん。落語家として生涯をまっとうしたいという歌丸さんについてもこう明かしている。

「好きなことをやってもらうのがいちばんいいと思います。引退して夫婦でゆっくり余生を楽しむなんて考えたこともありませんから」

最期まで落語家として生き抜いた歌丸さん。その生きざまを見届けてくれた富士子さんに、天国から感謝していることだろう――。

引用:桂歌丸さん 落語の執念支えた妻「余生なんて考えたことない」

歌丸さんのファンのコメントです。

Sponsored Links
Sponsored Links

【桂歌丸師匠が亡くなり、世間のコメントは?】

Sponsored Links
Sponsored Links

【最後に】

歌丸さんの追悼特番が組まれております。

また次回の笑点では、
どういった内容になるのでしょうか。
下記にて、書かせていただきました。

☆桂歌丸師匠のNHKドラマなど追悼番組の日程を調査!
地上波再放送の落語ドラマ特番はいつか気になる!

ツイートを見ておりますと、
本当に多くの方から愛されてきた方なのが分かります!!

書籍の紹介です。
『笑点』放送50年!
大喜利の神様がわが人生、わが落語を語る!

歌丸さんはなんといっても、
笑顔が素敵ですね!!

ご冥福をお祈り申し上げます。

次のページです。

桂歌丸CD
桂歌丸と鬼嫁(椎名冨士子)の間に子供いるの?孫やひ孫の顔画像や年齢が気になる!

【関連記事です】

☆桂歌丸師匠のNHKドラマなど追悼番組の日程を調査!
地上波再放送の落語ドラマ特番はいつか気になる!

☆笑点メンバーから桂歌丸師匠への追悼コメントは?
落語家や芸能界の反応コメントまとめ!

☆桂歌丸師匠の入院先と通夜・葬儀告別式はどこ?
家族のコメントと喪主は嫁なのか気になる!

☆桂歌丸と鬼嫁(椎名冨士子)の間に子供いるの?
孫やひ孫の画像や年齢が気になる!

☆桂歌春の娘は田代沙織で笑点との関係は?
桂歌丸師匠へのエピソードをチェック!

☆桂歌丸の自宅住所は真金町?
若い頃にタバコの本数が多すぎて身長と病気に影響与えたってマジ?

Sponsored Links
Sponsored Links

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください