浅利慶太の現在と認知症を支えた嫁や家族のコメントが気になる!

浅利慶太の現在と認知症を支えた嫁や家族のコメントが気になる!

どうもエイトです。

浅利慶太さんが亡くなられました。

85歳でした。

 葬儀は親族のみで執り行い、後日、お別れの会を開く予定だということです。

ご冥福をお祈り申し上げます。

浅利さんは慶大文学部仏文学科在学中の1953年に、日下武史(故人)さんら10人で劇団四季を創立。
以来、劇団代表・演出家として、ストレートプレイからミュージカルまで、ほぼ全作品のプロデュースや演出を手掛けておりました。

そして、2014年に社長を退任しました。

Sponsored Links
Sponsored Links

浅利氏の退任が発表されたのは2014年6月25日のこと。
報道によると前日24日には「劇団総会」が行われ、
浅利氏自らの口から劇団員に知らされたようです。

退任は本人の意向によるものでした。
後任社長には吉田智誉樹取締役が就任した。

ただ、この退任後、軽度の認知症を発症。
ただ、当時のニュースだと、
軽度ということでが、
認知症が進行してしまったのにか、
軽度から重度になっていたのではないかと思っております。

当時のニュースです。

浅利氏の長年の友人である音楽評論家、安倍寧氏(81)が「彼は、軽度のアルツハイマー型認知症。正確に言えば、認知障害です」と証言している。安倍氏は浅利氏と同じ人間ドッグを利用していることもあり、専門医から認知障害だと診断されたことを知ったそうだ。
さらに記事では安倍氏の証言をもとに、浅利氏が日本語を話せない外国人女優に日本語で必死に話しかけたり、旧知の作曲家の名前を思い出せなかったりすることが数年前からあったと報じている。こうした事情から、安倍氏は浅利氏の妻である野村玲子さんに相談した上で引退するよう本人に勧告したという。
退任の理由については「創立60周年を迎えたことに合わせ、後継者に引き継ぐため」などと報じられているのみで、健康上の問題が影響していたかどうかは定かではない。

引用:浅利慶太氏 「四季」の社長退任後のイマ、稽古場から「出禁状態」に?

浅利慶太の息子や娘について

浅利慶太さんとこれまでの嫁との間には子供がいないとのことです。
また浅利慶太さんは、3度の結婚と2度の離婚歴があります。

3度の結婚歴があります。
最初の妻は藤野節子さん。
2度目の妻は影万里江さん。

2人とも劇団四季における浅利さんの同志でした。

2003年、野村玲子を3度目の妻に迎え、現在に至っております。

【最後に 家族で嫁のコメントが気になる!】

劇団四季といえば、浅利慶太さんだというイメージでしたが、
社長をすでに退任されていたことは、
今回、亡くなられて始めて知りました。

浅利慶太さんが認知症でしたら、
本人だけではなく、
ご家族や周囲、病院の協力を得ながら、
浅利慶太さんを支えていたのだと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

ご家族のコメントは分かり次第、追記します!

次のページです。

セブンイレブンで100円生ビール販売って
セブンイレブンが100円生ビールを販売する地域と店舗まとめ!味の感想が気になる!

Sponsored Links
Sponsored Links

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください