川本牧子(三重県立白山高校野球部女性部長)経歴と大学はどこか学歴も調査!高野連の注意に賛否両論!

川本牧子女性部長 画像

【川本牧子女性部長に高野連が注意】

川本牧子さんは、子どものころからの夢だった甲子園。

白山高校野球部の女性部長として、
こういった形で念願が叶い、甲子園の地を踏むことができました。

本当にうれしい気持ちでいっぱいだったと思います。

小学生のころに野球をしていた川本牧子部長(40)は、甲子園に立つことをずっと夢見てきた。「顧問としてなら女性でも甲子園の土を踏めるかもしれない」と選手らに伝えると、「僕たちが先生を甲子園に連れて行きます」。言葉が現実となり、川本部長は「やっと来られた。甲子園のベンチってすごく低いんですね」と満面の笑みを見せた。

 グラウンドに入った選手らは守備位置の確認をしたり、打席でバットを振ったりして夢の舞台の感触を確かめた。

引用:背高い…他校に驚く白山 女性部長「甲子園ベンチ低い」

ただ、その後、川本牧子女性部長は高野連から注意を受けることに。

詳しい経緯を見てみたいと思います。

その前に、川本牧子さんの学歴と経歴から。

Sponsored Links
Sponsored Links

【川本牧子女性部長の学歴や経歴について】

そして、学歴と経歴になります。

現在、三重県立白山高校の家庭科教諭の川本部長は、
少年野球経験があり、中学、高校ではソフトボール部。

女子大学に進学して、夢をあきらめたこともあったようです。

ただ、、、
川本さんの気持ちや周囲のがんばりもあって、
見事に甲子園の夢を叶えることができました!!

三重県立白山高の家庭科教諭、川本牧子さん(40)は小学生の時、白球を追う野球少女だった。現在は野球部長として高校野球に関わるが、大好きな野球をあきらめた時期もあった。
父親は少年野球チームの監督。その影響で小学3年から野球を始めた。周囲に女子はおらず、「みんなが坊主のなか、帽子を取ると一人だけショートカット。恥ずかしかった」。中学でも野球をしたかったが女子の募集はなく、ソフトボール部に入った。

 高校では野球に関わりたい、とマネジャー志望で野球部の見学に行った。でも、「女子マネジャーはとっていない」と断られ、「男に生まれたかった」と何度も思った。甲子園に行きたい、野球がしたいという夢はあきらめた。

 名古屋市の女子大に進学し、野球からは離れた生活を送っていた。再び野球の道に戻ったのは、教員になってからだった。

 新人として、いなべ総合に赴任した1年目、川本さんはソフトボール部の顧問をしていたが、別の指導者が赴任し、交代することに。野球が好きだと周囲に常々話していた川本さんに、野球部顧問の打診があった。あこがれだったベンチに座り、「ああ、ベンチに入れた」。喜びがあふれた。その後、転勤した名張西でも野球部長を務め、7年前に赴任した白山でも部長になった。

 高校3年の夏までという限られた時間の中で懸命に練習し、プレーするのが高校野球の魅力だと思う。先発メンバーからは外れても、練習でボールを拾った後、土を払って渡す選手がいる。「そんなちょっとした気遣いとか、気配りができるようになる。野球は人間力を育ててくれる」

 今は3児の母。毎日練習に顔を出すことはできないが、選手やマネジャーにグラウンド内外で声をかける。「グラウンドではしっかり野球に集中してほしい」と、監督には言えない弱音を聞き出す。部の経理を担当したり、県高野連などに出す書類を作ったり、事務作業もこなす。

 白山は昨夏の三重大会で11年ぶりの勝利を収めた。今春の県大会は8強に進出。初の甲子園へ、急成長しているチームの一つだ。

 2017年の選抜大会から、甲子園ではようやく女子部員が練習に参加できるようになった。

 白山の部員たちに「顧問としてなら、女性でも甲子園の土を踏めるかもしれない」と言うと、「自分たちが先生を甲子園に連れて行きます」と返してくれた。球児たちと二人三脚で夢を追いかける。

引用:「男に生まれたかった」 白山の女性部長、球児に夢託す

女性大学では、一旦、夢もあきらめかけたのかもしれません。

ただ、

きっと心の中では、どこかで夢を持ち続けていたのではないでしょうか。

そして、めぐりあわせ的なものがあったのかと思いますが、
念願の甲子園出場。

川本部長は、今は3児の母ですが、
違ったかたちで夢が叶って本当に良かったですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

【川本牧子女性部長が所属する三重県立白山高校とは?】

三重県立白山高校のサクセスストーリーです。

白山は2007年から三重大会で10年連続初戦で敗退し、東拓司監督(40)が就任した13年は部員5人でスタートした。13年秋と14年春は部員不足で公式戦は連合チームで出場。人気ドラマ「ROOKIES」のようなサクセスストーリーに、大体大で東監督の2学年上だった巨人・上原から「甲子園でも頑張れよ」とLINEで激励され、学校には花も届いた。

引用:白山・女性部長、スカートで打席 ウキウキ一転「すごく怒られました」

詳しくはこちら

試合後、インタビューに答える白山・東監督
白山高校(三重県)野球部東拓司監督とメンバーの評判を調査!甲子園出場の原動力になった事件の内容とは!

【高野連が注意した経緯とは?】

第100回全国高校野球選手権記念大会(5~21日)の甲子園見学が始まり、春夏通じて初出場の白山(三重)など12校が参加した。白山は川本牧子部長(40)が打席に入って、大会関係者に注意される一幕があった。開幕が例年より早く、地方大会終了からの間隔が短いため、今年は甲子園練習は実施されない。甲子園見学は2日まで行われる。

 元野球少女の部長が、選手以上に目立ってしまった。甲子園見学で白山の川本部長は、選手に囲まれるなか、紺のスカート姿でバットを持ち、打席でフルスイング。すると直後に関係者から制止され、注意を受けた。「打席に立ってはいけないということだったので、すごく怒られました」と肩をすくめた。

引用:白山・女性部長、スカートで打席 ウキウキ一転「すごく怒られました」

Sponsored Links
Sponsored Links

【みんなの意見】

<擁護派、どちらかといえば擁護派>

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

<批判的か>

Sponsored Links
Sponsored Links

<その他>

Sponsored Links
Sponsored Links

【最後に】

私の個人的な意見はこのようなところです。

ただ、細かいルールはどうなんでしょうか。
女性も参加できるルールにしたらよいかと思いますが、
なんで女性がグラウンドに入ったらダメなんでしょうか。

日本高野連によりますと、
「女性がだめというわけではない」ということですが、
明らかに「女性がだめ」で川本牧子部長が注意を受けた印象があります。

日本高野連の竹中雅彦事務局長は「今回の見学会は、背番号をつけていない選手やそのほかの人はグラウンド内には入れない、という規則だったので。女性だからダメ、というわけではない」と説明していた。

引用:甲子園初出場の白山女性部長 球場見学で打席に立ち大会関係者から制止、注意

今回の件で、甲子園のファンが減らないことを祈ります。

最後に、白山高校は、「はくさん」という読み方が正しいです。

次のページはこちら

試合後、インタビューに答える白山・東監督
白山高校(三重県)野球部東拓司監督とメンバーの評判を調査!甲子園出場の原動力になった事件の内容とは!

Sponsored Links
Sponsored Links

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

2 Comments

Kenji Tsuge

高校野球100回目の節目に川本野球部長の晴れ晴れとしたバットを振る新聞写真を見て、川本教諭が野球少女であり、男に成りたかったほど野球を愛し、白山高校で念願叶い関係者として甲子園の土が踏めたというのに、素振りした位で何が悪い。こんな程度でくだらない批判をする者の心の狭さが伝わって来る。笑って済ましませんか。

返信する
野口 京

「男に成りたかったほど野球を愛している野球少女の川本野球部長が、白山高校で念願が叶い、関係者として甲子園の土が踏め、晴れ晴れとした顔でバットを振る」
高野連は、このほほえましいエピソードをなぜ肯定的に取り上げることができなかったのか、高野連の評価を上げる絶好のチャンスだったと思う。高野連は、高校野球100回目の節目の最高のエピソードの一つとして、新時代の高校野球の象徴として、取り上げるべきでだった。今からでも遅くない、川本野球部長に謝罪して取り上げるべきだ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください