【朝日生命判定】森末慎二が暴露した内容とは?宮嶋泰子が擁護する塚原千恵子の体操パワハラ問題の今後はどうなる?

金足農業 準決勝 誤審

朝日生命判定を森末慎二が暴露した内容が気になる!

朝日生命判定を森末慎二が暴露した内容とはなんでしょうか?

まずはニュースから。

Sponsored Links
Sponsored Links

朝日生命判定を森末慎二が暴露した内容とは?

森末慎二氏、27年前の女子体操ボイコット事件を告白…「全部上が朝日生命の選手になった」

2018年8月30日10時11分 スポーツ報知

体操の84年ロス五輪金銀銅の3つのメダルを獲得した森末慎二氏(61)が30日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)に生出演し、体操女子の世界選手権(10~11月、カタール)代表候補で、2016年リオ五輪代表の宮川紗江(18)からパワハラ告発を受けた体操協会の塚原千恵子強化本部長(71)が絡んだ1991年のボイコット事件に独自の見解を示した。

 事件は、1991年の全日本体操選手権で千恵子氏を中心とする審判団の採点法に不満が爆発し出場選手中91人中55人が大会をボイコットした。これによって当時強化部長だった千恵子氏が辞任した。

 27年前の事件について森末氏は当時、「マスコミの報道ではコーチが選手に演技をさせなかった。意味が分からないんですけど、させなかった。それで選手が泣いているということでマスコミはほとんどコーチ側が悪いということですごくバッシングを受けた」と振り返った。

 その上で「ただ、中身はこういうことだったんです」と前置きした上で「要するに体操は点が出ますよね。審判が点を付けますよね。その点を付ける審判を全部、自分側に付けてしまえば…。どんな素晴らしい演技をしてもその選手は、そこ以外の選手は点が出ない。で、だいたい決まる選手が全部上が朝日生命の選手になっちゃうと、やっててもしょうがないということで監督コーチ陣が思い切って、やってもしょうがないし、だったらボイコット」と独自の見解を示していた。

引用:森末慎二氏、27年前の女子体操ボイコット事件を告白…「全部上が朝日生命の選手になった」

Sponsored Links
Sponsored Links

塚原千恵子の体操パワハラ問題の今後はどうなる?

Sponsored Links
Sponsored Links

【最後に テレ朝の宮嶋泰子さんについて】

Sponsored Links
Sponsored Links

奈良判定の次は、朝日生命判定ですね、、、

最後に、こんな暑い日は、
家で映画を見るのもいいかもですね。

フジテレビでは、一か月無料で、
多くのドラマや映画を視聴することができます。

ちなみに、最近のオススメは、
ボーイズラブの「ポルノグラファー」です!


最近、「おっさんずラブ」が話題でしたが、
今は、こういった分野の作品が人気のようです。
(もちろん、ニッチな分野ですが)

それ以外でも、フジテレビでは、
面白いドラマや映画が数多くありますし、
何より、お試し期間があるのが魅力です!!

FOD(フジテレビオンデマンド)と言います!

以下から無料登録が可能です!!


☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
   ↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

   ↑ ↑ ↑   

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆「Amazonアカウント」ログイン後「Amazon Pay」支払いで初回1ヶ月無料☆

次のページです。

画像 ハート
ジャニー喜多川はメリー副社長の娘の藤島ジュリー景子を後継者に選ばない理由とは?

Sponsored Links
Sponsored Links

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

1 Comment

S&S

政治もそうだが、日本の終焉を感じているのは私だけでしょうか?知らぬ存ぜぬと嘘を突き通せば、通ってしまうモリかけ問題でも実績十分。この国はこうやって徐々に崩壊して行くのか。子供の将来に不安を感じませんか?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください