「本田圭佑朝鮮学校で伝えた志」インタビューニュースの感想とみんなのコメント!

本田圭佑 朝鮮学校

「本田圭佑朝鮮学校で伝えた志」ニュースがヤフートップページに!

「本田圭佑朝鮮学校で伝えた志」インタビューの内容が、
ヤフーのニュースに載りました!!

以下がその内容となります!!

インタビュアーのtweetですね!!

私の知り合いが大の本田圭佑ファンでして、
昔から、本田圭佑選手の考え方や気持ちの持ち方について、
絶賛しておりまして、

本田圭佑選手の考え方に触れるようにしておりましたが、
今回のニュースを読んで、
さらに考えさせられました。

そして、ツイッターでは多くのコメント&感想がありましたので、
今日は、それを載せたいと思います。

多くの人が共感をもち、
本田圭佑選手を見直したという意見が多かったですね。
(もちろん、違った意見もありましたが)

「本田圭佑朝鮮学校で伝えた志」
インタビューニュースの感想とみんなのコメント!

Sponsored Links
Sponsored Links

「本田圭佑朝鮮学校で伝えた志」インタビューニュースの感想とみんなのコメント!

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

「本田圭佑朝鮮学校で伝えた志」
インタビューニュースの感想とみんなのコメント!

本田圭佑の名言集 考え方

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

最後に

NHKのプロフェッショナルの名言(迷言?)

「ケイスケホンダ」がなつかしい、、、

あそこから、
ワールドカップで結果を出して、

今の本田圭佑選手のイメージは、
多くの人が変わったのではないのかと思います。

ビックマウスだと批判もありましたが、
本田圭佑選手の哲学があっての言葉で、
今となれば深みを感じる人もいるのではないでしょうか。

最後にこのニュースで終わります。

本田圭佑が説く55文字の“限界突破論” 「そこが深く理解できれば…誰だって努力が続く」
10/10(水) 20:51配信

本田がツイッターで“成長”について持論展開 「そのとおり」と広がる賛同
 今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)後、オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーに加入したMF本田圭佑は、カンボジア代表の実質的監督として指揮を執る一方、選手としてもリーグ開幕に向けて調整を続けている。そんな本田が自身の公式ツイッターを更新し、“限界突破論”を説いた。

 メキシコ1部パチューカを昨季限りで退団した本田は、ロシアW杯後の新天地としてオーストラリアを選択する一方、カンボジア代表のスタッフに入り指導者の道にも踏み出すなど、新たなチャレンジを選択している。前人未到の道を突き進むなか、本田は10日に更新したツイッターで“成長”について持論を綴っている。

「人は身体も脳も一定以上の負荷をかけないと成長しない」

 負荷をかけることで身体が強化されるように、脳も同様のプロセスを辿ると説いた。言い換えれば、これまで“限界”と認識していた一種の枠組みを破壊し、さらなる成長を求めるには、それ相応の負荷が必要不可欠になるということだ。そして、それを真に理解すれば努力は自然とできるという。

「そこが深く理解できるようになれば、誰だって努力が続くようになる」

 本田の持論に対して、返信欄では「楽して何も得られませんよね」「そのとおり」「限界を超えろってことか」など、賛同の声が広がっている。

引用:本田圭佑が説く55文字の“限界突破論” 「そこが深く理解できれば…誰だって努力が続く」

本田圭佑の本と関連グッズです!!

次のページです。

ケイスケホンダ 本
本田圭佑が日大アメフト部タックル問題にコメントで内容は?ケイスケホンダの意味とは?


【関連記事です】

本田圭佑が日大アメフト部タックル問題にコメントで内容は?
ケイスケホンダの意味とは?

ポリバレント性とは何?
オシム監督が使う意味とユーティリティプレーヤーとの違いをチェック!

☆ポリバレントとサッカーで使う時の意味とは?
中島翔哉の日本代表落選理由を調査!

ポリバレントとサッカーで使う時の意味とは?中島翔哉の日本代表落選理由を調査!

ネイマールの転がるgif動画まとめ!
転倒して転がりすぎでブラジルマリーシアに苦言も!

オードリーの春日と若林は日大出身で番組で
アメフト問題のコメントを出さない理由は圧力が原因?

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください