カミンスカス操[旧姓小山]顔画像やインタビュー動画を調査!地面師事件で逃亡中で犯人はどこに?

カミンスカス容疑者 顔画像

カミンスカス操[旧姓小山]地面師らが逃走中!

大手住宅メーカー「積水ハウス」が騙された事件。

都内の旅館跡地の所有者になりすました犯人らに、
積水ハウスが55億円をだまし取られましたが、

主犯格がカミンスカス操容疑者であります。

カミンスカス操の顔画像やインタビュー動画を調査の前に、、、

カミンスカス操の旧制が小山ですが、、、

Sponsored Links
Sponsored Links

そして、小山⇒カミンスカスに
ツッコミの声もあります!!

カミンスカス操[旧姓小山]顔画像やインタビュー動画を調査!

地面師で逃亡中で犯人はどこに?

Sponsored Links
Sponsored Links

カミンスカス操[旧姓小山]顔画像やインタビュー動画を調査!

カミンスカス操[旧姓小山]顔画像はこちら!

Sponsored Links
Sponsored Links

カミンスカス操[旧姓小山]インタビュー動画

「積水ハウス」から55億円詐取 “巧妙”地面師を直撃
10/16(火) 20:41配信

積水ハウスから55億円をだまし取った「地面師」たちの巧妙な手口とは。

事件の舞台となったのは、東京・品川区の西五反田にある、広さおよそ2,000平方メートルの老舗旅館の跡地。

JR山手線・五反田駅から徒歩3分ほどの好立地にある、都心に残された1等地。

大手住宅メーカー「積水ハウス」が2017年春、この土地を購入するため、地主を名乗る高齢の女と売買契約を結び、およそ63億円を支払ったが、結局、土地は取得できなかった。

そのわけは、「地面師暗躍」。

警視庁に16日、偽造有印私文書行使などの疑いで逮捕されたのは、羽毛田正美容疑者(63)ら男女8人。

羽毛田容疑者らは、所有者になりすまして土地を転売し、相手から金をだまし取る、いわゆる地面師グループとみられている。

積水ハウスは、なぜ地面師にだまされたのか。

手口は、こうだった。

羽毛田容疑者らは、本来の地主である70代女性の名義でパスポートを偽造。

それを証明書代わりに、品川区役所で印鑑登録をして地主になりすまし、積水ハウス側に土地の売却を持ちかけた。

さらに、羽毛田容疑者らは、積水ハウス側から、およそ7億5,000万円のマンションを購入する契約も結んでいた。

積水ハウス側は、巧妙に仕組まれた取引話を信じ込み、土地代金およそ63億円からマンションの代金およそ7億5,000万円を差し引いた、およそ55億円を支払ってしまった。

元所有者を知る不動産業者は、「わたしは何回も紹介したことがある。大手デベロッパーをね。あの人は、(土地を)売らないという話だった。もともと30年くらい前から、わたしは売らないから」と話した。

地面師による事件の背景には、何があるのか。

地面師を知る人は、「時期的にバタバタ土地を売ったり、オリンピックに向けて買い上げたり、焦っている業者さんが結構いる。その焦りで、ちょっとしたミス、見落としたりとかあって、そこを狙ってくる。(地面師は)もうかりますよ。詐欺師の中でも、一番最高級」と話した。

東京23区の地価公示の平均変動率を見ると、住宅地・商業地ともに上昇傾向にある。

東京オリンピックを控え、不動産需要が高まる中、今後も同様の事件が起こる可能性は十分にある。

今回の事件で、地主になりすましていた羽毛田容疑者は、東京・足立区で家族と暮らしていた。

羽毛田容疑者を知る人は「(羽振りがよかったりした?)そういうのも全然感じない」、「(事件があった)1年前から元気がないなと、ちょっとやせたかなという感じ」などと話した。

警視庁がリーダー格とみている、小山こと、カミンスカス操容疑者(58)は、以前、FNNの取材に「自分もだまされていた」と主張していた。

カミンスカス操容疑者は、2018年3月、「パスポートを見せられた時に、司法書士がホログラムをやったのね(調べた)、ちゃんと(ホログラムが)出たから大丈夫ですって。手付けをね、12億もうかっているから、偽物だったら逃げるでしょう」と話していた。

警視庁の調べに対し、羽毛田容疑者は、土地の所有者になりすましたことに間違いないと話し、ほかの7人は容疑を否認している。

引用:「積水ハウス」から55億円詐取 “巧妙”地面師を直撃

Sponsored Links
Sponsored Links

その他のニュース動画はこちら!!

Sponsored Links
Sponsored Links

地面師とは!!

「地面師」とは

「地面師」は、所有者になりすまして土地を無断で売却して金をだまし取るグループです。

グループの中には、土地の所有者になりすます役や、ターゲットとなる土地を探す役、買い手と交渉を行う役、偽造書類を作る役など、数人から10人余りで構成されます。

それぞれが自分の役割について専門的な知識を持っています。

今回の事件では、土地を所有する老舗旅館のおかみの高齢女性が、体調不良で入院している間に、「地面師」グループが所有者になりすます役を手配したとみられています。

ひと目で見破ることが困難な、精巧に偽造したパスポートなども準備し、あたかも所有者本人のように土地売買の交渉の場に臨んでいました。
今回の役割分担は
「地面師」のグループのメンバーらは、さまざまな役割を分担していたことが警視庁の捜査でわかってきました。

土地の所有者になりすましたのは、東京 足立区の職業不詳、羽毛田正美容疑者(63)です。調べに対し「なりすましたことは間違いない」と供述しているということです。

また、土地の所有者として羽毛田容疑者をリクルートしたのが東京 豊島区の74歳の女です。
警視庁は、土地の所有者の年格好に合わせて最も近い人物をさがしだす「手配師」とみて調べています。

また、現場の土地の売買を積水ハウスに持ちかけ、仲介したのが、東京 渋谷区の会社役員の46歳の男でした。

一方、事件を主導したとみられるのが、旧姓・小山、カミンスカス操容疑者(58)です。
先週、国外に逃亡し、警視庁が逮捕状を取り、行方を捜査しています。

引用:55億土地代金詐取事件 「地面師」グループ 女らを逮捕

地面師グループ「仕事終わったら解散」

事件を主導したと見られ、逮捕状が出ている60代の男は、去年9月、地面師ビジネスを知る人物として顔を撮影しないことを条件にNHKの取材に応じ、「まさにぬれ手にあわのビジネスだ」などと話していました。

その中で、ターゲットとして狙いを定める土地について「一番やりやすいのは、さら地で抵当権のついていない権利者が1人のもの。基本的に高齢者のもので、おじいさんやおばあさんが老人ホームに行き、空いている土地が多い」などと語りました。

さらに地面師グループの役割について「不動産を探すグループや、必要な書類を作るグループ、『私が地主です』と地主役を演じるグループなどがある。1つの仕事で集合して終わったら解散し、クモの巣を散らすように消えていく。分業化されているから、1つの水脈が捕まっても、もともとの水脈につながらない」などと説明していました。
交渉の手口とは
積水ハウスが土地を購入する前の去年3月、逮捕された地面師グループから土地の購入を持ちかけられた不動産業の男性に話を聞くことができました。

男性が撮影していた交渉の現場には、土地の所有者の女性になりすました羽毛田正美容疑者や、逮捕状が出ている旧姓・小山、カミンスカス操容疑者らが写っていました。

羽毛田容疑者は体調が悪いなどとしてほとんど話をしなかったといいます。

一方、カミンスカス容疑者は代理人を名乗り、所有者の女性が高齢になって体調も悪いため、長年守り続けてきた土地をついに売る決心をしたと説明。

すぐ契約すれば、本来100億円の価値がある土地を、6割ほどの価格で売却すると話しました。

なかなか出回らない大型物件を買うことができるめったにない機会だと強調したといいます。

男性が身元の確認を求めると、羽毛田容疑者はすぐにパスポートを提示。
名前も旅館のおかみと同じで不審な点はありませんでした。
印鑑登録証明書なども見せられましたが、男性がほかの書類も確認したいとカミンスカス容疑者に求めると断ったといいます。

不審に感じた男性はその場での契約は見送りました。
その後、積水ハウスが契約を交わしましたが、書類などが精巧に偽造されていて、うその取り引きだと判明したのです。

引用:55億土地代金詐取事件 「地面師」グループ 女らを逮捕

Sponsored Links
Sponsored Links

最後に 地面師で逃亡中で犯人はどこに?

先週、羽田空港からフィリピンに向けて逃亡し、
警視庁は逮捕状を取って行方を捜査しているとのことです!

報道ステーションでは、
地面師の主要メンバーが1人出頭ということですが、
詳しくは、これからのようですね。

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください