岡本春美[三井住友海上]プリンセス駅伝で棄権で動画と画像で解説!理由は体調不良が原因か?

画像 ハート

岡本春美[三井住友海上]プリンセス駅伝で棄権!理由は体調不良が原因か?

本日、10月21日はプリンセス駅伝がありました。
私は、高校時代は陸上部で長距離を走っておりましたが、
この駅伝へのプレッシャーと言うのはかなりあったのを覚えております。

みんなで練習をしてきて、
選手として選ばれて、レースに出れない人の気持ち、
そして、自分の走りがチーム全体に影響するし、
ましてや自分のところで途絶えたら、、、
なんて考えていたら、本当にプレッシャーでしたね。

基本的には、陸上は個人競技なので、
駅伝と言うチームプレーはさらに重圧があったと実感しております。

そのような中で、今回、駅伝で首位を走っておりました、
三井住友海上の岡本春美選手が棄権してしまいました。

今日まで厳しい練習を積んできたことですし、
みんなの気持ちが込められたタスキが途絶えることは、
非常に残念なところもありましたが、
その姿に感動した人も多くいたのではないでしょうか。

そして、一方で、もっと早めに棄権をするよう、
判断しなかった周囲の人への疑問符も投げかけられております。

最終的には、岡本選手自身が、
コースから外れて倒れました。

実際のところ、なかなか判断は難しいところですが、
スポーツとは何か?改めて考える機会にもなったかと思います。

前置きが長くなりましたが、
プリンセス駅伝のニュースから。

Sponsored Links
Sponsored Links

岡本春美[三井住友海上]プリンセス駅伝で棄権!1位はワコール


<プリンセス駅伝>ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
10/21(日) 14:41配信

 第38回全日本実業団対抗女子駅伝(11月25日、宮城県)の第4回予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(日本実業団陸上競技連合主催▽毎日新聞社、TBSテレビ、RKB毎日放送共催)は21日、福岡県宗像市の宗像ユリックスを発着点とする6区間42.195キロのコースで27チームが参加して開催され、ワコールが1位通過した。2位は京セラ、3位が九電工。14位・シスメックスまでが全日本の出場権を得た。三井住友海上はトップを走っていた3区・岡本が体調不良で途中棄権した。

 ◇15位までの順位は次の通り。

(1)ワコール

(2)京セラ

(3)九電工

(4)積水化学

(5)デンソー

(6)ユニバーサルエンターテインメント

(7)ルートインホテルズ

(8)肥後銀行

(9)エディオン

(10)スターツ

(11)ホクレン

(12)鹿児島銀行

(13)大塚製薬

(14)シスメックス

以上が全日本出場

(15)キヤノンAC九州

引用:<プリンセス駅伝>ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

岡本春美[三井住友海上]プリンセス駅伝で棄権で動画と画像で解説!

岡本春美[三井住友海上]プリンセス駅伝で棄権 動画

岡本春美[三井住友海上]プリンセス駅伝で棄権 画像

Sponsored Links
Sponsored Links

最後に 今回のプリンセス駅伝は波乱の展開!

Sponsored Links
Sponsored Links

私も、プリンセスと言えば、、、で想像してしまった。

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください