城間幹子の玉城デニー知事ら「オール沖縄」勢力!故翁長雄志氏の後継が那覇市長選で当選!

城間幹子氏が那覇市長選で当選!翁長政俊氏[自民公明維新希望推薦]に大差!

那覇市長選で城間幹子氏が当選されました!
翁長政俊氏[自民公明維新希望推薦]に大差で勝利したかたちとなります!

城間幹子氏は故翁長雄志氏の意志引継ぎ、、、

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

城間幹子氏について

プロフィール&経歴

Sponsored Links
Sponsored Links

那覇市長選のニュースについて

那覇市長選、城間幹子氏が再選 玉城知事らが推す
10/21(日) 22:24配信

 那覇市長選が21日投開票され、玉城デニー知事ら「オール沖縄」勢力が推す無所属現職の城間幹子氏(67)が、安倍政権の支援を受けた無所属新顔の前県議翁長政俊氏(69)を破り、再選を決めた。投票率は48・19%。

 9月30日の沖縄県知事選と同様に、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対するオール沖縄勢力と、移設を進める安倍政権が支援する自民系候補による対決構図で、自民系候補は、知事選と14日の豊見城(とみぐすく)市長選に続き3連敗。来春の統一地方選や4月にもある衆院沖縄3区補選に向け、安倍政権に痛手となった。

 防衛省が17日、県による辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回に対し、石井啓一国土交通相に効力停止を申し立てたことが、結果に影響を与えた可能性もある。

 故・翁長雄志氏の後継として2014年に初当選した城間氏は、玉城新県政との連携を強調。給付型奨学金の創設や子どもの貧困対策など1期目の実績を訴え、支持を広げた。

 元自民党県連会長で、菅義偉官房長官と太いパイプを持つ翁長氏は子育て支援や経済振興などを訴えたが、及ばなかった。

引用:那覇市長選、城間幹子氏が再選 玉城知事らが推す

城間幹子氏の選挙事務所から那覇市長選の当選の様子を中継で【動画】

Sponsored Links
Sponsored Links

城間幹子氏の選挙事務所から那覇市長選で当選の様子を中継で【動画】

城間幹子氏の選挙事務所から那覇市長選の当選の様子を
動画中継で御伝えしました。

みんなのコメントです!

Sponsored Links
Sponsored Links

みんなのコメント

Sponsored Links
Sponsored Links

最後に

今回の那覇選の結果で、
沖縄はどのように変わっていくのか。

これからも沖縄の動向は、
日本の政治にとっても重要ですね。

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください