江夏詩織はsuの浮気不倫相手で大塚愛への嫌がらせの内容は?子供7歳娘が可愛そうと炎上!北山詩織の復帰は絶望か!

江夏詩織はsuの浮気不倫相手で大塚愛への嫌がらせの内容は?

7歳娘が可愛そうと炎上!
江夏詩織(北山詩織)の復帰は絶望か!

今日は11月22日に「いい夫婦」なのに、
良い夫婦のめでたい日に非常に残念な話が、、、、

江夏詩織さんは炎上していても、
ツイッターもInstagramも公開中で真意が気になります!

江夏詩織はsuの浮気不倫相手で大塚愛への嫌がらせの内容は?
7歳娘が可愛そうと炎上!

Sponsored Links
Sponsored Links

江夏詩織はsuの浮気不倫相手で大塚愛への嫌がらせの内容は?

大塚愛が離婚 SUの不倫相手から「嫌がらせ」受けた
11/22(木) 6:05配信

 歌手の大塚愛(36)が21日、「RIP SLYME」のSU(45)と離婚したことを発表した。関係者によると、20日に成立した。

【写真】耐え難い毎日…大塚愛が離婚「子どもとの生活を守るために決断」

 2人は楽曲共作をきっかけに出会って2010年6月に結婚し、11年3月に長女(7)が誕生。SUは昨年4月、写真誌で22歳年下のモデルとの不倫が報じられていた。

 大塚は、離婚に至った心境を「幸せな毎日から、耐え難い毎日まで、とても一言では伝えられませんが、子どもとの生活を守るために決断したことです」と吐露した。離婚が成立した20日はSUの誕生日だった。

 今年7月に大塚が配信リリースした「あっかん べ」では「嫌がらせしてくるような あの子はいらない 人生にいらない 真夜中のインターホン お化けじゃあるまいし ある意味お化けだし 白のスカートって」など夫の不倫相手を思わせる歌詞をつづっていた。関係者によると不倫報道後、相手女性の「嫌がらせ」は、大塚が被害届を提出するほどエスカレート。子供にも危険が及ぶことを危惧し、昨年から別居生活を続けていたという。

 SUは不倫報道後、所属事務所から謹慎処分を受け、ツアーなどの出演もキャンセル。不倫の代償は公私にわたって大きく及んだ。グループは先月末で活動休止。今月3日に投稿したSNSでは「我が身を省みて恥入るばかりです 毎日を丁寧に失楽園ベイベーにならぬよう日々精進を重ねて参ります」と音楽活動への影響も含めて全ての責任は自身一人にあるとしていた。謹慎中は子育てや家事にも取り組んでいたというが、別居後、養育費を支払うことはなかったようだ。

 大塚は9月9日にデビュー15周年を迎えた。今後に向けて「これから、もらった優しさを娘や周りの友達、家族、スタッフ、ファンの皆様に返していくとともに変わらず良い楽曲をつくれるよう、励んでいきます」。来年は心機一転、元日にベストアルバム「愛 am BEST,too」を発売。4月から全国ツアーをスタートさせる。

 ◆大塚 愛(おおつか・あい)1982年9月9日、大阪府出身。36歳。15歳から作詞・作曲を開始。2003年「桃ノ花ビラ」でデビュー。04年「さくらんぼ」でレコード大賞最優秀新人賞など各新人賞を受賞。05年アルバム「LOVE COOK」がミリオンヒット。04~09年にNHK紅白歌合戦出場。血液型O。

 ◆SU(すう)本名・大槻一人(かずと)。1973年11月20日、神奈川県出身。45歳。98年「RIP SLYME」加入。MC担当。2001年3月「ステッパーズ・ディライト」でメジャーデビュー。02年アルバム「TOKYO CLASSIC」がミリオンヒット。グループは先月から活動休止。血液型O。

引用:大塚愛が離婚 SUの不倫相手から「嫌がらせ」受けた

Sponsored Links
Sponsored Links

みんなのコメント!7歳娘が可愛そうと炎上!
江夏詩織(北山詩織)の復帰は絶望か!

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

最後に

今日は11月22日に「いい夫婦」なのに、
良い夫婦のめでたい日に非常に残念な話が、、、、

一番、気の毒なのは子供。

7歳の娘がきちんと大人に成長するよう、
支えてあげてもらえたら、、、

江夏詩織さんってどんな人??

解説
復讐って罪ですか?/峯岸みなみ(AKB48)映画初主演!/新感覚の青春ミステリーサスペンスが誕生!!

『女子高』
同窓会で解き明かされる、7年前の真実!/深夜の廃校に同窓会で集まった高橋香月ら6人の同級生たち。卒業してから7年振りの再会に喜び、学生時代の思い出話しに花を咲かせる中、突然教室の電気が消え、一発の銃声が鳴り響く。再び電気がつくとそこには、一人の同級生が胸から血を流し倒れていた。パニックに陥る中、全員の携帯に「犯人は誰だ?」というメールが送られ、そのメールの差出人の名に同級生たちは愕然となる。香月達は、この事件が学生時代のある出来事と結びついている事に気付き、7年前の記憶を頼りに事件を解決しようとする。皆が最も輝いていた女子高時代を振り返ると、ある一人の転校生の出現により、彼女たちの関係に亀裂が生じ始めていたのだった…。果たして犯人は誰なのか?なぜ同窓会で事件が起きたのか?女子高時代の彼女たちの本音を知ることで、予想だにしなかった結末へと物語は進んでいく。

通常版/本編100分

スタッフ&キャスト
山本浩貴(監督)、山本浩貴(脚本)、山本浩貴(企画)、友安正和(エグゼクティブプロデューサー)、辻慶太郎(エグゼクティブプロデューサー)、長田安正(エグゼクティブプロデューサー)、紙谷零(エグゼクティブプロデューサー)、田中裕士(プロデューサー)、河野正人(プロデューサー)、佐伯寛之(プロデューサー)、和田有啓(プロデューサー)、吉沢和晃(撮影)、山口峰寛(照明)、光地拓郎(録音)、西山徹(録音)、森田博之(美術)、伊藤拓也(編集)、今村左悶(音楽)

峯岸みなみ、高田里穂、泉はる、中山絵梨奈、北山詩織、寒川綾奈、潮美華、武子直輝、大里莉楠、瑠衣夏、前田隆太朗、鮎川太陽、田中裕士、阿部亮平、冨手麻妙、風間トオル

引用:女子高《豪華版》 【DVD】

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください