ラブトゥーン解散理由は【なぜ?】干されて退所後は独立?キンプリとの関係も調査!

画像 ハート

【なぜ?】ラブトゥーン解散理由が話題に!

【なぜ?】ラブトゥーン解散理由が話題に!

干された?退所後は独立?キンプリとの関係も調査!

【なぜ?】ラブトゥーン解散理由が話題に!
干された?退所後は独立?キンプリとの関係も調査!

まずは、相次ぐジャニーズ事務所の退所ニュースから。

Sponsored Links
Sponsored Links

ジャニーズ事務所で相次ぐ解雇・退所・活動休止

ジャニーズ事務所で相次ぐ解雇・退所・活動休止、アイドルを続けるのはなぜ難しいのか
12/1(土) 19:00配信

SexyZoneの松島聡が、当面の芸能活動休止を発表した。パニック障害を理由にあげるが、10月にはKing & Princeの岩橋玄樹が同様の理由で活動休止したばかりだ。

 11月30日には、ジャニーズJr.内のユニット『Love-tune(ラブ・トゥーン)』の解散とメンバー7人の退所が発表され、ファンの間で動揺が広がっている。

 2018年は、元TOKIOの山口達也が強制わいせつによる芸能界引退をはじめ、タッキー&翼の解散と、滝沢秀明の芸能界引退、今井翼の事務所退所。

 そして関ジャニ∞の渋谷すばるのグループ脱退と退所、Hey! Say! JUMP岡本圭人の海外留学による活動休止と、多くのジャニーズタレントが新たな道へと歩き始めた一年だった。

オリジナルメンバーで頑張る6組
 現在活動するジャニーズのグループの中で、デビュー当時のメンバーのまま活動しいるのは、KinKi Kids、V6、嵐、Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズWESTの6組。デビュー10年を越え、オリジナルメンバーでの活動を続けているのは、KinKi Kids、V6、嵐の3組となる。

「ほかに、錦織一清さんが演出などの裏方仕事に注力し、表舞台に出ることが減り、実質グループとしての活動が何年も行われていませんが、少年隊もオリジナルメンバーのまま、解散も脱退もなく存続しています」

 と、ジャニーズ事情に詳しいテレビ誌記者は言う。

「デビューから10年以上、オリジナルメンバーのまま活動しているグループは、それぞれが、グループでの活動と並行しながらソロでも活躍し、充実していますよね。もちろん、ソロ仕事の量や質には差はありますが、いわゆる格差というほどではありません」(前出・テレビ誌記者)

 KinKi Kidsの堂本光一は『Endless SHOCK』などの舞台を中心にし、堂本剛は『ENDRECHERI』名義でソロアーティストとしての活動を何年にもわたり、コンビ活動と並行している。

「V6は、本人たちもよくネタにしていますが、デビュー当初こそカミセンとトニセンでの格差が相当エグかったです(笑)。

 でも、“兄組”であるトニセンの井ノ原快彦がNHK『あさイチ』で朝の顔を務めたり、坂本昌行はミュージカルなどの舞台、長野博はグルメ系で活躍し、それぞれの特性を活かした仕事が増えました。年齢を重ねるとともに充実し、V6の6人は対等のグループになったといえます」(前出・テレビ誌記者)

 嵐も同様に、5人それぞれがレギュラー番組やドラマ、映画などでソロとしての活躍が続く。前出の記者が続ける。

「TOKIOもソロ活動が充実し、不満をいだくメンバーもなく順風満帆だったんですけどね。山口達也が事件を起こしていなかったら、現在も5人で、ソロとグループ活動を充実して行っていたはずです」

まずはグループの人気を優先
 グループからの離脱のひとつのパターンが、山口達也のように、事件などにより本人の意思と関係なく、突然の脱退や退所となるケースだ。

 元NEWSの内博貴と草野博紀は未成年飲酒疑惑の後、グループを脱退した。Hey! Say! JUMPの森本龍太郎は未成年喫煙疑惑、KAT-TUNの田中聖は「度重なるルール違反行為」を理由にグループから脱退。

 それ以外のパターンは、留学や自身の新たな音楽活動や演技の可能性などを探るケースだ。

 渋谷すばるや岡本圭人、KAT-TUNの赤西仁と田口淳之介、病気の療養も重なるが今井翼も、ジャニーズ事務所退所後も新たな芸能活動の道を歩む意思を表明している。

 ある芸能ジャーナリストは言う。

「山下智久や錦戸亮がNEWSを脱退したのも、ここにあたりますね。現在は、CD売り上げも頭打ちで、ドラマの視聴率も全体的に低い。国民的な人気者となるには、なかなか難しい状況です。

 デビュー10年未満のグループは、仮に現在の活動への不満や他の活動への意欲があったとしても、まずはグループ全体の人気が上がることを優先させているのではないでしょうか」

 そんな中での、パニック障害という体調面での相次ぐ活動休止。前出の芸能ジャーナリストは言う。

「かつて堂本剛も過呼吸で一時休養したことがありますが、岩橋も松島も、自らの目標や夢を優先させたのではなく、ファンやメンバーに対して申し訳なく思う気持ちが伝わる形での活動休止でした。SNSでエゴサーチができるこの時代、アイドル活動の厳しさを感じます」

 活動休止を発表した岩橋と松島の再開時期は現時点で未定だが、彼らが帰るころに、他の離脱者が出ておらず、安心して戻れる状態であることを願う。

引用:ジャニーズ事務所で相次ぐ解雇・退所・活動休止、アイドルを続けるのはなぜ難しいのか

Sponsored Links
Sponsored Links

そして、今回文春ではこのような記事が出ております。

退所発表のジャニーズJr.「Love-tune」メンバーを悩ませた“契約書問題”
12/1(土) 23:00配信 文春オンライン

 11月30日、ファンクラブ会員向けサイト「ジャニーズジュニア情報局」で、ジャニーズJr.内の人気ユニット「Love-tune」のメンバー7人が事務所を退所することが発表されたが、その退所に関連して、メンバーと事務所が取り交わす契約書をめぐる齟齬があったことがわかった。12月1日(土)に放送されたインターネット生放送「直撃!週刊文春ライブ」で報じた。

 Love-tuneは2016年5月に結成され、安井謙太郎(27)、真田佑馬(26)、諸星翔希(24)、森田美勇人(23)、萩谷慧悟(22)、阿部顕嵐(21)、長妻怜央(20)ら7名で構成されるジャニーズJr.内の人気ユニット。2017年10月にはZeppDivercityで初の単独公演を、2018年3月には単独で横浜アリーナを満席にし、大成功を収めた。

 しかし、順調に見えたLove-tuneだったが、最近では露出がほとんどなく、ジャニーズJr.が活躍するテレビ番組「ザ少年倶楽部」(NHK)でも2018年5月11日以降、出演が途絶えていた。

 きっかけはSMAP騒動も一段落した、2018年1月10日。Jr.内ユニットSnow Man、Travis Japan、SixTONES、Love-tune、4グループのメンバーが招集されて行われた、事務所とジャニーズJr.が初めて契約書を取り交わすという説明会だった。

 説明会では「契約をしても、契約をしなくても、給料や今ある仕事に関しては何も変わらない」という説明がなされたという。それを受けLove-tuneメンバーだけが契約書のサインを保留し、持ち帰ったという。

 しかしその後、Love-tuneに対する待遇は一変。仕事が激減し、テレビや舞台への出演もほとんどなくなった。

 12月1日、取材班がリーダーの安井を直撃したところ、「事務所を通してください」などと話した。ジャニーズ事務所に事実確認を求めたが期日までに回答は得られなかった。

「 週刊文春デジタル 」では安井直撃取材の様子やメンバーの写真などを収めた関連動画を公開中。 オリジナル記事 でも詳報している。

引用:退所発表のジャニーズJr.「Love-tune」メンバーを悩ませた“契約書問題”

それでも、やはり情報が錯そうしている感じがしますね。

【なぜ?】ラブトゥーン解散理由が話題に!

干された?退所後は独立?キンプリとの関係も調査!

Sponsored Links
Sponsored Links

ラブトゥーンとキンプリの関係について

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

干された?退所後は独立?

Sponsored Links
Sponsored Links

【なぜ?】ラブトゥーン解散理由が話題に!

干された?退所後は独立?キンプリとの関係も調査!

Sponsored Links
Sponsored Links

【最後に】

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください