岸井成格は病気で体調不良?声が弱々しく帽子を被るのはガン治療が理由って本当?

画像 ハート

【岸井成格は病気で亡くなる】

どうもエイトです。

今日は真夏日並みの暑さでしたね。

近くの橋の温度が32度で驚きましたが、
どうやら7月並みの暑さのようです。

夜は少し涼しくなりましたが、
そろそろ、エアコンの出番でしょうか。

今日は岸井成格さんが病気で亡くなられたとのことです。

最初にがんと診断されたのは、2007年11月。

長い闘病生活でしたが、

本日5月15日午前3時35分、
肺腺がんのため東京都の自宅で死去されました。
73歳でした。

岸井さんの妻によりますと
「(夫の)体調は良くないが、カステラなら食べられる」と聞き、
14日に自宅に送ったばかりの出来事だったようです。

お悔やみ申し上げます。

なお、
葬儀・告別式は近親者で行い、
後日お別れの会を開く予定だということです。

その岸井成格さんについて書きたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

【岸井成格さんのプロフィール】

出身大学は、慶応義塾大学法学部を
卒業されたおります。

慶應義塾普通部から慶應義塾高等学校を経て大学へ。
慶応一本ですね!!

1967年4月、毎日新聞社入社。
その後、ワシントン支局、
政治部長、
論説委員長などを歴任しております。

また、コメンテーターとして有名。
TBS日曜朝の情報番組「サンデーモーニング」では
お馴染みの方であります。

「サンデーモーニング」にパネリストとしてレギュラー出演。
司会の関口宏との名コンビでお茶の間を賑わしておりました。

なお、2016年にはTBSと
「専属スペシャルコメンテーター」契約を結びますが、
2016年3月末で「ニュース23」を降板。

2014年には優れたテレビ作品などに贈られる
「橋田賞」を報道番組の解説者として受賞されております。

ニュースを分析し、掘り下げて伝えるアンカーを務め、
分かりやすい解説と歯に衣着せぬ発言で定評がありました。

なお、著書もいくつか書かれております。

<書いた本>
「議員の品格」「大転換 瓦解へのシナリオ」

主な共著に「政治家とカネ」「政変」

こちらが実際の本であります。

↑↑
電子書籍であります!!

政治関連のことで
いくつもの書籍があります!!

【病気と帽子との関係について】

帽子については以下の記事で書かれております。

岸井氏は2007年、「サンデーモーニング」で大腸がんを告白。治療のため同番組を一時降板していた。復帰後の昨年9月17日から番組を休み、10月8日放送の「サンデーモーニング」に生出演し、がんの治療のため入院していたことを告白。グレーの帽子をかぶり「がんの治療でずっと入院してたもんですから。放射線と抗がん剤で色々、副作用あって、ずっと出られなかったです」とコメントしていた。

引用:スポーツ報知

放射能と抗がん剤で、
闘病生活を送っていたための帽子でした。

【体調不良で声が弱々しかったという真相】

当時「声が弱々しい」と話題にもなっておりました。

【最後に】

岸井成格さんが亡くなり、
本当に多くの方からコメントがあります。

それだけ、影響力を与えた人だと感じました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

Sponsored Links
Sponsored Links

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください